【我慢は嫌】ストレスが発散できて、お金がかからない趣味4選(ストレスを溜めない生活の知恵)

 

 

みなさんストレスが健康によくないのは、ほとんどの方がわかっていることですよね。けれども、なかなか自分にあったストレス解消法が見つからないとゆう方多いかと思います。

そんな方に、手軽にお家でできるストレス解消法を紹介したいと思います。

 

「お金はないけど趣味を持ちたい」、「趣味にお金はかけたくない」などの願望がしばしば声として上がってくるかと思います。

余暇時間に趣味を満喫したい所ですが、まだまだ不景気な世の中です。出来ればお金がかからない趣味を日常的に楽しみたいですよね?

 

 

1.ダンス

最初に紹介するのは「ダンス」です。自宅でも手軽にできますし、良い運動になります。

近年ではインターネットの普及につれて、動画視聴サイトも同時に大きな進化をし、検索すれば手軽にダンスのレクチャー動画等を視聴することが可能な時代となりました。

ダンスと言えば「鏡の前で黙々と練習」や「ダンススクールに通うからお金がかかる」と思われがちですが、家に鏡がなくても今は自前のスマートホンで録画したりして自分の踊っている姿をチェックすることが出来る時代ですので、安く済ませる方法は無限大です。

また余談ですが、一昔前から流行っているニコニコ動画やYouTubeなどに、自分のダンスをしている姿を投稿して再生数を稼ぐ「踊ってみた」などのシリーズは今でも人気なカテゴリーです。

投稿して再生数が増えれば広告収入を得られたりするので、趣味でお金を稼ぐこともできるかもしれません。

 

 

2.図書館で読書

2つ目に紹介するのは、「図書館で読書」です。大体の地域毎に1つはある図書館はお金がかからない趣味としては意外な盲点です。

あたりまえですが市や区の資金で運営されているので、読書料金はタダです。もちろん場所代もかからず、夏は冷房で涼しく、冬は暖房で暖かいです。

近年の図書館はお洒落なカフェを併設する所もあるのでカフェめぐりが好きな人にもお勧めできます。

図書館に行けば読み切れない量の本がありますから、休日の余暇時間や仕事終わりに少し足を運んで読書してみるのも良いですし、本を借りる事も出来るのが図書館の良いところです。

仕事終わりに本を借りてから帰宅し、自宅でゆっくり読書にいそしめば、購入代金もかからないのでお金がかからない趣味にうってつけです。

また、大体の図書館の本の貸出期限が1~2週間程度なので、読書が苦手な人も、適度なペースで趣味として確立できるかと思います。地域の公的施設を上手く利用するのも、お金がかからない趣味を持つことの第一歩となるでしょう。

 

 

3.フリーマーケット

3つ目に紹介するのは「フリーマーケット」です。「ショッピング」のようなお金がかかる趣味をお持ちの方にもお勧めですし、もちろんショッピングが趣味でなくても「貰い物がたくさんあったりする人」など、自宅で眠っている価値ある物が多い人にもお勧めです。

フリーマーケットは売る場所や自治体毎にルールはありますが、それさえ守れば手軽に物を売ることができますので、人と関わることが好きな人やショップを開く事に興味がある人には特に楽しい趣味となるでしょう。

持続的に続けるには売るものがないと難しい趣味ではありますが、「友人の物を代行して売る」人もいたりするので、続け方は様々です。

許可等の申請はいる事もありますが、自宅の軒先でフリーマーケットを開く方もいます。

基本は広い所で賑やかに開催しているのがフリーマーケットですので、休日に太陽の下でのんびりと物を売るのも、お金がかからない趣味として良いと思います。

 

 

4.筋トレ

最後に紹介するのは「筋トレ」いわゆる筋肉トレーニングです。

筋トレの良い所は、器具がなくても「腕立て伏せ」や「腹筋」などのトレーニングは自分の身体1つで出来るため、お金がかからない趣味として非常に良いと思います。

健康維持はもちろんの事、筋トレには様々な効能がありますのでお勧めできますし、短時間で終了させることもできますので、忙しい人やちょっとの空き時間でもできる簡単な趣味として確立することが可能です。

「趣味は筋トレです。」と言っている方に出会ったことはないでしょうか?
その人を良く観察してみると肌が生き生きしていて、なんだか精神状態もその人の実年齢より若く感じることがあるでしょう。

近年の様々な研究では「筋トレ」は鬱状態を防ぐ効果や、脳内の幸福中枢を刺激する等の結果がでていますので、アンチエイジング効果や幸福作用も期待できる筋トレは、「他の趣味も快活にやりたい」と考えている方にもうってつけの趣味なのです。


4つほど紹介してみましたが、「お金がかからない趣味」は自分のアイデア次第で選択肢は多々あります。上記で紹介した趣味を参考にしてみて、自分の性に合った趣味を探してみるのも良いと思います。

趣味を持つことは人生の豊かさを増やす上でもとても大切な事なので、休日や余暇時間などに出来る趣味を持っていない方がいたら、まず「お金がかからない趣味」から始めてみてはいかかでしょうか?

 

現実的に考えて節約してもストレスを溜めない生活の知恵

お金の節約を考えますと、まず思い浮かぶのが、外食に掛かる費用を減らす事ですね。つまり食費を節約し、その分他の趣味等に回せるお金が発生しますし、上手く切り詰めていくことで、低収入であっても、経済的に余裕が生まれます。

 

その為には、スーパーで食材を購入し、外食で美味しい食事をしなくても、家で美味しい物が食べられるようにしないと外食をしないで節約をしてもストレスだけが残ります。

ほとんどの家庭の自炊をされる方はやっておられますが、中にはまだまだ、食べたいからコレを買い欲しいからあれを買う、まだお金の価値を完全に理解していないような方もおられます。

献立を考える段階で冷蔵庫の中身を確認して、4〜5品のおかずができるようであれば買い物にいく必要はありませんよね。そして、もし自分が今買い物に言っていたら一体いくらくらい使っただろうと考えてください。

おそらく3000円〜5000円は浮いたのが実感できるはずです。そうやって毎日いくら節約したとポシティブに捉えられるようになると逆に楽しくもなってきますよ♪

他に趣味の方に費やせる分、ストレスは溜まらないのかも知れませんが、上手い生き方としては、家で食べる食事も外食したのと同じくらい満足度を得られれば、一番いいかなと思いますが、実際に家で作る食事を食費を最小限に抑えた状態で成し得るのは、難しいかもしれません。

では、視点を変えてみてみますと、食事中の会話や環境等を良くして、食事その物を楽しく盛り上げるのでしたら、ストレスなく楽しく食事が出来、節約した分のデメリットは発生しないのかなとも思います。

上記の様に、食費の節約に関してのお話をしましたが、他には、光熱費・ガス・水道代を節約する部分についてお話します。

まず、光熱費に関しては、電化製品のワット数を意識して、電化製品を使用するといった部分です。頻繁に使用する、家の明かり(ライト)やテレビは、ワット数が低い為、電気代に大きく影響しませんが、夏のクーラーや冬の暖房等、エアコンを使用する場合や、炬燵の電気等、ワット数が大きいため、著しく電気代が跳ね上がります。

その点に注意を払い、エアコンを使用せずに、夏は、窓を開けて薄着になったり、冬は暖房を使用せずに厚木にしたりと、工夫する事で電気代が大きく節約出来ます。

ガス・水道代に関しては、多少の節約は出来ても、大きな成果は得られないと考えておりますので、割愛します。
次に、娯楽費や趣味に関しての節約方法としましては、よく音楽を聴くのですが、CDは余り購入しないで、レンタルのみにして節約していますので、CDに関しては効率的です。DVDやブルーレイに関してましてもレンタルの方がお勧めです。

CD・DVD・ブルーレイのジャケット等に拘りがあり、製品じゃないとって考えの方には、向かないかも知れませんが、中身だけ楽しめれば十分ていう方には、この方法で結構大きく節約出来ます。

その次に、車の運転が好きな方ですと、やはり燃費に着目しないといけませんよね?

燃費を減らす方法としましては、まず、車種をハイブリッドカーにする方法がありますが、車の好みは人それぞれですので、拘りがない方で運転が好きな方は、ハイブリッドカーで事足りるかも知れません。

後、燃費を減らす方法としましては、極力、車に荷物を積んだ状態で走らないって言うことも必要です。車の総重量が少なければ少ないほど、動力を少なく、結果、燃費を減らせますので、お勧めです。

更に、ガソリンの給油方法は、ガソリンも重量を持ちますから、効率的な部分も含めますと、燃料をギリギリまで使用し、給油する際、毎回燃料を半分まで入れて走る方法です。

そうすれば、ガソリンの重量に左右される事なく、燃料費の節約になります。補足として、エンジンオイルも定期的にしっかり変えておく事も節約に繋がります。

では、他に、例えば、外出が好きな方にお勧め出来る節約方法としましては、外出する分、家にはいない訳ですから、光熱費がその時点で節約出来ます。

しかし、外出は、普通に考えて車の移動が主だと思いますので、外出して、節約に繋げる工夫としましては、外出時、買い物をしない事です。

いくら、外出して光熱費を減らしても、買い物でお金を使ってしまっては、却って家にいた方がよくなりますので、趣味も含め、外出時、公園等で本を読んだりとそういった工夫が必要と考えます。

この点は、読書が好きでないと出来ませんが、他には、姑息かも知れませんが、夏場や冬場等、冷暖房の効いているお店で過ごす事により、家での冷暖房に掛かる費用を減らせます。

以上、思いつく限りではありますが、いくつか節約方法を述べましたので、御参考になればと思います。

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. このダイエット法はとに「笑う」ことで行うダイエット法です。 まだあまり知られていないダイエット法…
  2. 漢方薬では生薬として使われている生姜。 医療用漢方薬の百数十種類のうち、7割に生姜が入ってい…
  3. [toc]■ご飯 過度な食事制限などせず、ご飯を食べてダイエッ…
  4. <辛口チェック!>アナタの性格、女子力ある?■知って…
  5. LINEは爆発的に普及していますが、気になる異性に最初に送る時、あれこれと考え悩みます。もし気を悪く…
  6. 粉ミルクと言えば、赤ちゃんが飲むもの、ですよね? ところが最近、「大人向け」なるものが静かなブーム…
  7. 夜ご飯を食べると肥満に繋がりやすくダイエットには良くないと聞いたことがある人は相当多いでしょうね。 …
  8. にこるん(藤田ニコル)のように肌を白くさせていきたいと思っている人は少なくはない…
  9. 男女問わずダイエットをしている方は多くいます。ダイエットと言っても様々なダイエット方法があり…
  10. 職場で怒られてストレスがどんどん溜まっていく時の対処法「何やってるんだお前は!前にも言っただ…

注目の記事

  1. このダイエット法はとに「笑う」ことで行うダイエット法です。 まだあまり知られていないダイエット法…
  2. 漢方薬では生薬として使われている生姜。 医療用漢方薬の百数十種類のうち、7割に生姜が入ってい…
  3. [toc]■ご飯 過度な食事制限などせず、ご飯を食べてダイエッ…
ページ上部へ戻る