【ダイエット効果】ヘルシーなタニタ食堂が好きな女子!

ダイエット

 

体脂肪計シェアがナンバー1の株式会社タニタ。社会的な健康づくりに貢献するための活動もしています。タニタ食堂は体重計や体脂肪計のタニタが社員の健康維持や健康増進を目的としてつくった人気の社員食堂。

「知らない間に体重が減った」「すっきり痩せた」という女子も少なくありません。ここでは、タニタ食堂が好きな女子の心理をご紹介します。

 

〈⒈〉タニタ食堂の魅力とは?

20代の若い女子は基礎代謝が高いため、摂取エネルギーよりも消費エネルギーが上回ことがよくあります。「食べても太らない」「すぐにお腹が減る」といった傾向の人も。

しかし、30代になると「痩せにくくなった」「ウェイトコントロールが難しくなった」という人が多くなります。体内の代謝が低下することや運動不足になりやすいこと、中間管理職など仕事の忙しさやストレスが増えることが関係しているからです。

一方、タニタ食堂を利用するようになると実感する身体の変化があります。

 

〈1-⒈〉①体調が良くなるという心理

自己流や無理なダイエット、忙しくて乱れた栄養バランスの食事。このような食習慣が続くと生活習慣病に悩まされることが少なくありません。

健康診断で要注意の判定を見て初めて「意外だ」「落ち込む」といった心理になる女子も多いでしょう。一般に、男性と女性では体の気になることは異なります。

男性の気になるところは1位から順に肥満や高血圧、糖尿病ですが、女性の気になるところは肥満や便秘、貧血の順になっています。一方、タニタ食堂で提供される食事はその食事から得られる健康効果のテーマが決められています。

例えば「糖尿病を予防する」「便秘を解消する」「カルシウムを補給する」といった感じです。「食事を変えれば体が変わる」と言われることがありますが、タニタ食堂で食事をするようになってからは何かしらの体の変化を感じる人はよくいます。

例えば、「体重が減った」「コレステロール値が改善された」「体内年齢が若くなった」「風邪をひきにくくなった」といった心理になる女子が多いでしょう。

 

〈1-⒉〉②ヘルシー志向で薄味になるという心理

若い女子に多いのが濃い味を好む傾向です。外食やコンビニ弁当、スーパーの惣菜など塩分が多く含まれている食事が多いことも関係しています。食べる物は味覚に影響を与えるため、「以前は薄味だったのに気づかないうちに濃い味になってしまった」という人も少なくありません。

一方、タニタ食堂の食事はヘルシー志向のため、濃い味に慣れている人は最初「味が薄く感じる」という心理の人が多いのですが、徐々に慣れていきます。

だしをしっかりとっているため、しょうゆやソースなどの調味料をかけなくても美味しいからです。「塩辛い食事が苦手になった」「外食メニューが脂っこく感じるようになった」といった心理になる女子も多いでしょう。

また、タニタ食堂の食事は野菜がたっぷり使われていて、薄味でも味がしかりしています。いつもよりご飯の量が減って炭水化物の摂取量が低下します。

「外食が口に合わなくなった」「自宅でも薄味を実践するようになった」といった心理の人も多く、「体重維持が楽になった」「家族や友人から痩せたねと言われた」という女子もよくいます。

 

〈⒉〉タニタ食堂の人気が高い理由とは?

タニタ食堂の日替わり定食は平均500カロリーです。オープン当初はカロリーと塩分のみを重視したメニューだったため「病人食みたい」「まずい」と言う人が少なくありませんでした。

しかし、「満足度」を意識したメニューづくりに取り組んだ結果、「美味しい」「ランチが楽しみ」という人が多くなり人気上昇。特に、ダイエットに関心の高い20代後半の女性の利用が圧倒的に多くなりました。タニタ食堂の食事で満足感がアップした理由をご紹介します。

 

〈2-⒈〉①季節感を感じることができるという心理

特に若い女子に多いのが「野菜や果物の旬の季節が分からない」という心理です。以前よりもハウス栽培できる野菜や果物が増えていますし、輸入品も多くなって一年中いつでも買うことができるようになったからかもしれません。

冷凍食品の種類も多くなっていますね。基本的に、旬の食材はそうでない食材に比べて栄養が豊富でとても美味しくなっています。食事は毎日のことですから、その季節に収穫できるものを食べた方が体も健康になります。

タニタ食堂では旬の食材が頻繁に登場します。野菜や果物、魚などその季節を感じることができ、「旬の食材が分かるようになって勉強になった」「食材の本当の味が堪能できるようになった」という心理になる人も少なくありません。

また、香味野菜や刺身など苦手に感じていたものが「平気になった」「好きになった」「美味しいと感じるようになった」といった心理なり、克服できた女子もよくいます。

 

〈2-⒉〉②腹八分目でやめれるようになるという心理

手軽に食べることができるファーストフードやインスタント食品。

例えばハンバーガーやポテト、ラーメンやカレーなど、忙しい時はとりあえずお腹を満たすのに利用する人も少なくありません。慌ただしいとつい早食いになるという女子も多いでしょう。

脳が「もう満腹」と感じるのは食べ始めてから約20分と言われていますので、早食いは食べ過ぎてしまう傾向になります。一方、タニタ食堂は腹八分目で満足できる食事が提供されます。香味野菜を上手に使ったおかずが多いですし、シャキシャキ感やコリコリ感など食感を大切にした調理も関係しています。

和洋中だけでなくエスニック料理、肉料理や丼物も加えたり、カラフル野菜や果物など彩りを加えて、見た目にも食欲をそそるようにするなど満足感がアップ。「栄養バランスが良い」というだけでなく、「満足度も高い」という心理の女子も多くいます。

「おかずの量が多いから、ご飯を大盛りにしなくても良くなった」「最初は少ないと感じたけど、食べ続けるうちに腹八分目を実感できるようになった」といった心理の女子も少なくありません。

 

【まとめ】

食べ過ぎる女子に多いのがカロリーの摂り過ぎによる肥満です。普段食べている物の1日のカロリーを足してみると、適正量以上だったという人も少なくありません。

無理なダイエットは体を壊してしまう原因になります。体重をはかるだけでなく「健康をはかる」ことを意識してダイエットを行いましょう。

エス

68,719 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。