ライザップでやっているトレーニングメニューとは?

ダイエット

 

女性は、いつの時代もダイエットに敏感です。それは、「一年中衰えを知らないトレンド」と言っても過言ではないでしょう。だけど、自力でダイエットに成功できない女性も多いと思います。そんな女性から注目を浴びているのが「ライザップ」です。

 

印象的なCMで人気上昇のライザップ

素人さんから芸能人まで、多くの人物のビフォーアフターを取り上げている「ライザップ」。その注目度は、2018年現在も衰えることを知りません。

一体、どのようなトレーニングをしていれば、あのようなビフォーアフターになるのか?興味津々な女性も多いと思うので、リサーチしてみました。

 

ライザップは完全マンツーマン指導

普通のスポーツジムは、トレーナーと一対一になるプランもあれば、ジムにある道具を自由に使って良いプランなど、いくつかの方針に分かれています。

しかし、ライザップは「完全なマンツーマン指導」です。専属のトレーナーが、お客さんのデータに見合ったトレーニングプランを組み立てて、完全管理します。

 

主な筋トレは「無酸素運動」

ダイエットは、食事制限だけではなく、運動もしなければいけません。それは、ライザップでも例外ではありません。

普通の発想だと、ランニングやジョギングスイミングと言った、有酸素運動をイメージしがちですが、ライザップでは「無酸素運動」をメインに行います。つまり、瞬発的に力を入れる、シンプルな筋トレです。

 

・使う道具はダンベルとバーベルだけ

ライザップで使う道具は、ダンベルとバーベルの二つだけです。普通のスポーツジムは、もっといろんな機材がありますから、これは意外な概要ですよね。だから、ライザップに足を運ぶと、想像以上の狭いスペースに、びっくりする女性が多いようです。この二つの道具を使って、足、お腹、お尻、背中、胸、肩、腕、etcを、効率よく鍛えるのです。

 

具体的なトレーニング内容は?

先ほど、「ライザップでは無酸素運動をする」という旨を説明しましたが、具体的にはどんなトレーニングをするのでしょうか?

 

・限界を超える筋トレ

ライザップは、少ない回数で「いかに筋肉の限界を超えるか?」というトレーニングを意識しています。回数は個人差がありますが、大体6回~10回程度の反復です。

筋トレって、もっと回数をこなす印象があるので、これは意外ですよね?このような少ない回数で限界を迎えられるように、ダンベルやバーベルの重さを、限界ギリギリに調整していきます。

 

・スタッフが支えてくれるから怪我の心配はなし

体力ギリギリの重さでトレーニングするとなれば、持ち上げきれなくて怪我をする可能性が出てきます。だから、ダンベルやバーベルは、スタッフが手を添えてサポートしてくれるんです。そうすることで、お客さんが怪我をしないで限界を超えれるように、手伝ってくれます。

 

・トレーニング時間は約60分

このようなシンプルな筋トレを、インターバルを置いて、何セットかこなしていきます。1回あたりのトレーニング時間は、約60分です。このぐらいの時間なら、仕事終わりでも通えますから、忙しい女性でも助かりますね。

 

トレーニングは一週間に2回

このようなライザップのトレーニングは、一週間に2回が基本です。つまり、一週間のトレーニング時間は、約2時間になります。

「たったこれだけでいいの?」と思うかもしれませんが、筋肉を効率よくつけるためには、「修復期間」を設けてあげなければならないので、これぐらいで良いのです。

ちなみに、トレーニングは、1日目は上半身、2日目は下半身、という感じに分かれています。また、自宅でのトレーニングは必要ありません。

 

食事管理

ライザップは、食事管理にも手を抜いていません。お客さん一人一人に合わせた食事メニューを、トレーナーが考えてくれます。

 

・基本は糖質カット

基本的には、糖質をカットした食事になります。ライザップでは、「食べていい食べ物」&「食べてはいけない食べ物」のリストを配っているので、食事に無頓着な人でも、糖質カットの判断は難しくないはずです。

 

・食事内容はトレーナーに送る

毎日食べた食事内容は、トレーナーに写真で送るルールになっています。だから、ジムに通っていない期間も、トレーナーとのマンツーマンは途切れません。くれぐれも、ルール外の食べ物を勝手に食べないようにしましょう。お客さんとトレーナーの努力が、水の泡になってしまいます。

 

【まとめ】

今回は、ライザップで取り組んでいるダイエットメニューに焦点を当ててみましたが、いかがでしたでしょうか?

もっと大掛かりなトレーニングをしていると思っていた人もいると思いますが、意外とこじんまりしていてびっくりしましたよね。

「2018年は本気で肉体改造したい!」と思っている女性は、今のうちからライザップを検討してみてはいかがでしょうか?今のうちから取り組んでおけば、2018年の夏には、かっこよく水着を着こなして、海やビーチに繰り出せるかもしれませんよ。

エス

78,249 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。