ダイエットに適した痩せるホルモンの増加方法とは

痩せるホルモンであるGLP-1ですが、具体的にはどのような食材を摂取すれば、

体内に増加させることができるのでしょうか。

まず、乳酸菌を増やすことが挙げられます。腸内環境さえ改善されればGLP-1は増加していきます。

これを踏まえれば、腸内に存在する乳酸菌の数を増加させることが

GLP-1の増加のために有用な方法といわざるを得ませんね。





乳酸菌の増加のためには、乳酸菌自体を摂取することも有用なのですが、

乳酸菌の食物となる食物繊維やオリゴ糖を摂取していくことも不可欠です。

乳酸菌を得ようと思えば、ヨーグルトやキムチ、

それに漬物などといった発酵食品を食べることです。

 

他方、オリゴ糖を得ようと思えば、玉ねぎやネギ、

それにキャベツやゴボウ、アスパラガスなどといった食材を食べるとよいでしょう。

このうち、キャベツやゴボウには、食物繊維とオリゴ糖の両方が含まれています。

 

これらの食材を食べることによって痩せるホルモンを増加させ、

痩せる体づくりを目指し、ダイエットを成功させましょう。

そして、EPAを含む食材を摂取することです。

EPAを正式に記載すると、エイコサペンタエン酸となりますが、

これを多量に摂取することによってGLP-1が分泌されるようです。

 

EPAは青魚に多く含まれており、鯖やイワシ、それにアジやサンマなどが青魚に該当します。

このうち鯖には特に多く含まれているために、ダイエットに適した食材といえるでしょう。

青魚でも特に刺し身の状態で食べることによって、さらにEPAを獲得しやすくなります。

サプリメントを用いる

EPAを摂取するには青魚が適しているのですが、青魚が嫌いな人もいるのではないでしょうか。

そのような人でも諦める必要性は全くありません。

 

EPAは何も青魚を食べなくても、サプリメントで摂取することも可能だからです。

サプリメントであれば、調理の手間すら要らず単に用法用量に従って飲むだけで済むのです。

EPAを摂ろうとする人のなかには、

鯖の缶詰でまかなおうとする人もいるようですが、それでは飽きてしまいますよね。

 

その際には、EPAのサプリメントを代替してもいいかも知れません。

サプリメントであれば、とても気軽かつ簡単に取り組めます。

サプリメントの場合、EPAのみならず、乳酸菌やオリゴ糖、それに食物繊維だって補えちゃいますよ。

 

アルコールや甘い物を摂らない

アルコールや甘いものを多量に摂取すれば、

腸内に存在するカンジダ菌と呼ばれる菌が大量に

増殖してしまうため慢性的な便秘や下痢を起こしやすくなり、

腸炎になる恐れすらあるというのです。

 

そのような状況では、GLP-1の増加どころではありませんよね?

痩せるホルモンの分泌が減少してしまえば、肥満になりやすくなってしまいます。

 

腸内環境を整えていくには、アルコールや甘いものを制限していき、

上記で述べたように無理な食事制限を避けることも有用です。

これが肥満の予防や解消に繋がってくるわけで、ダイエットを阻害しかねないのです。



もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る