ダイエットでの極端な食事制限は禁物

■ダイエットで食事制限をするとどのような弊害があるのか

ダイエットで無理な食事制限をしている人は少なくないでしょうが、

その際に体重が減少するのは当然ですが、それに留まらず、内臓や体の調子も悪くなりがちです。

そのために、カロリーの消費もままならない、脂肪も燃焼しづらい、代謝がままならない体が作られていきます。

食事制限などに依存せず、食べるべき食べ物を食べて、

脂肪燃焼が促されるような体づくりを目標にしていくことが重要です。

 

さすがに、無制限に食べろとか、いくら食べてもいいとまではいいませんが

適切な食事をすることこそ重要です。

ダイエットで最も効果的かつ根本的な方法とされていることが、食事の改善にあります。

 

しかし、度の過ぎた食事制限で無理がたたれば、

とてもではありませんが健康的なダイエットとはいい得ません。

食事について正しい知識を持って実践していれば、

無理な食事制限をすることなくダイエットが可能となってくるようです。

 

「太るから食べない」「食事しなければ当然に痩せる」

と考えている人がほとんどでしょうが、

近時の女性は、栄養不足がたたって肥満になっているという新常識が明らかとなっているのです。


■ダイエットが失敗する原因とは

読者のなかには、今までに多くのダイエットを実践してきた人もいることかと思います。

流行のダイエットには様々なものが存在しますよね。

ファスティングと呼ばれるものや単品ダイエット、置き換えダイエットなどというように。

 

しかし、これらのダイエット法を実践していった結果、

すぐにリタイヤしてしまったという人は多いようですね。

流行のダイエット法のなかには、「◯日で◯kg痩せる!」などといった

謳い文句を掲げているものも存在します。

このような方法は、所詮は極端な食事制限である場合が多いために、

いくら実践したとろこで今までの食事に戻せば途端にリバウンドする可能性が高いでしょう。

 

したがって、ダイエットを成功させたいのであれば、なぜ肥満になっているのか、その原因を探ることが不可欠です。

痩せるために朝食を摂らない人は、今でも多いようです。

食事を摂らないことでダイエットになっているように見えるかも知れませんが、

ダイエットをするために朝食を摂らないことはやめておきましょう。

 

なぜなら、朝食を摂らなければ、体温上昇までに時間を要し、

代謝の低いままで長時間過ごすことになります。代謝が低い状態であれば、

カロリーが消費されないために、ダイエットには明らかに不向きですよね。



もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る