リハビリトレーナーに聞いた:知らないと損!簡単キャラメルダイエット

どうも!美容と健康のリハビリトレーナーです。

私は、リハビリの仕事のかたわらで、女性の職員さんたちにダイエット指導をしています。
ダイエット方法には、いろいろありますね。

有酸素運動、筋トレダイエット、ピラティス、糖質制限ダイエットなど、有名なものもあります。
でも、ニッチな方法でも十分効果を上げることは可能ですよ。
今回は、キャラメルダイエットをご紹介しましょう。

 

■キャラメルダイエットとは?

キャラメルダイエットとは、要するに小腹が空いたときにキャラメルを一個だけ口に入れるダイエットで方法です。
何それ?という声が聞こえてきそうですね。

確かにピンときませんね。

理論的には、糖質を減らすのではなく、糖質を効果的に摂取することで1日の換算では総カロリーを抑えるというものです。
なぜ、キャラメル?とお思いでしょうね。
その理由を説明しましょう。

 

■糖質の正体とは?

糖質制限ダイエットでは、糖質はなんとなく悪者にされています。
確かに、摂取エネルギーの大半は糖質から摂取します。

よって、糖質を制限すれば痩せられるのではという考え方ですね。

しかし、これには、問題もあります。
糖質を著しく制限することは、結果的にエネルギー欠乏となる可能性があります。

エネルギー欠乏になると、まずの脳が栄養不足となります。
ご存知の通り、脳の栄養分は糖質のみです。
それも、グルコース(ぶどう糖)という、単糖類に限ります。

これが不足すると、頭の回転が悪くなるだけでなく、眠かったり、だるかったりといろいろな症状が出ます。
また、脳自体が痩せてしまうと、将来的に認知症になりやすいなどの心配もありそうです。

では、我々が糖質と呼んでいるものの正体は何でしょうか?
主にご飯やパン類から摂取する糖質は、一般的には炭水化物と呼ばれています。

炭水化物とは、糖質と食物線維を合わせたものです。

ご飯などの糖質とは、多糖類が合成したでんぷんというものです。
ご飯だけでなく、パンもうどんも、ラーメンなども基本的にはでんぷんです。

このでんぷんの状態では、口に入れた時に甘くありませんね。
それなのに、なぜ糖質だなんて呼ぶのでしょうか?

不思議に思ったことはありませんか?

でんぷん状態の多糖類は、消化の過程で分解されて、最終的にはグルコースの状態になります。
これが、血液と一緒に循環して身体や脳のエネルギー源となるのです。

だから、でんぷん状態の多糖類は消化されるまでは血糖値を上げることもありません。

血糖値が上がると満腹感を得られるのですが、ご飯などではそれまでに時間がかかるのでついつい食べ過ぎてしますのですね。
食べ過ぎた分の糖質は、今度は脂質に合成されますので、体脂肪になるということです。

一方で、飴やキャラメル、砂糖などは口に入れた瞬間に甘いです。
まさに、糖質という感じです。
甘いものは、直ちに吸収されて血糖値を上げます。
よって、脳に素早く供給されるのです。

頭が疲れた時は、甘いものを食べると回復しますよね。
舌で甘く感じる糖質は、単糖類のグルコースなのです。
舌にある味蕾という味覚センサーの形とグルコースの分子形状が合致するのですね。
だから、甘く感じるのです。

試しに、ご飯などの多糖類も長く噛み続けてください。
唾液中のアミラーゼにより分解されて単糖類になりますので、段々甘くなりますよね。

 

■キャラメルダイエットの方法

では、甘いものをどのように摂取すればダイエットに良いのでしょうか?

もちろん、ご飯の代わりに甘い物ばかり食べることはできません。
これは、少し小腹が空いた時に、少量を口にするのです。

甘い物の成分であるグルコースが、素早く血糖値を上げますので、一時的に空腹を和らげます。
ついつい、ご飯を食べすぎる人は、ご飯の前にキャラメルを一個食べるのです。

ご飯一杯は、大体250kcalですので、二杯で500kcalです。
おかわりすると確かにカロリーオーバーかもしれません。

実際には、これが時間をかけて血糖値を上げますので、その感についつい食べすぎるのですね。
キャラメル一個は、ほんの20kcalです。
これで空腹が一時的に緩和されます。

その状態で、ご飯をたべるとどうでしょうか?
普段は、二杯食べたいところを、一杯で済むのです。

 

■キャラメルダイエットと運動ダイエット

キャラメルダイエットと他のダイエットを組み合わせる応用編も効果的です。
私の場合は、運動と組み合わせます。

ダイエット運動の基本と言えば、ウォーキングなどの有酸素運動ですね。
これは、少し長い時間行うと効果的で、脂肪燃焼効率が高い運動なのです。

ただ、運動前にお腹が空いていると逆効果になる可能性があります。
空腹時の運動は、脂肪だけではなく筋肉までも分解してしまうからです。
脂肪や筋肉を分解してグルコースを作り出すことを糖新生と呼びます。

筋肉の量が減ると、基礎代謝率が下がりますので、ダイエットにはマイナス効果なのです。
これを避けるために、空腹時にキャラメルを一個口に含んで運動するのです。

血糖値を上げながらも脂肪は有酸素運動により分解されやすくなるというウルトラCです。
結果的に、運動も楽しく長い時間行うことが可能になります。

 

■ちょっと疲れた時やお腹が空いた時

キャラメルは、仕事中や勉強中でも素早く糖質を摂取することが可能です。

私の場合は、午前11時ごろに空腹を感じることがありますので、食べます。
そうすると、仕事効率も上がりますし、昼食を食べすぎる心配も無くなるのです。

いかがでしょうか?

キャラメルダイエットを一度試してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら 下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. みなさん、リップにこだわりはありますか? リップにはたくさんの種類があります。 色みやどの程度の…
  2. [toc]引用元: https://prtimes.jp/main/html/rd/p…
  3. クローゼットを開けると、なんか映えない地味色のトップスばっかり。そんなお悩みを持っている方はいらっし…
  4. [toc]■ナチュラル系インテリア ・木目調のデスクやチェアは見る人のこころを…
  5. サムネイルはGoogle画像検索から引用[toc]1.ストアカで自分…
  6. [toc]2018年冬季オリンピック・ピョンチャン大会まで、あと3ヶ月あまり…
  7. [toc]■クラフトビール人気で変り種のビールが人気に ・本格志向の女性が増え…
  8. [toc]■体重が減らないダイエットも増えている ・体を絞り込むことが重要に …
  9. [toc]■仮想通貨女子が急増している ・仮想通貨の情報を発信する女性が増…
  10. 京都、奈良といえば、小学校の修学旅行の定番ですよね。小学生だけでなく、何回も京都にハ…

注目の記事

ページ上部へ戻る