恋せよ乙女♡可愛くない自分を可愛く見せる3つの方法

「可愛くなりたい」女の子なら、誰もが思う気持ちです。

恋愛をすると<ときめきホルモン>というホルモンが分泌され、肌や髪の毛のツヤがでて、女性らしい体型にもしてくれます。恋愛は一番の美容液なのかもしれませんね。

そこでまず可愛くなりたかったら、恋をしましょう。それは異性だけとは限りません。芸能人でも、好きな小物類でもOKです。そして、たくさんの自分磨きをして「可愛い女子」を目指してみましょう。

では具体的にどうすれば可愛くなれるのでしょう。その方法をご紹介します。




 

■可愛くなる3つの方法 その①外見から可愛くなる方法

まずは外見から可愛くなる方法をご紹介します。どんな方法があるのでしょう。

1.痩せると可愛くなる

2.可愛いものに囲まれる

3.女の子らしいお洒落をする

4.髪型を変える

5.ネイルでときめこう

6.マッサージをする

7.ムダ毛は厳禁

8.肌を磨く

9.髪の毛をサラサラにする

10.プルプル唇にしよう

外見から可愛くなるには、毎日の積み重ねが大事です。可愛いは一日ではなれません。毎日コツコツ自分磨きをしていきましょう。

 

▼痩せると可愛くなる

ぽっちゃりしていると「あの子可愛い」といわれるのは確かです。昔の男性はぽっちゃり体型が好みでしたが、現代の男性はスタイル重視の人が増加しています。痩せすぎは魅力がありませんが、引き締まったメリハリのある体型は無駄がなく可愛くみえてきます。

▼可愛い物に囲まれる

自分がトキメク可愛い物ってありますか?あれば、自分の周りに置いておきましょう。可愛い物を見ているだけで、ハッピーな気持ちになってときめきホルモンが分泌されます。

幸せだなあ~と思う気持ちって実は可愛くなるための魔法の薬です。

▼女の子らしいお洒落をする

女の子らしいお洒落は、やはりスカートです。中でもワンピースは「可愛い」の鉄板の洋服です。ワンピースに似合う、靴やアクセサリーを身に着けることで、身だしなみも女らしくなり「可愛いらしさ」を演出できます。

▼髪型を変える

髪型を変えるだけで、印象がガラっと変わります。ロングの髪をアップしたり結ったりと、自分に似合う髪型を可愛い女子は探しています。最近は髪型を作るとき、YouTubeを参考にしている人は多いです。

ぜひ、YouTubeを参考にしてみてください。

▼ネイルでときめこう

男性には理解できないことですが、女性はネイルをすると女子力があがります。女子力が上がると、自分を常に意識して背筋を伸ばして、自分磨きに力が入ります。

ネイルでトキメク女子はとっても可愛いです。

▼マッサージをする

マッサージと「可愛い」って結びつかない。そう思っている方は多いのではないでしょうか。実は、マッサージといってもリンパを流す「リンパマッサージ」のことです。リンパマッサージは、フェイスラインやボディーラインをすっきりさせてくれるだけでなく、セルライト予防や痩せ体質にもしてくれ美容効果がたくさんあります。

▼ムダ毛は厳禁

足や腕に剃り残しのムダ毛。男性が女性のムダ毛をみると引いてしまうといいます。

ムダ毛はきちんと処理をしておきましょう。

▼肌を磨く

男性はプルプル、すべすべの肌を見ると触りたくなります。可愛くなるためには、適度なセックスアピールも大事です。ガサガサの肌は見た目も感じよくありません。肌を磨いて可愛い女子を目指しましょう。

▼髪の毛をサラサラにする

髪の毛がサラサラだと、肌と同じように触りたくなります。また、香りは男性を興奮させ惚れさせる力があります。彼好みのシャンプーの香りで、可愛く演出してみましょう。

▼プルプル唇にしよう

以前流行ったプルプル唇。あまりにプルプルしていると、油を塗っているといった男性もいました。ここでいうプルプル唇は、グロスを塗った唇ではなく、きちんと手入れされている唇のことをいいます。唇がガサガサだと私生活がだらしないと思われる可能性もあります。触って弾力のある潤いのある唇にしておきましょう。

 

■可愛くなる3つの方法 その②内面から可愛くなる方法

次に、内面から可愛くなる方法をご紹介しましょう。

1.恋をすると可愛くなる

2.いつも笑顔を忘れないこと

3.可愛い笑顔は口角をあげること

4.可愛くなった自分を想像する

5.言葉遣いに注意する

6.常にポジティブ思考でいること

7.時々天然さんになる

8.清潔感がある女性になる

可愛くなる方法は、外見だけではなれません。内面を磨くことで初めて「可愛い人」が確立されます。

▼恋をすると可愛くなる

前述したように、好きな人ができると「ときめきホルモン」が活発になります。ときめきホルモンとは女性ホルモンのことで、どんな美容液よりも女性を奇麗にしてくれます。たくさん恋をして、可愛い女子に変身しましょう。

▼いつも笑顔を忘れないこと

笑顔は周りの人も自分も幸せにしてくれます。

どんなに辛いことがあっても笑っていると、脳が錯覚して辛さを軽減してくれるのだそうです。

笑顔の女性は「可愛い」の代名詞でもあります。

▼可愛い笑顔は口角をあげること

大きな口を開けて笑うのは、「可愛い」から随分と遠くなってしまいます。

口角をあげて、手を口にもっていくと可愛く笑うことができます。

▼可愛くなった自分を想像する

可愛くなる方法は、自分に暗示をかけることです。

「私は可愛い」「私は、誰からも好かれている」そう暗示をかけることで、考え方が前向きになり、笑顔が出てきます。

▼言葉遣いに注意する

男言葉をつかって話していると、「あの子苦手」となってしまいます。日頃から、言葉遣いに気をつけて話すようにしましょう。

また、少しだけ声のトーンを上げてゆっくり話すことも大切です。

▼常にポジティブ思考でいること

可愛い人は、常にポジティブで周りの人を明るくさせてくれます。話題が豊富で、一緒にいて楽しくなります。

▼時々天然さんになる

いつも天然さんだと「ちょっと、大丈夫?」と心配されますが、時々天然になることは大事です。適度な抜け感は、相手にも緊張感を与えないので好かれます。

▼清潔感がある女性になる

清潔感がある女性は、精神的にも余裕があり私生活も乱れていない好印象を与えます。可愛い女性は、清潔感を忘れません。

 

■可愛くなる3つの方法 その③メイクで可愛くなる方法

可愛くなるにはメイクも大事です。メイクで女性の顔の印象は随分違ってきます。メイクで可愛くするにはどうすればいいのでしょう。

1.メイクの腕を磨いておこう

▼メイクの腕を磨く

素顔と化粧をしているときの顔があまりにも変わりすぎるのはよくありません。自分に似合うナチュラルなお化粧を目指してみましょう。そのためには、化粧の腕を磨く必要があります。

▼可愛いメイクの3つのポイント

1.眉毛は短くアーチ状に書く

2.チークは高めに入れる

3.たれ目メイクが可愛さをます

ちょっとポイントを掴んでおくだけで、可愛いメイクが出来上がります。

男性はゴテゴテしたメイクよりもナチュラルメイクが大好きです。

 

■まとめ

可愛い人は、影であらゆる努力を惜しみません。ただ外見が可愛いだけでは、本当の可愛い人とは言えませんね。内面と外見が揃って初めて「あの子可愛いな」と男性も思ってくれます。誰のために可愛くなりたいですか?

大好きな彼のため?それとも片思いの彼を振り向かせたいから?理由はそれぞれ違うかもしれないけれど、自分が努力して可愛くなった人は余裕と自信がついてきます。

可愛いことで有名な石原さとみさんは、可愛くなるためにあらゆる努力をしている女性の一人です。デビューの頃の写真と現在では、随分と違うなあ~と思う方は多いのではないでしょうか。誰だって努力すれば今以上に可愛くなれます。

さあ今日から一緒に頑張ってみましょうね。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. このダイエット法はとに「笑う」ことで行うダイエット法です。 まだあまり知られていないダイエット法…
  2. 漢方薬では生薬として使われている生姜。 医療用漢方薬の百数十種類のうち、7割に生姜が入ってい…
  3. [toc]■ご飯 過度な食事制限などせず、ご飯を食べてダイエッ…
  4. <辛口チェック!>アナタの性格、女子力ある?■知って…
  5. LINEは爆発的に普及していますが、気になる異性に最初に送る時、あれこれと考え悩みます。もし気を悪く…
  6. 粉ミルクと言えば、赤ちゃんが飲むもの、ですよね? ところが最近、「大人向け」なるものが静かなブーム…
  7. 夜ご飯を食べると肥満に繋がりやすくダイエットには良くないと聞いたことがある人は相当多いでしょうね。 …
  8. にこるん(藤田ニコル)のように肌を白くさせていきたいと思っている人は少なくはない…
  9. 男女問わずダイエットをしている方は多くいます。ダイエットと言っても様々なダイエット方法があり…
  10. 職場で怒られてストレスがどんどん溜まっていく時の対処法「何やってるんだお前は!前にも言っただ…

注目の記事

  1. このダイエット法はとに「笑う」ことで行うダイエット法です。 まだあまり知られていないダイエット法…
  2. 漢方薬では生薬として使われている生姜。 医療用漢方薬の百数十種類のうち、7割に生姜が入ってい…
  3. [toc]■ご飯 過度な食事制限などせず、ご飯を食べてダイエッ…
ページ上部へ戻る