年金はいつからもらえるの?気になる制度と受給のこと。

年金はいつからもらえるの?

(導入)

普段支払っている年金。これはいつからもらえるのでしょうか。

サラリーマンの人は定年退職があります。会社の定年より年金がもらえる時期が遅ければ、定年から年金が支給されるまでの収入や蓄えを考える必要があります。個人事業主の場合は、仕事を辞める時期などに関わってくるかもしれません。

ここでは、年金がいつからもらえるかを見ていきます。

年金受給開始はいつ?

年金の支払期間が25年以上あれば、年金の受給資格が得られます。年金の受給資格がある場合、年金の受給開始は65歳からです。もらえる年金の種類は個人事業主とサラリーマンでちがいます。

 

・個人事業主の場合(国民年金だけに加入している場合)…65歳から老齢基礎年金の受給

・サラリーマンの場合(厚生年金保険に加入しているまたは加入していた時期がある場合)…65歳から老齢基礎年金+老齢厚生年金の受給

繰り上げ支給と繰り下げ支給
では、かならず65歳からでないと、受給できないのでしょうか。実はそうではありません。

一定の手続きをすれば、受給年齢を60歳に繰り上げてもらう(早くもらう)ことも、66歳以降に繰り下げてもらう(遅くもらう)ことも可能です。

・繰り上げ支給(早くもらう)

老齢基礎年金については、手続きをすれば60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて受給することができます。しかし、繰り上げ支給をすると、1年間に受給される金額が減額されます。また、その減額された金額は65歳以降になっても変わりません。つまりずっと減額されたままです。

繰り上げ支給なしの場合に対する支給率の目安表

受給開始年齢支給率
64歳94%
63歳88%
62歳82%
61歳76%
60歳70%

・繰り下げ支給(遅くもらう)

老齢基礎年金については、手続きをすれば66歳から70歳になるまでの間に繰り下げて受給することができます。繰り下げ支給をすると、1年間に受給される金額が増額されます。また、その増額された金額は受給開始以降に変わることはありません。つまりずっと増額されたままです。

繰り上げ支給なしの場合に対する支給率の目安表

受給開始年齢支給率
66歳108.4%
67歳116.8%
68歳125.2%
69歳133.6%
70歳142%

※それぞれの表はあくまで目安です。実際とは異なることもあります。

また、上記の表は老齢基礎年金についてのものです。老齢厚生年金の場合はこれとは別の考え方があります。

繰り上げ受給、繰り下げ受給の注意点を把握し、自分で生涯設計を行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. [toc]■ご飯 過度な食事制限などせず、ご飯を食べてダイエッ…
  2. <辛口チェック!>アナタの性格、女子力ある?■知って…
  3. LINEは爆発的に普及していますが、気になる異性に最初に送る時、あれこれと考え悩みます。もし気を悪く…
  4. 粉ミルクと言えば、赤ちゃんが飲むもの、ですよね? ところが最近、「大人向け」なるものが静かなブーム…
  5. 夜ご飯を食べると肥満に繋がりやすくダイエットには良くないと聞いたことがある人は相当多いでしょうね。 …
  6. にこるん(藤田ニコル)のように肌を白くさせていきたいと思っている人は少なくはない…
  7. 男女問わずダイエットをしている方は多くいます。ダイエットと言っても様々なダイエット方法があり…
  8. 職場で怒られてストレスがどんどん溜まっていく時の対処法「何やってるんだお前は!前にも言っただ…
  9. 彼氏には何色の車に乗ってほしいですか?彼氏がマイカーを買ったら、自分がその車の助手席に乗ってドライブ…
  10. 彼氏のことが大好きだからこそ、彼氏の友人関係に不安を感じることってありませんか?彼氏のことを…

注目の記事

  1. [toc]■ご飯 過度な食事制限などせず、ご飯を食べてダイエッ…
  2. <辛口チェック!>アナタの性格、女子力ある?■知って…
  3. LINEは爆発的に普及していますが、気になる異性に最初に送る時、あれこれと考え悩みます。もし気を悪く…
ページ上部へ戻る