痩せるホルモン、GLP-1とは!?

ダイエットをしたけれども、リバウンドしてしまうという人、ダイエットが続かないという人はいませんか。

そのような人に打ってつけなのが、痩せるホルモンと呼ばれるものなのです。

 
 
 

痩せるホルモンが含まれている食材を食べることによって、

なんと食べても太らない体づくり、ひいてはダイエットが可能となってくるのです。

痩せるホルモンには、GLP-1と呼ばれるものがあり、

これを体内に有していればいるほど食べても太らないとされています。

この反面、GLP-1が不足していれば肥満になりやすいとされています。体内におけるGLP-1の量によって、

痩せやすいか太りやすいかの境目ともいえます。

そのような特徴を持っているGLP-1の概要を解説していきます。

 

GLP-1を正式に記載すると、グルカゴン様ペプチド-1となるのですが、

食事をした際に分泌され、この量が十分であれば満腹中枢の刺激をし、

糖質の吸収を抑制し、さらにインスリンが 分泌される ように促す効果があるとされ、

食べ過ぎの予防や体内での脂肪の蓄積防止に買ってでているのです。

 

分泌量には個人差があることが特徴で、これが痩せやすい体質とそうでないかを分ける次第なのです。

インスリンが分泌されれば、血液のなかにある糖質のうちのブドウ糖をエネルギーに変えてくれるというのです。

 

このGLP-1が減少することによって、なぜ肥満に繋がってくるのでしょうか。

その理由は、GLP-1の特徴である糖質の吸収の抑制効果が失われ代謝が間に合わなくなるからです。

 

そのために血液に存在するブドウ糖が脂肪になってしまうのです。

そして、満腹中枢の刺激が遅れるようになれば、食べ過ぎる確率も向上していきます。

 

ダイエットをしている人からすれば、どうしても手に入れた いGLP-1ですが、

一体どこで分泌されるのでしょうか。その答えは腸にあります。

人間は年齢を重ねるごとに腸内の悪玉菌を増加させていく傾向にあるために、

通常の生活を過ごしていたとしても腸内環境は悪化していく一方です。

 

腸内環境が悪化すれば、便秘や下痢などを生じさせるとともにGLP-1の分泌も減少していきます。

年齢を重ねれば重ねるほど肥満になる理由は、

腸内環境の悪化とも関係しているともいえますね。

 

しかし、腸内環境を改善していけばGLP-1を増加させることも可能というわけです。

痩せるホルモンを増加させていくには、

腸内環境を整えていかなければならないということになります。

しかも、腸内環境が改善されれば、それにともない代謝も向上していくことから、まさに一石二鳥といえます。

 

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

  1. 女性がアクティブに人生を送るために必要不可欠な「女性保険」。今回は、そんな女性保険の…
  2. カメラ女子というワード。最近では耳にすることが多くなったという方がたくさんいらっしゃ…
  3. [toc] ■インスタ映えするチーズタッカルビってどんな料理? 最近SNSで…
  4. [toc] 〈⒈〉感情の法則とは? 一般に「感情は放っておくとだんだん収まってく…
  5. アニメといえば、かつては子供が楽しむものでした。 しかし、日本のアニメ技術やストー…
  6. 寒い冬に最も欠かせないのが、アウターですよね。防寒アイテムですし、1番上に羽織るものなので、大きなフ…
  7. 何か証明できるスキルがほしい! そんな想いから、資格の勉強を始める人が増えています…
  8.  洋服って何枚も欲しいけど、流行りすたりがあって、せっかく買ったのに次の年は着れない…
  9. なんか最近、いろんなことが上手くいかない、とお悩みの方はいらっしゃいますか? いろ…
  10. 20代女性のみなさん! 唐突ですが、貯金してますか? 総務省の調査によると、女性の年収…
2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページ上部へ戻る