女性にオススメな資格はたくさんある!

最近は資格ブームです。世の中には多くの資格がありまして、どの資格を取得すれば迷ってしまう人は結構多いです。
そこで今回は「女性の人にオススメな資格」についてご紹介します。

 

【仕事で使える資格】

持っている事で女性が仕事で活躍出来る資格は多くあるのでご紹介します。

1.日商簿記検定

日商簿記検定の勉強をする事によって「企業の財務関連の知識」を得る事が出来るので「経理職」を目指したい女性にはとてもオススメな資格です。
日商簿記検定の資格を持っている事で「精算表」「試算表」「小切手」の付け方などが分かるようになるので、職場でもかなり重宝されます。

企業の経理状況を資料から読み取る力は、経理職以外にも「営業職」などで使えます。なので、営業職を志望している女性も簿記の資格を持っていて損は無いです。

ちなみに日商簿記検定3級では「商業簿記」を学び、日商簿記検定2級では「商業簿記と工業簿記」を学びます。ハローワークの求人では「3級でも大歓迎」と書かれている求人が多いですが、出来れば2級まで持っていた方が内定を貰える確率は上がります。

 

2.MOS

MOSは「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」の略で「ワード」や「エクセル」などのスキルをはかる試験です。

女性の場合、事務職の求人はとても多いので、パソコンのスキルを持っている事はかなりのアピールになります。MOSには他に「パワーポイント」「アクセス」「アウトルック」などの試験もありますが、やはり、これらに比べるとワードやエクセルの方が優先順位は高いですね。

 

3.秘書検定

秘書検定では社会人としてのビジネスマナーを学ぶことが出来ます。受付を志望する女性はビジネスマナーがしっかりしていないと、お客さんから苦情が来てしまいます。

この資格で「言葉遣い」「喋り方」「態度」などのビジネスマナーを学ぶ事で、職場で恥をかかないで済むようになります。

 

4.保育士

保育士の資格は保育士の専門学校に行かなくても、保育士試験を受けて合格をすれば取得する事が出来ます。
保育士試験では筆記試験と実技試験があり、筆記試験を合格した人が、次の実技試験に進む事ができ、実技試験も合格したら保育士資格を取得できます。

保育士試験の筆記試験は8科目あります。8科目を2日にわたって受ける事になるのですが、もし8科目中7科目合格できたとしたら、合格できた7科目は3年間免除されます。

すなわち、次の年は1科目だけ受ければ良いという事になります。なので、1年で一気に8科目を合格しなくても良いのです。
実技試験は「音楽」「造形」「言語」の3科目の内から2科目を選びます。自分の自信のある科目を選ぶ事が出来るのは受験者から助かります。

保育士業界は最近になって男性保育士が徐々に増えてきていますが、まだまだ女性が多く活躍している業界です。子供が好きで保育士で仕事をしたいという人には保育士の資格はオススメです。

 

5.TOEIC

TOEIC試験はビジネス英語の試験です。テストはリーディング・リスニングから構成されていて、満点は990点です。

外資系企業ではTOEICの点数が一定以上じゃないと受験資格すらも得られないので、外資系企業を狙ってる人はTOEICで高得点を狙った方が良いです。

 

6.医療事務

女性の中でかなり人気のある資格がこの「医療事務」です。医療事務は病院などで「患者さんの対応」「医療費の計算」を行うのが仕事です。
ただひたすら事務をやるのが嫌な人は、人と接する事も出来る医療事務の仕事はとてもオススメです。

医療事務の試験は合格率が高く無いので、勉強が苦手な人でも大丈夫です。

 

【女子力をアップ出来る資格】

女子力をアップ出来る資格もあるのでご紹介します。

 

1.ネイリスト

ネイリストの試験は年に4回行わています。この試験は筆記試験と実技試験で構成されていまして、筆記試験はマークシート式、実技試験は「両手10本のネイルケア」「ネイルアート」などを行います。

ネイリストの試験を行う人の中には「プロのネイリスト」を目指して受ける人もいます。趣味としても受けられますし、仕事に就くために受けるのが、ネイリストの試験の特徴です。

 

2.フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの資格試験の勉強を行う事で、自分オリジナルの花を造る事が出来るようになります。フラワーアレンジメントが得意になったら、男性から「清楚な女性」という印象を与える事が出来て、女子力を存分にアピールする事が出来ます。

 

【まとめ】

このように、女性にオススメな資格はたくさんあります。仕事で活躍出来る資格もあれば、趣味として取得して女子力をアップ出来る資格まで幅広いです。

資格は持っていて損は無いです。資格を持っている事で自分に自信がつきますので、是非とも自分に合った資格を取得する事をオススメします。もし趣味が無い人は資格取得を趣味にするのも楽しい物です。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る