職場で好印象な女性を目指したい人必須の「ふるまい」方。

ライフハック

 

「○○さんって、とっても素敵な人!」、「○○さんみたいな素敵な大人の女性になりたい!」。

職場で、そんな風に思ってもらえる女性は、みんな共通した振る舞いを心がけています。そこで今回は、職場での自分の印象を高めてくれる、おすすめの振る舞いをまとめてみました。

今現在、バリバリ働いている女性もはもちろんのこと、これから新社会人になる女性も、是非参考にしてみてください。

 

◎基本中の基本!挨拶をしっかりしましょう

これって、社会人としては基本中の基本です。しかし、意外とできていない女性って多いと思います(男性にも多いですけど…)。

 

・特に朝の挨拶は大切です

特に大切なのは、「朝の挨拶」です。朝に弱い人も多いため、ぐったりとしたテンションで、職場に訪れる女性も多いと思います。

しかし、職場に集まってくる人がみんなそんなテンションだと、1日の始まりが台無しです。

そんな中、爽やかに「おはよう!」という挨拶が響けば、「いつも涼しげな女性だなぁ」と思ってもらえて、職場の士気も高まるというもの。職場で、ある程度先輩になった女性は、後輩一人一人を回って、声をかけてあげるのも良いと思います。

 

◎機嫌の悪さを態度に出さない

「今日、○○さん機嫌悪そうだね…」。このような会話って、どこの職場でも少なからずあると思います。

あからさまに機嫌の悪さを態度に出す女性は、嫌われて当然です。

したがって、出社する前に機嫌を悪くさせる出来事が起こったとしても、感情の浮き沈みはキープしましょう。

 

・機嫌が悪くなったら「6秒」待ってみよう

機嫌の悪さを表に出さないように平然を装っていたとしても、突然イライラが湧き上がることもあると思います。

そんな時は、「6秒」待ってみてください。これは、「アンガーマネージメント」というテクニックで、「怒りの沸点は6秒でピークを迎える」という概念によるロジックです。

この6秒間を操ることができれば、機嫌の悪さは、表に出さずに済むかもしれません。

 

◎部下の叱り方が上手

新人指導や部下の仕事の失敗etc。職場で出世するようになると、部下を叱らなきゃいけないシーンも出てくると思います。職場で好印象を抱かれる女性は、例外なく部下の叱り方が上手なんです。

 

・叱った後のフォローがうまい

ガミガミと叱ればいいというものではありません。お説教が終わった後は、突き放すのではなく、フォローしてあげることが大切です。

そのような優しさを見せることで、「仕事に厳しいだけじゃない、優しい先輩なんだ」と思ってもらえます。それに、「こんなに怒られるのは、自分のことが嫌いだからだ…」という、勘違いを避ける効果もあります。

こういう勘違いってよくあるので、要注意です!

 

◎ちょっとした変化に気づいてあげる

同じ職場で働くスタッフに、何か変化があったら、声をかけてあげましょう。

スキルがアップしたことに気づいてもらえると、声をかけられた側は「ちゃんと伝わってるんだ」となり、嬉しいものです。それは、その後の仕事の効率にも繋がってくるでしょう。

 

・仕事以外の変化に気づいてあげるのもgood!

前述した「変化」というのは、必ずしも仕事だけではありません。

「髪の毛切ったね」とか、「ちょっと痩せた?」、「この服、今日初めて着てきたよね?」とか、何でもいいんです。

声をかけられた側は、「自分の一挙手一投足を見てくれてるんだ」と感じるので、声をかけてくれた人への接し方が変わってきます。特に、現場を束ねる立場にいる女性は、意識してみてください。

 

◎八方美人じゃない

人によってあからさまに態度が変わっちゃう「八方美人」という存在。これは、誰が見ても良い印象は持ちません。

 

・異性への態度がコロコロ変わる女性は要注意

この問題で、同性からイライラされやすいのは、異性に対する態度がコロと変わる女性です。

「職場の男性に気に入られよう」と、あからさまに変わる女性もいれば、無意識に八方美人になってしまう人もいます。

他人が不機嫌になる態度をとっていないか?改めて気をつけてみてください。

 

・くれぐれも「TPO」とは違います

最後に付け加えておきたいのは、「TPOと八方美人は違う」ということです。

例えば、「同僚としゃべっている時と上司としゃべっている時の態度が違う」のは当然で、これはTPOです。

むしろ、これは、周囲からしても心地よく映ると思います。社会人としてのマナーを逸脱しない態度を心がけておけば、極端な八方美人になってしまうことはないでしょう。

 

【まとめ】

職場での自分の立ち位置をもっと良くしたい女性は、今回取り上げた振る舞いを意識してみてください。そうすれば、後輩や同僚、上司、それぞれから一定の信頼を寄せられることでしょう。

また、これらの振る舞いは、職場以外でも役に立ちます。例えば、「友人」「嫁姑」「ママ友」etc。是非、いろんなシーンで積極的に活用してみてください。

エス

42,279 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。