やりたいことと収入は比例しないことも?チェックすべきポイントは

ライフハック

 

やりがいを重視して仕事を選んで収入が伸び悩む人は多く、逆に収入を重視した結果仕事の適性に悩むケースもあります。仕事が向いていない、辛いと考えた時に思い浮かぶのが『転職』という選択肢です。

注意したいのは、あらかじめ下調べをしておかなければまた同じ悩みにぶつかるケースが多いということです。職種や企業規模によってある程度収入の目途は立てられるため、自分なりのキャリアプランを立てることが大切になるのです。

 

■収入の相場は簡単に調べられる

 

・職種業種の年収などは意外にデータが多い

転職を決めようと思った場合に多くの人が頼るのが、求人情報誌や転職情報サイトです。

どんな仕事があるのかをチェックし、今後の生活の見込みを考えるのは非常に重要なことです。

注意したいのは、求人情報として乗っている情報がすべて良いものだと限らない点です。求人を出す企業は様々ですが、条件が良い職場や企業の求人ほど早く埋まってしまいます。長期間求人が出続けている企業はブラック体質であるケースや、離職率が高いなど問題があるケースが多いのです。

 

そのため、まずは自分がしたい職種や業種の平均年収などをチェックして、本当に転職がとくかどうかを考えた上で、今出ている求人がその金額を満たすものかどうかチェックした方が良いのです。

なんとなく選んだ企業の待遇が悪かったり、良い条件の求人が出ても競走が激しく転職先がなかなか決まらないというケースもあります。
業種や職種の平均年収などの情報は厚生労働省などがまとめた統計などが存在するため、調べることで多くのトラブルを防げるのです。

 

・昇給がどれ位見込めるかも鍵になる

職種や業種によって、出世による昇給がどれ位見込めるかはかわってきます。業種や職種の平均年収を調べるのであれば、年齢ごとの平均年収も調べておくと将来像がより具体的になります。

 

例えば、ファッションに関心がある女性は多いものの、アパレル関係の仕事は収入の上昇が見込み辛いことで有名です。特に販売に携わる場合は、インセンティブ報酬つきの職場で、カリスマ店員などになれなければ割に合わないケースが出てくるのです。

年収の伸び悩みなどから離職してしまう人もいるため、安定収入を目指す場合は候補から外れやすくなります。

同じアパレルであっても、事務職や製造、バイヤーなどの場合は待遇が大きくかわってきます。同じ業界であってもどこで働くかで年収もかわるのです。

年収が高いかわりに結果を求められる職場も多く、収入よりもストレスが勝ってしまうケースもあります。より具体的に情報を絞り込み、自分が働き続けられるかを考える必要があるのです。

 

■ワークライフバランスを考えることも重要に

 

・結婚や出産を選択肢に入れるかが鍵になる

女性の転職で重要になるのが、結婚や出産への影響です。仕事が忙しく、休みがなかなか取り辛い職場であれば、産休などもとりにくくなります。実際には法律上で決まっていることであっても、産休を出し渋るような企業も存在します。企業体質を調べておかないと、結婚や出産に支障をきたしてしまう場合もあるのです。

 

やりたいことが優先であれば、結婚や出産を後回しにしてしまうのも方法です。仕事で結果を出してから、自分を受け入れてくれる相手を探すという女性も多いからです。産休などがとりにくい場合は再度転職してより良い環境の職場を探すという人もいます。

管理職などの経験があれば転職が有利になるのもポイントです。仕事の経験や身につけたスキルによってどの程度人材としての需要があるかがかわるため、結果を出せればその後の選択が大きく広がるケースは多いのです。

結果を出し辛い事務などの仕事であれば、信用を積み重ねることや、自分で資格をとるための勉強をするなどプラスアルファが求められる場合があります。楽をして稼ごうと思ってしまうと、積極的に仕事に打ち込んでいる人との差が広がりやすく、どうしても比べられやすくなるのです。

 

・自然に努力できる仕事を探すのも方法に

収入を重視するのではなく、やりがいなどを求め適職を探していく方法もあります。自分が好きな仕事を選んだ場合は、努力が苦にならないことが多く、自然と結果がついてくることが増えるからです。離職率も下がるため、一時的に収入が下がっても長期的には収入が増えることもあります。

注意したいのは、好きな業種であっても自分がやりたい職場に配置して貰えるとは限らないことです。

 

配置転換を望むにしてもある程度結果を出さなければならない場合があります。企業の規模によっても方針が異なるため、自分がしたい仕事に就けるのかを調べなければならないケースも出てきます。

 

収入重視で休日に思いっきり発散させることを前提にする方法もありますが、休日自体が少なければ生活が行き詰りやすくなります。
人によって必要な休みの日数やプライベートな時間の割合が異なるため、今の仕事で休みが足りているか、ストレスの発散が十分かどうかも考えるのがおすすめです。

体力的やストレス面でどれ位続けられるかの目安になることがあります。
ストレスと休みのバランスをとることは長く仕事をする上で非常に重要になってくるのです。

 

【まとめ】

転職のノウハウは調べないとわからないことが多く、調べ漏れがあるとつまずきの原因となります。

悩みがある場合は自分の待遇が適性かどうか、転職して改善の見込みがあるかどうかチェックしてみるのがおすすめです。客観的な年収のデータなどは簡単に調べることができます。

 

また、転職エージェントを利用して仕事の適性や適性年収をチェックすることも可能です。
ストレスと収入、休みのバランスを考えながら加減をすれば、将来の展望が大きく変わる場合があるのです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。