新卒シーズン間近!「若い社員が憧れる先輩像」と「若い社員が嫌う先輩像」を 理解しておこう

ライフハック

 

卒業シーズン間近になり、高校生や大学生が新社会人になる時期が近づいてきました。今、この記事を読んでいるあなたの職場にも、続々と新入社員が入ってくることでしょう。

そこで今回取り上げたいのは、「若い社員が憧れる先輩像」と「若い社員が嫌う先輩像」です。

「新入社員への対応が今から心配…」という女性は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

若い社員が憧れる先輩像とは?

 

・仕事を教えるのが上手い

新入社員に仕事を教えるのは、先輩社員の大事な役割です。しかし、毎年のように教育係をしていると、めんどくさくなってきて、ぶっきらぼうに教えてしまう人もいます。このような態度は、新入社員から難色を示されて当然です。

分かりやすく仕事を教えてくれる先輩は、「話しやすい人」と思ってもらえるので、必要以上に距離を取られることがありません。

それに、「仕事を教える」というのは、新人社員との最初のコミュニケーションと言っても過言ではないので、とても大切。「人付き合いは最初が肝心」と解釈して、わかりやすい指導を心がけましょう。

 

・笑顔が多い

仕事が忙しい時でも笑顔が多い人は、自然と周りに人が寄ってくるものです。また、「忙しいけど…、この先輩と一緒ならなんとかなるかも!」という、士気を高めるきっかけにもなります。

現場を引き締めるためには、時には厳しい表情を見せることも大事ですが、TPOに合わせた方が良いでしょう。

 

・仕事ができる

やっぱり、仕事ができる先輩というのは、かっこよく見えます。それは、いつの時代の新入社員から見ても、変わりません。また、このときの「できる」というのは、言葉遣いや立ち振る舞いも含まれています。

社会人らしい所作は、一目置かれること間違いなしなので、仕事のスキルだけではなく、マナースキルの向上を意識しておきましょう。

 

・社会人のおしゃれができる

学生の頃のおしゃれといえば、派手なメイクに派手な髪色、露出の多い服装etc、になりがちです。しかし、職場でそのようはおしゃれをするわけにはいきません。

「これが、社会人のおしゃれよ!」と、言葉にすることなく、ナチュラルに教えてあげられる女性は、羨望の眼差しで見られるものです。だから、大人のメイクや着こなしなども、熟知しておいた方がいいかもしれません。

 

若い社員が嫌う先輩像とは?

 

・ネチネチうるさい

若い社員が仕事でミスをした時は、先輩として厳しく指導しなければならない場面です。だけど、ネチネチお説教するのは、オススメできません。これは、キャリアがある社員でも、上司からネチネチ言われたら嫌になるでしょうから、分かると思います。

「叱る」というのは、「仕事を教える」よりはるかに難しいのです。したがって、自分が新人だった頃を思い出しながら、慎重に取り組んでみてください。

 

・女子には厳しくて男子には優しい

こういうのはいけないと分かっていながらも、異性に対しては、自然と優しくなってしまうのが人間というもの。ですから、意識的に男子も女子も、平等に接するようにしましょう。

こういうのがきっかけで若い社員に睨まれてしまうと、「ババアのくせに浮き足立ちやがって!」みたいなことを言われてしまうかもしれません。

 

・プライベートに介入してくる

雑談の中で、「休みの日は何してるの?」とか、「彼氏や彼女はいるの?」という話になるのは、珍しくないと思います。先輩としては、「新入社員と距離を縮めたい」と思うがゆえのコミュニケーションなんですが、グイグイ介入するのはNGです。

したがって、仕事が終わった後の飲みの誘いや、休日の遊びの誘いなども、慎重にならなきゃいけない時代になりました。「職場では優しくしてもらいたいけど、それ以外では他人でいたい」というのが、本音なようです(笑)難しい時代ですね。

 

・仕事が遅い

入社当初は、右も左も分からなかった新入社員も、月日が経つと、あっという間にスキルが並ぶことがあります。そうすると、あれよあれよと追い抜かれてしまうこともあるんです。

そうなると、「仕事ができない人だなぁ」なんて鬱陶しく思われる可能性も否めません。このあたりは、若い社員が、そんなふうに思わない性格であることを願うばかりです。

 

しかし、先輩としては、仕事をこなせるに越したことはありません。したがって、常にスキルアップの努力は、忘れないようにしてください。後輩の追い上げを恐れないキャリアアップを目指したいなら、早いうちから資格を取得しておくのがおすすめです。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?今回は、「若い社員が憧れる先輩像」と「若い社員が嫌う先輩像」をピックアップしてみました。

30代の女性からすると、今年入ってくる新入社員は、ひと回り以上年齢が離れているため、「自分が新入社員だったころとはだいぶ違うなぁ」と思うこともあると思います。

 

しかし、それは時代の移り変わりですから仕方のないこと。彼らに罪はありません。そんな背景も、先輩の懐で理解してあげましょう。そして、円滑な人間関係を築いてください。

エス

78,161 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。