落ち込んだ気分とはさようなら!雨の日を上手に楽しむアイデア

落ち込んだ気分とはさようなら!雨の日を上手に楽しむアイデア
ライフスタイル

鬱陶しい雨が続くとなんとなくテンションが下がってしまいます。気分が上がらずにやらなければいけないことも後回しにしがちですが、雨だからといってなにもせずだらだら過ごすわけにもいきません。みんなのテンションが下がってしまう雨の日だからこそ上手に気持ちを切り替えましょう。
ちょっとした工夫で嫌だった雨の日を楽しむことができます。雨の日を楽しく過ごせれば憂鬱な気分は吹っ飛びゆう粋な一日となるでしょう。今回は、テンションが下がりやすい雨の日を上手に楽しむコツを紹介します。

 

雨の日だからこそおしゃれを楽しむ

雨の日はファッションも実用性重視で選びがちです。防水性の高い上着や汚れがつきにくい靴、選択しやすいブラウスなどどうしても実用性ばかりを考えてしまうのでコーディネートの幅は狭まりおしゃれを十分に楽しむという気分にはなりません。
そんな雨の日だからこそ、あえておしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。雨の日にしか着ない特別なアイテムがあればおしゃれをしたいキモチが強くなり、あんなに嫌な日だった雨の日が待ち遠しくなります。みんなが実用的なファッションを選ぶ中で自分だけが特別なコーディネートでバッチリ決めれば注目をあびることまちがいなしです。

 

おしゃれ上級者は傘にこだわる

傘といえばコンビニで買えるワンコインのビニール傘という女性は多く、実際に雨の日の待ちを見ているとビニール傘を指している女性が大半です。ビニール傘は実用性では優れていますがファッションアイテムとしてはいまいちです。影ができず顔が明るく見えるというメリットはあるものの、アイテムとしては魅力に乏しく実用品でしかありません。
雨の日を楽しむためにビニール傘は卒業していい傘を一本かいましょう。最近はおしゃれな傘を豊富に取り揃えた傘専門店が人気で、指すだけで心が楽しくなるような素敵なデザインの傘が売られています。ビニール傘と比べれば高価ですが高級な傘は上部で耐久性も高く、長く使うことを考えれば決して高いものではありません。
雨の中を歩きたくなるような素敵な傘を持っていると、沈鬱な雨の日の外出も楽しい時間に変わります。多少派手なくらいのデザインでも皆が傘をさして歩く雨の日なら目立ち過ぎることはありません。愛着のわくおしゃれな傘を手に入れましょう。

足元のおしゃれにこだわる

雨の日に悩ましいのが靴選びです。水が浸透する素材の靴は履けませんし、耐水性の高い実用的な靴だとおしゃれとは縁遠くなってしまいます。
最近は雨の費用の靴も種類が増えています。特に注目を集めているのがいわゆる長靴に近い高い耐水性を持つビニール素材のショートレインブーツです。晴れの日に履きたくなるようなおしゃれなデザインの靴も多く、オフィスカジュアルコーデにはピッタリです。
軽やかさを重視するなら防水スニーカーがオススメです。もともと耐久性の高いスニーカーに防水インソールと防水スプレーをすれば雨の日でも問題なく履きこなせます。気になる汚れについても防水スプレーの防汚高価で中に染みこむことなく洗って簡単に落とせます。単調になりがちな雨の日コーデですが、スニーカーでアクセントを加えれば周りに差を付けられるでしょう。

 

雨の日限定サービスをフル活用

雨の日限定で特別サービスを提供する店は多く、有効活用すれば嫌だった雨の日がお得な日へと変わります。他の人が出かけるのを嫌がる雨の日だからこそ足でお得を稼ぎましょう。

雨の日限定ランチでお得

飲食店は雨の日に客足が落ちやすいので、雨の日限定サービスを提供している店が多くあります。雨の日には通常のランチに加え一品サービスされたり、次回使える割引クーポン券がもらえるなどとってもお得です。
雨の日サービスはチェーン店よりも個人経営の店に多いので、雨をきっかけに新しいお店を探してみではいかがでしょうか。

 

雨の日のスーパーは値引きが早い

スーパーは雨の日は売上が落ちるので、在庫を過剰に抱えないために普段よりも早めに値引きサービスを実施します。普段値引き品がすぐに売り切れてしまうスーパーも客足の少ない雨の日なら買えるチャンスが高くなります。雨の日は帰宅途中にスーパーに寄ってお得な値引き品をチェックしましょう。

テンションが下がる雨の日も工夫次第で楽しい日に変わります。雨の日を楽しく過ごして充実した毎日を送りましょう。

エス

143,876 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。