恋愛も婚活もデータが重要?AIや統計が活用される理由とは

トレンド

 

■漠然とした恋活や婚活は時間ムダになりがち

・時間の価値が貴重になっているのがポイントに

恋活や婚活に励む人は多く、すぐに成果をあげる人も、全く成果があげられない人もいます。

一方で、時間が取れないから活動自体ができない人も多くいます。少子高齢化で出会いのチャンスが減っているだけでなく、時間面でも収入面でも余裕がない女性が多いからです。

なかには学生時代はずっと勉強して過ごしてきたため、いざ自由にしていいと言われても何をすればいいのか分からない人もいます。学生のうちであればある程度失敗を重ねても立ち直れますが、社会人になってしまうと時間自体が貴重になり、最初の一歩を踏み出すことも勇気がいります。

時間の価値が貴重になっている分、様々なツールや情報を生かすことは大切になります。趣味や好みが多様化している中で、アナログ名方法では良い人に出会えない可能性も出てきます。

アプリなどにお金を使い、出会いまでの時間を短縮することでもとをとろうとする女性も増えているのです。

 

・マッチングアプリはSNSの情報が必要なものが多い

アプリを使った出会いといえば、以前は出会い系サイトのような、遊びや体目的の男性が入りやすいものが一般的でした。しかし、現在はSNSと連動させることで、信頼性を高めたものが主流になりつつあります。

特に利用が多いのがFacebookとの連動です。マッチングアプリの登録時にFacebookのアカウントが必要になることが多いのです。Facebookと連動するといっても、必要なのはアカウント情報だけになります。

マッチングアプリの活動がタイムラインなどに反映されることはないのがポイントです。Facebookはあくまであんしんを演出するための装置として活躍しているのです。

 

一方で、ネットで交際相手の本名などを検索すれば、ある程度情報を絞れることも多くなっています。悪いうわさなどが多ければ、簡単な検索でヒットする可能性が出てきます。結果として外れを引き、時間を浪費するリスクを減らせる場合があるのです。

こつさえ掴めば共通の知り合いなどからFacebookのアカウントなどを割り出すこともできるようになってきます。

うまく利用すれば自分のリスクを減らしつつ、相手の素を深く知ることができるのがポイントです。

 

■AIや統計の利用は一般的になっている

・検索内容から精度を高めていくアプリも

AI技術などを応用し、よりマッチングの精度を高めていくようなアプリも登場しています。ユーザー情報と検索に使ったキーワードなどを記録することで、より好みと思われる人物を紹介してくれるのです。

プロフィールのチェック方法から共通点を導き出し、表示の順番を変えるなど工夫を凝らすケースも出てきます。

漠然と相手の情報を検索しているつもりでも、データ上は好みの人間の情報が蓄積されていくことがあります。そのため、検索すればするほど好みの人間がヒットしやすくなることを武器に、シェアを伸ばしているアプリなども存在するのです。

マッチングアプリやサイトはどうしても登録人数を重視しがちです。しかし、探すためのコツを学んだり、自分で導き出したりするのが苦手な人もいます。地力で思いつく人もいますが、向き不向きがあるため効率が悪くなってしまう場合もあるからです。

自信がない場合や、少しでも時間を有効に使いたいと思う場合は、テクノロジーを味方につけると効率が良くなります。

好みの人間や条件を満たす人間を探すために、効率的な仕組みを作ったアプリを活用するのは一般的になっているのです。合コンの会費1回で、1ヵ月分の利用料になるなど、現実的な計算をする女性も多いのです。

 

・婚活は統計が有効になっている

結婚は少しでも良いものにしたいからと、男女ともに理想をつめすぎてしまい、結果的にミスマッチが頻発して相手が見つからないと言うケースは意外と多くあります。

カップル誕生数を宣伝文句にする結婚相談所も、元になる会員数から割合で考えた場合はそれほど確率が高くないというケースもあります。

 

そんな中、シェアを伸ばしているのが統計を利用した結婚相談所です。過去のカップルのデータなどを利用し、どのような相手であれば結婚に結びつく可能性が高いなど、理論的に提示してくれるのが特徴です。

良い結婚を邪魔するのが理想や思い込みと言うケースは多く、時間の浪費になってしまう場合があります。条件を全て満たす人物は婚活市場にほとんど存在しないか、いても話題や生活スタイルが合わない可能性が出てくるからです。

確率が高い順で人を選べるようになれば、自分の恋愛などにもそのまま生かせるのもポイントです。自分がモテていると言う自信がモチベーションになるケースも多いため、データはうまく活用した方が良いのです。

 

【まとめ】

勘や経験で恋愛や結婚を目指すよりも、複数の人のデータや、自分の検索情報などから見える傾向を生かした方が時間の節約ができます。時間が自由になることが少ない現代だからこそ、アプリなどを上手に生かし、恋を楽しみ、婚活をより確実なものにする女性が多いのです。

便利なツールなどは次々に生まれているため、苦手を補う方法としても使えるのがポイントになっています。

エス

70,019 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。