【悩み】別れる前に男性がする行動まとめ

【悩み】別れる前に男性がする行動まとめ
恋愛-女性-

別れを考える男性が出す『サイン』

彼に突然の別れを突きつけられて驚いた、理由が分からないまま別れてしまった、なんて女性は少なくないのではないでしょうか。
 突然、いきなり、そう思っているのは意外にも女性側だけ。男性は別れを意識してすぐに「別れたい」と告げるわけではない。
 別れを意識しはじめてから、半年〜1年して「別れたい」と口にするのだ。
 半年から1年という時間を空けるのは、愛した女性を傷つけたくないという心理の裏返しといえる。
 多くの男性は別れを意識しても、「別れたい」とストレートには言わない。徐々に関係性や距離をとったり、自然消滅させようとする。
 女性側からすれば、理由がわからない別れや自然消滅は彼の突然の心変わりに思えるかもしれない。しかし、男性側はしっかりと『サイン』を出しているのだ。
 その『サイン』を3つにまとめてみました。

連絡

まず挙げられるのは、連絡だ。交際を始めた頃は、朝、昼、夜、毎日、毎時間のように連絡を取り合って、些細な話で盛り上がったりするものだ。交際が長く続けば続くほど、その連絡回数は減っていくだろう。だが、その日あったことや今抱えている悩み、共通の話題など、連絡が途切れることは無いはずだ。たとえ連絡回数が減ったとしても、お互いを理解しあっていれば、仕事のペースやプライベートな用事など、連絡が来ないことへの理由を察することもできる。

それは交際期間を経てお互いに信頼し、絆が生まれているからこそだ。彼はあなたを深く愛していて、あなたが彼にとっての一番である。そんな彼から何の理由も告げられず、2週間以上連絡が来ないというのは考えにくいだろう。仕事が忙しい時期なんていうものは、付き合っていく中でおおよそ予想ができる。仕事で突発的な問題が起こってしまった、ということならあり得るかもしれない。

しかしそんなことは、1年通して何回あるだろうか。想っていれば、仕事の合間に連絡をするだろう。たとえ時間が遅くなったとしても、状況を伝えるメッセージくらいありそうなものた。それこそ、問題解決したならばすぐさま連絡が入り、会いに来てくれるものではないだろうか。そう考えると、2週間以上連絡が無いのは、彼から『サイン』が出ていると考えてもよいだろう。

連絡回数はさして変わらない。2週間以上開くことはない。だから大丈夫!と思う方もいるだろう。連絡はしているが、返信内容が素っ気ない、返信がやけに遅い、というのも『サイン』のひとつと言ってもいいだろう。たとえば、彼の方からの連絡は無く、あなたばかりが連絡をする。連絡すれば返信はくるものの、業務連絡のような返信内容。「最近、忙しいのかな」と思わせ、それ以上は踏み込ませないように予防線を張ったりするのだ。彼は、その間に『別れたい』という気持ちへの整理をしていると言ってもいいだろう。また、大切な人から連絡がくれば、すぐに返信したくなるもの。しかしその返信が遅くなる、しなくなる、というのも男性からの『サイン』かもしれない。もしあなたが、彼への愛情が薄くなり、別れたいと考えはじめていたとします。そんな時、彼から連絡が来れば面倒臭く感じ、返信する速度も遅くなるでしょう。わざと返信の時間を遅らせたり、気付かぬフリをすることで、自分の愛情が冷めたことをあなたに察してほしいと考える男性もいるのだ。

会う回数

連絡回数が減っていけば、必然的に会う回数も減っていくものではないだろうか。最近会ってないな、どこかへ一緒に行きたいな、そう思い立ってば連絡をするだろう。そうしてあなたからデートや会うことに誘っても、彼からははぐらかされたり、理由も曖昧に断られたりりする。そして彼からは誘ってこないという状態は、彼からの『サイン』が出ている状態だといえるだろう。あなたを愛している状態であれば、誘っても行けない明確な理由をキチンと話してくれるはずた。空いている予定を伝えてくれらだろうし、調整してくれたりするはずだ。

もちろん、彼からも誘ってくれるはずだ。男性ら言葉より行動で示すことが多いといえる。本心を知るためには、言葉ではなく行動を見ることをオススメしたい。今までと行動が変わった、ということは本心が変わった、変わりつつある、ということなのだ。また、最低限の連絡があっても、数ヶ月会えていない。遠距離でもないのに、なんて場合がある。それは、『サイン』である可能性が高い。彼があなたを愛しているのであれば、会えないなんてことはありえないはずだ。少しでも時間があれば会いたいと思い、会いに行こうとするはずなのだ。

言葉ではなく、行動を見るというお手本的な例だろう。だがもし、彼があなたを深く愛している状態で会えない日々が続いているとする。そうした場合、将来結婚しても会えない期間が多くなるという可能性がある。それでも彼を理解し、彼との人生を歩むか否か、冷静に考えてみる機会かもしれない。

定期的に会っているし、出かけることも多い。という人もいるだろう。その際の彼の行動はどうだろうか。今まで共感し合えていたことに不具合が生じはじめてはいないだろうか。知らない間に彼の映画の趣向が変わった、好きな服のお店が変わった、などあなたの知らないことが増えてはいないだろうか。そして、デートも上の空なことはないだろうか。他のことに夢中になっていて、あなたのことは二の次、三の次という感じが出てはいないか。こんな状態も『サイン』といえるだろう。彼があなたを愛しているとしたら、あなたのことを一番に考えてくれるだろう。特に会っている最中なら尚更だ。ずっと目の前のあなたのことを考えているはずだ。もし趣味や夢中になることがあっても、目の前にあなたがいれば、あなた一番で行動を選択してくれるはずなのだ。これも『サイン』のひとつである可能性が高い。

行動

男性の本心は行動に出る。と前述したが、他の『サイン』行動を挙げてみる。

『冷たい』
 彼の笑顔が少なくなったり、あなたへ対して優しく接してくれない。「冷たい」と思える態度が続けば、『サイン』かもしれない。
 彼がはっきりと別れを切り出さないのは、その決断がまだできていないか、別れ話をする様子を伺っているか、あなたを悲しませたくないと思い躊躇している、などが挙げられる。
 しかし、気持ちが離れつつある人に対して、これまでのようや優しく思いやりがある「好き」という気持ちが表れるような態度はできなくなるのだろう。
 以前は優しい彼だったはずが、最近そっけなくなってきたなら要注意だろう。

『ボディタッチ』
 ボディタッチが減る。触れ合いが減る。というのもある。
 以前に比べると、スキンシップの頻度も密度も減る、というものも男性からの『サイン』であることが多い。
 男性は、愛する人に対しては「ボディタッチをしたい」「出来る限り頻繁に肌を重ねたい」と考えるものだろう。だから、ボディタッチが減るというのはもう愛情を感じていないことの証拠になる。
 彼が手をつないでくれなくなった、キスをしてくれない、などのスキンシップが少なくなった場合、彼が『サイン』を出していると言えるでしょう。

『デート』
 会う回数が減ると前述したが、会った際、デートでの『サイン』だ。
 デートの場所が家ばかりになる、ということだ。
 別れたいけれどはっきりと別れを告げる決心がつかない男性は、しばらく様子見をしようと考えていることが多い。そうなると、外でのデートをしたがらなくなる。
 あなたを愛しているのならば、あなたが喜び笑顔になってくれる場所、思い出に残る場所に連れて行こうとしてくれるでしょう。しかし、気持ちが薄れてしまっていると、喜ぶデートスポットにわざわざ連れて行こうという気持ちも持てなくなるのだろう。
 リサーチをする、ということも億劫になるのかもしれない。
 また、他に気になる女性がいたとする。そうすると、その女性にあたなとのデート姿を目撃されたくないという気持ちがある。
 あなたからのデートの誘いを断る勇気が出ない、あるいは別れたいけれど性欲の発散はしたいという場合もある。その場合、外でデートをせずにもっぱら家でデートになっていくのだ。

『相槌』
 相槌が適当になる、というのもある。
 以前はきちんと話を聞いてくれていた、真摯に向き合って答えてくれたのに相槌が適当になった、というのも『サイン』のひとつだ。
 大切なあなたが相手ならば、彼はつまらない話であっても愛想よく楽しそうにその話に耳を傾けてくれるだろう。
 しかし、さほど愛情を感じなくなってしまえば、その話には興味が持てなくり、適当に聞き流すようになる。
 話しかけても目を見てくれなくなる、スマホをいじりながら適当に相槌を打つようになったならば、彼からの『サイン』かもしれない。

まとめ

 男性が出す『サイン』を知ることで、どのタイミングで関係性にテコ入れをするか、深い話し合いをすべきかが分かると思う。
 恋愛関係がすすむほど相手を好きで、盲目になってしまうだろう。そうすると、彼の行動ではなく、言葉に注目して縋ってしまう。すると冷静な判断ができなくなる。
 結果、相手からはずっと以前から『サイン』が出ていたにも関わらず、変わらない付き合いを継続してしまうことが多い。
 相手の心変わり、別れのサインを感じたらならば、しっかりと深い話し合いを持つことをすすめたい。
 深い話し合いを交えてもなお彼の行動が変わらないのならば、新しい彼を探してみてはどうだろうか。
 本当の意味であなたを深く愛してくれる彼を見つけることが大切ではないだろうか。

エス

453,743 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。