気になる年下男性!効果的なアプローチと上手なお付き合いの仕方

好きになった男性が年下だったとき、年齢差やアプローチの方法など、色々な事に悩みますね。
ここでは、年下男性と結婚した私が、実体験を交えてうまくいく方法を紹介していきます。

 

1.年齢差を気にさせない
年下男性は、自分の方が年下だと言うことを気にしている場合があります。
子供っぽいと思われる事で傷つく人もいますので、あまり年齢をテーマにした話はしない方が良いです。
特に女性側が自虐ネタで年齢を持ち出すのはNG。
本人は冗談のつもりでも、相手にとっては「どう返して良いか分からない」と困ってしまう事も多いです。

2.上手に甘えさせる
自分が年下だと言うことを気にしているとは言え、年上女性からのアプローチで反応を示してくる男性は少なからず「甘えたい」という気持ちがあるもの。
具体的には、少しくらいの遅刻や失敗で怒らないことが大事です。
若い女性にはない懐の深さを見せることで、「この人と一緒にいるとホッとする」という安心感を与えると良いでしょう。
逆にNGなのは過剰な嫉妬。
年下男性を問い詰めることは、相手が引いてしまいます。
若い女性の嫉妬は可愛いと思われる事が多いですが、年上の女性の嫉妬は「怖い」と思われがちなのです。
上手な甘えさせ方で相手に心地よさを感じさせるのが効果的です。

 

3.時には頼って可愛らしさを見せる
時には年下男性に頼って相手を立てましょう。
重い荷物を持ってくれようとしたときや、デートで飲食代を出してくれたとき。
「頼りになるね」と言葉にすることで、相手の年齢差コンプレックスを徐々に癒す効果があります。
年下男性はどこかで「年上女性は何でもできる」と思っている部分があるので、ちょっとしたことで甘えてみるのも効果的。
ペットボトルの蓋がなかなか開かない、道が分からない、など、些細な事で頼りにすると、あなたの意外なはかなさが魅力として映りますよ。

 

 

4.デートの別れ際にすると効果的な仕草
デートの別れ際、「じゃあ、またね」と手を振って、少し離れたら振り返ってもう一度手を振ってみてください。
この仕草は男性から大変ウケがよく、「別れを惜しんでくれてるんだな」と思わせる効果があります。
これに加えて、別れたらすぐに「また会いたいな」という内容を送ると更に効果的です。

年下男性というと年齢差が気になりますが、年齢ならではの寛容さや、ギャップを感じさせる仕草でアプローチを続ける事でうまくいきますよ。
是非参考にして頑張って下さいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る