男性心理にアプローチ、これが男を手玉にとる方法!

恋愛-女性-

 

最初はあれこれチヤホヤしてくれた彼も、最近こちらの要望をお願いしても結局かなえてくれず、約束していた旅行にも連れて行ってくれなかった、なんてことありませんか?

彼を褒めるだけで、びっくり別人のようにあなたのお願いを喜んでかなえてくれる魔法のテクニックをご紹介しまーす。

 

愛すべき単純な男たち

男は褒められたくて仕方ない動物

テレビの番組で、ファッション雑誌の人気のモデルさんが微笑みながらカメラ目線で「すごいわね。」と言ったのを、当時人気だった男性人気司会者さんが非常に気に入ったらしく、同じ台詞を言ってくれるようにモデルさんにせがんでいました。

結局3回も同じ台詞を言ってもらったのですが、みのさんはエンドレスで聞いていたいと言わんばかりの喜びようでした。

まわりの男性陣はみなニヤニヤ笑っていましたが、内心バカだなと思いつつ、その気持ちが分からなくもないのでしょう。

褒めて褒めてボクを褒めてぇぇぇ

あなたがサラッとしか言った覚えがなくれも、男は褒めてもらったその嬉しさを何十年経っても絶対忘れません。できることなら一挙手一投足「スゴイわね。」と言われたい、些細なおつかいでさえ褒めてもらいたいのです。

もう良い年した大人なのにアホとしか…ゴホゴホッ、いえ、本当にかわいくなってしまいますよね。

20歳でも50歳になっても男は女性に褒められたいのです。

この習性を利用、あっいや….上手に活かしてお互い幸せになれる方法を次で詳しく説明していこうと思います。

 

男が喜ぶ褒めテクニック

育児と同様、できたら褒めるの繰り返し彼に何かお願い事をしてかなえてくれなかったとき、どうしてますか?

すねたり、怒ったり、文句を言ったり、ついしちゃいますよね。ですが彼が約束を達成できなくても責めてはいけません。彼の心に反発心が芽生え、逆効果になってしまいます。

次回の約束をしようとしても、彼は内心「また達成できなかったらどうしよう」という負担が先に立って、約束さえしたがらなくなります。テストで100点取ったら褒めてもらえるけど、50点取ったら怒られると分かっていたら、もうテスト自体受けたくなくなりますよね。

それと同じです。達成できなくても特に何も起こらない。でも達成できたらごほうびがもらえる。

というパターンを彼に刷り込んで行きます。ペットの話じゃありませんよ!彼氏の話ですよ。

 

些細なことからはじめる

いきなり大きなこと、つまり海外旅行に連れてってとか、高価なプレゼントをおねだりしても無理です。確実にです。

ハードルの低い、小さなおねだりからはじめて、慣らしていきましょう。何でもいいのです。

リンゴがどうしても食べたいから帰りに買ってきてとお願いします。

彼が言い訳をしたり、気が進まない様子でそのお願いをこばんだら、それ以上押さずに後腐れなく引き下がります。噛みつかないでください。まだ我慢ですよ。

そして間を置いて同じお願いを何度か試します。3回目くらいになると、彼もさすがに断るのも気が引けて、買ってきてくれることがあるでしょう。そうしたらここで盛大に褒めてあげましょう。

おおげさなくらい喜んであげます。混んでたでしょ?疲れてるのにありがとうね。すごいすごい、と褒めてあげましょう。

ここでふと男は思うわけです。

 

「こんなことくらいで、こんなに褒めてもらえて喜んでもらえるなら、またやってもいいかなぁ」と。ふふふ。これで刷り込みの第一段階は終了です。

さて次は少しだけハードルをあげたお願いをします。

 

ですが前回同様に無理強いはしません。無理強いをせず泳がせて、約束をかなえてくれたら大いに褒めるを繰り返していきます。

褒められることが完全に快感になってくると、彼は無意識に次のお題を待つようになります。また、こちらからの要求にこたえるだけでなく、彼側から気を利かせて他の点でもサポートしてくれるようになります。

そうなったら貴方も褒めテクマスターです。

 

【まとめ】

ポイントをおさえて褒めるだけで、男性は今までの何倍もがんばってくれます。彼をたくさん褒めてあげてください。

そしてたくさんたくさんお願い事をかなえてもらいましょう。

男性は女性を喜ばせるのが生きがいなのです。みなさんも褒め上手な素敵な女性になってくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。気に入っていただけましたら、、、いや、、彼を手玉に取れましたら下のボタンで共有してもらえると応援になります。ありがとうございました。

 

エス

28,197 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。