【失恋】元彼を忘れるために辛い未練を振り払う方法

失恋

 

忘れられない恋愛は誰にでもあると思います。何をしても彼が頭から離れない、週末の度に辛いなど、埋められない時間を持て余してさらにさみしくなるということもあります。

せっかく時間が出来たのだから楽しい時間の使い方をしませんか。

 

相手を探すか探さないか

・新しい人を探す

昔の彼を忘れたいなら、新しい彼氏を見つけて付き合ってもらうのが一番良いです。新しい恋愛は今までのことを忘れるきっかけとなり、これからの自分も楽しくなっていきます。

できれば前の彼とは違うタイプの人間と付き合ってみると、新しい視点で物事をみることができます。忘れられない恋愛は、その人との価値観で頭がいっぱいになっているものです。

全く違うタイプの人間ですと、同じことが起こっても前の彼と違う反応をしたり、毎日を新鮮に感じることがあります。メールの返信内容、タイミング、週末の過ごし方、すべて前の彼と違うと自分の発想も変わってくることがあります。新しい毎日は、自分を新しい気持ちにして、気持ちを前向きにすることができます。

また新しい人を見つけられないで付き合うことができなくても、探すという行為が気分を変えていくことになります。友達と会って合コンを開いてもらったり、自分の殻に閉じこもっていたばかりの毎日からは、卒業することができるのです。

 

・恋愛から離れる

恋愛を忘れるためには、新しい恋愛をするというのが一般的な意見ですが、本当に失恋したては恋愛から離れた方が良いです。新しい彼を昔の彼と比べてしまったり、新しい人と初めての行動をしてみても、前彼との行動を思い出してしまったり、逆効果になるからです。

このような状態と今の彼と付き合いを続けていても、相手にとっては失礼です。また、さみしさのあまり、遊びの人間と付き合ってしまったり、それによってさらに自分を傷つけてしまったり、新しい相手を探したいという焦りの気持ちは更なる悪循環を招く事があります。弱っている人間には、言葉巧みに近づいていてくる人間もいます。

もう彼は自分のところに戻ることはないのです。それを受け入れて思い切って恋愛がら離れてみましょう。失恋の痛手が大きいと、それしか見えていない今だと思いますが、恋愛以外にも楽しいことは世の中にはあるのです。

 

自分の中で解決

・とにかく予定を入れる

考える時間があると、思い出してしまう事が多いです。ですから、そんな暇がないくらいに予定を入れましょう。要はひとりで考える時間を減らしていくのです。

友達と買い物食事、映画温泉旅行など今まで休日でも彼に遠慮してできなかったことも、思う存分楽しみましょう。

今までいつも念頭にあった彼からの連絡を気にしなくてもよいのです。自由な時間を感じることが出来て、悩みなんて小さなことと考えの転換ができるかもしれません。心から楽しい気持ちになることが大切です。

 

・スキルアップをする

失恋は自分の心に大きな影を落とします。何がいけなかったんだろう、自己嫌悪に陥ることもあるかもしれません。今までと同じならまた同じことを繰り返してしまう、そんなときにお勧めなのは習い事をする事です。

それは趣味を深めるためでも、仕事のための資格の勉強でもよいのですが、一つの分野を極めていきます。人は得意な分野持つと自信を持ち、元気ややる気もでてきます。

失恋をして落ち込んでいると何もかも嫌になることもあるかもしれません。自信を取り戻すために、習い事を始めましょう。

交友関係が広がって自分にとってよいことも起こりますし、夢中になっている間に、きっと忘れられない彼を頭の淵に追いやることができますよ。

 

【まとめ】

忘れられない恋愛はいつまでも引きずりやすく、きちんと完了するまでに時間が掛かるものです。新しい恋愛を無理に始めてうまくいけばよいのですが、うまくいかない場合はさらに傷つく事になります。

その持て余した時間は落ち込むための時間ではなく、新しい自分の為の時間なのです。あなたがもし、いま、傷つき、部屋に一人で閉じこもっているのなら、無理にとは言いませんが軽い散歩に出かけましょう。

目的は持たないでください、買い物や、どこかに行く用事ではなく、近くの公園や、ただただ大通りを歩きましょう。いつもと違うものが見え、音が聞こえます。いろんな色や光が見えます。

そんな当たり前なことが心地よい刺激となって少し心が軽くなると思いますよ。自分だけがこんなに辛いことはないんだと、みんな経験してこうして頑張って働いてるんだと、友達の前で笑ってるんだと。あなたを成長させてくれるはずです。

この記事があなたの心に届くことを願いっています。

ありがとうございました。

エス

65,690 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。