嫌な女になってない?男が嫌う誤解されやすい言葉と愛される魔法の言葉

恋愛-女性-

 

嫌味だと誤解されやすい否定の言葉を知ろう

最近彼氏が冷たい態度を取る、なんだか私って愛されてない気がするなんて感じているあなたは、今がチャンスです。
どんなに顔が可愛くても、どんなにスタイルが良くても、男に嫌われる女性が存在します。
それは相手が誤解するような嫌味な発言が多い女性、そんなあなたに彼氏も「別れたい」と愛想を尽かしてしまうのです。

せっかく彼氏が連れて行ってくれたラグジュアリーと評判のレストラン、でも実際に行ってみるとどちらかといえばファンシーな雰囲気のお店だったとします。
そんなときに何気なく「もっと豪華な雰囲気のお店だと思った」なんて言ってしまうとどうでしょう。
彼氏はあなたの発言に、自分のデートプランを否定された気分になります。

どうして彼氏はあなたのその言葉を嫌がるのか、それはあなたが彼氏の同意を求める意見だと思っていても、彼氏にしてみればただの自分に対する文句だからです。
一体男性はどんな言葉を嫌うのか、何を言うとどう誤解されやすいのかをご紹介します。
そしてどんな男性もたちまちあなたを好きになる魔法の言葉で、離れてしまった彼の心を引き寄せましょう。

 

【人は否定されると怒りを感じる】

 

・否定=責められている

彼氏が彼女から「もっと豪華な雰囲気のお店だと思った」と言われたときに思うのは、自分が選んで予約したレストランが彼女の好みに合わなかったということです。
彼女は悪意も企みもなく、「あなたもそう思ったでしょ?」と同意の気持ちで言った言葉でも、彼氏にその意志は全く伝わっていません。
ただ彼女を落胆させたということと、そして自分の提案を否定されたことでショックを受けています。

人は自分の意見や考えを否定されると、責められているとマイナスな方向へ捉えることがあるのです。
だから彼女の言葉も彼氏にしてみれば「期待外れな店に連れて来られた文句」に聞こえてしまいます。

 

・~の方がいい、は禁句

「~だと思っていたのに違うだね」、「~よりも~の方がいいな」、「~じゃなくて、~じゃないの?」など、片方を貶してもう片方を褒める言葉を使っていませんか。
このような話し方はあなたにそんなつもりがなくても、文句、否定だと勘違いをされてしまいます。

これでは彼氏だって、いつも文句ばかりで自分の意見を否定する気の合わない彼女だと思ってしまうでしょう。
その原因は、ただ彼氏の提案を下げる意見を言っていることと、代替え案を出さないところにあります。

「もっと豪華な雰囲気のお店だと思った」だけでは、彼氏は「せっかく連れてきたのに、希望通りではないからと文句を言うなんて」と怒るでしょう。
代替え案も出さないので、「文句を言うだけ言って自分からは何もしないのか」とますます怒ってしまいます。

ではどうすればいいのか、それにはちょっとした言い方のコツと、そして付け足すとたちまち彼氏の機嫌が良くなる言葉を使うことがポイントです。

 

【彼氏の提案を褒める、自分も提案する】

 

・マイナス面をプラスに言い換える

「もっと豪華な雰囲気のお店だと思った」ではなく、「豪華な雰囲気のお店だと緊張するから、可愛くて居心地が良いお店で良かった」という言い方にしましょう。
デート中に雨が降ってきたら「雨降ってきちゃったね」ではなく、「雨の日のデートもロマンチックだね」と言い換えます。
マイナスイメージをプラスイメージに言い換えることで、彼氏は「連れてきて良かった」とあなたの言葉を嬉しく思うのです。

 

・ポジティブな言葉を付けたす

なかなかうまい言葉が思いつかない、そんなときはポジティブなイメージを持たれやすい提案方法をおすすめします。
「もっと豪華な雰囲気のお店だと思った」ならば、そこで言い終わるのではなく「でも、こういうお店も楽しいね」と付け足しましょう。
「雨降ってきちゃったね」の場合は「寒くない?大丈夫?どこかカフェに入って温まろうか」と彼氏を気遣うのもアリです。

ちょっとした言葉を付け足すだけでも、言葉の印象がガラリと変わります。

 

・何気ない言葉も一工夫すると愛され女子になれる

何気なく発した言葉も、積み重なれば嫌われる原因となってしまいます。
大好きな人とずっと一緒にいたいと思うなら、普段相手に話しかける言葉にも一工夫を入れましょう。
ちょっとしたことに気を遣うだけで、あなたは今日から愛され女子になれるのです。

エス

74,277 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。