社会人になってからの告白の言葉は色々難しいですよね。

社会人になると、何かと恋愛というものが遠のいてしまいがちになりませんか。

好きな人が出来ても、なかなか告白できずに、仕事の忙しさを言い訳にしながらそのままになってしまったりということも。

今回はそんな社会人が恋愛で一歩前に踏み出せるように、どのような告白のタイミングや言葉が相手に受け入れてもらいやすいのかみていきましょう。




 

■社会人になると告白が難しくなる3つの理由

 

まずは、社会人になるとなぜ告白が難しくなってしまうのかということを考えてみましょう。

 

・失敗するのが怖いから

告白して失敗するということは年齢関係なく怖いものですが、恋愛経験の浅い学生時代は「好きになった勢いにまかせて」ということもあったことでしょう。
しかし、社会人になると、ある程度の恋愛経験を積んだことで失恋の痛みをリアルに想像してしまい、告白に踏み出せなくなってしまうことがあります。
さらに、好きになった相手が仕事関係の人だった場合、告白して失敗した後の仕事への影響を心配してしまったりもします。学生ならちょっと距離をおけば済みますが、仕事関係では連絡をとらないわけにはいきませんし、ギクシャクした関係になると他の人にも迷惑がかかります。
職場恋愛の失敗はリスクが高いと感じてしまいます。

 

・時間がなくなったから

学生時代は、自由な時間も多く、好きな相手とはいつでも顔を合わせることができました。
しかし、社会人だと同じ職場でもないかぎりは毎日は会えなかったり、二人きりになったり、デートをする時間もとれないなど、告白するタイミングがないということもあります。

 

・告白せずに関係が進んでしまう

恋愛経験の浅い学生のころは、必ず告白をしてから付き合うという順番がありました。
ところが、社会人になるとなんとなく一緒にいて、二人でデートをしたりお酒を飲んだりしたりしているうちに関係が進んでしまうということがあります。

 

このように社会人になると、学生時代よりも告白に対するハードルが高くなってしまいます。特に、告白に失敗して傷つくことや、仕事への影響といったリスクを考えてしまうことは大きな原因となっているといえます。
しかし、告白はやはり恋愛を前進させるための大切な通過点です。

 

社会人でも恋愛に積極的になるには、成功率が高いタイミングや言葉で告白するということが大切になります。

 

 

 

■社会人でも告白するタイミングを見逃さないコツ

 

告白の言葉は最後に扉を開ける鍵に過ぎません。

鍵を挿す前に、まずはタイミングを見極めることが大切です。社会人が告白をする最適のタイミングとはどんな時になるのでしょう。

 

・相手のことを思えているとき

社会人といえども、恋をしているときは盲目になってしまいがちです。相手のことも考えずに自分の気持だけで突っ走ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、特に社会人の場合は、相手のことを考えずにいきなり告白することはNGです。

相手にも仕事があったり都合があるわけですから、自分の気持ちが盛り上がったからといっていきなり告白しないようにしましょう。

 

・相手の仕事が一段落したとき

社会人にとってのベストなタイミングは間違いなくコレです。忙しいときに告白されても、「ちょっと後にしてよ」と言われてしまうはずです。
仕事が一段落したときなら、相手の心も時間も余裕があるので、告白を受け止めやすい体勢になっています。

 

・相手との距離が縮んだとき

学生時代なら、一目惚れしてから玉砕覚悟でいきなり告白ということもありますが、社会人になってある程度の恋愛経験を積んでいれば、それがとてもリスキーだということはわかるでしょう。まずは相手との距離を縮めてから告白しましょう。

そうはいってもどれくらいの距離感なら告白OKなのか難しいですよね。
「用事もなく連絡がくる」ということは距離が縮まった1つの目安となります。
SNSなどで、特に用事がなくても「今何してる?」「おはよう」などの連絡がくるようになったら、相手もあなたのことを気にしている証拠です。

適度に距離が縮まったタイミングで、相手が忙しくしていない時期に告白するということが社会人が告白の成功確率をあげるコツとなります。

 

 

 

■男性から女性に告白するときの言葉

 

さて、告白のタイミングがわかったら、告白を仕上げる最後の鍵、どんな言葉で告白すればよいかということをみていきましょう。

まずは男性から女性に告白するときです。

 

「世界で一番キミが好き」という言葉は告白の定番ワードですが、実は男性から女性に告白するときはこの言葉は避けたほうがよいかもしれません。

男性は「好き」という結論を中心に物事を考えますが、女性は「過程」も重要視して考えます。
なので、女性は世界で一番好きと言われると、「なんで自分が一番?」「二番がいる?」「世界って大げさで嘘くさい?」などと深く掘り下げて考えてしまうことがあります。

 

邪推させてしまうような言葉は使わずにシンプルに気持ちを伝えることが告大切です。

一方で「ずっとそばにいたい」「一緒にいたい」というような、相手に寄り添った言葉は女性の共感を得やすい言葉です。

絶対に使ってはいけない言葉としては、「過去を連想させる言葉」です。「今まで付き合った中で」といった過去に関連した言葉を使って告白すると、一気に女性が冷めてしまうこともあります。

 

男性にとっては終わった過去のことかもしれませんが、女性にとっては今と繋がりのある過去なのです。女性は拡大思考といって現在を過去や未来と関連したイメージで思考することができます。過去を連想させるワードは二人の将来像について余計なイメージをしてしまい不安になってしまうのです。

 

軽い言葉で告白することもNGです。「俺と付き合ってみる?」というような軽い言葉で告白しても真剣味が伝わらないので女性も本当に好きなのか困惑してしまいます。特に社会人ならなおさらです。ガチガチの敬語を使う必要はありませんが、丁寧語を使うなどして自分の気持の本気度を表現することが大切です。

 

感情を言葉で表現するという分野では、どうしても男性よりも女性の方が秀でている傾向にあります。

男性から女性に告白するときは、長い文章でいろいろと表現しようとせずに、シンプルな言葉で気持ちを伝えることが告白の成功率をあげるポイントになります。

 

 

 

■女性から男性に告白する前に

 

次は女性から男性に告白する言葉について考える前に、男性に告白させる方法をみていきましょう。

女性から告白するのってやっぱり抵抗がありますよね。
女性から告白すると、「軽いと思われないかな」とか「付き合ったときのパワーバランスが彼寄りにならないかな」とか考えてしまいますよね。

そこで、男性が告白してくれるような雰囲気を作ってみましょう。

 

告白しても大丈夫かなというくらい二人の距離感が縮まっていたら、男性もあなたに告白するタイミングを狙っていることでしょう。そんな時に、あなたがちょっと告白のハードルを下げてあげれば、男性は安心して告白してくれるはずです。

男性は自尊心が強いので、告白して傷つくことをとても恐れています。

 

「付き合ったら楽しそうだね」「一緒にいたら楽しいね」といった言葉で、さり気なく好意を伝えると、男性側も自信を持つことができるので告白へのハードルがぐっと下がり、告白しやすくなります。

 

 

 

■女性から男性に告白する言葉

 

男性と親しくなっても煮え切らない態度をしているときは、女性から思い切って告白してみるということも1つの選択肢です。

女性から男性に告白するときの言葉を選ぶときには、「あまり強くない」言葉を選ぶようにしましょう。

男性は本能的に攻撃が得意で、守備が苦手という性格を持っています。告白されたときに「一生そばにいてください」というような強い言葉があると、尻込みしてしまうこともあります。

 

「好きになっちゃったんだけど」というような柔らかく気持ちを伝えるような言葉を選ぶと男性も受け止めやすくなります。

さらに男性は感情を言葉で表現することが苦手な傾向があるので、告白をされてもすぐに気持ちを表現できないことがあります。

なので、告白したあとの返事は少し待ってあげるようにすると、男性も気持ちを整理しやすくなります。

 

しかし、男性は「察する」ということがとても苦手です。女性としては告白をして返事を待っているつもりでも、男性は返事を待たれているという意識がない場合もあります。また、付き合っているのかどうかわからない状態でズルズル関係が続いてしまうということもあります。

告白の言葉には「付き合ってくれたら嬉しいんだけど、どうかな?」などの今後の展開についての言葉も付け足しておくようにしましょう。

 

 

 

■社会人が告白するときの言葉についてまとめ

 

社会人になると、恋愛の失敗を恐れて告白に対するハードルが高くなってしまいます。そのため、なるべく成功する確率が高くなるタイミングや言葉を考えることが大切です。

 

男性から女性に告白するときは、シンプルな言葉で気持ちを伝えることで、相手に伝わりやすくなります。過去を連想させる言葉や軽い言葉は女性に不信感を与えてしまうので使わない方がよいでしょう。

 

女性から男性に告白するときは、柔らかい言葉で告白すると男性が受け入れやすくなります。また、女性から告白するときはしっかりと付き合ってほしいということを伝えることも大切です。




もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら
下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る