冬の敏感肌を守りぬく住まいの工夫

敏感肌

 

そろそろ冬の到来です。クリスマスイベントにお正月。真冬に野外の風にあたる機会が多くあります。

北風に当たればほっぺがしもやけになりそうなくらいに影響されます。

冬季にはいつも肌が乾燥することが当たり前になっている人も多いでしょう。
しもやけやあかぎれの手前という敏感肌はストレスを感じることで副交換神経と交感神経のバランスが崩れているためでも誘発されます。

心と体のつながりが示唆されていますが、内面からの栄養も十分に行き渡らないという状態に陥ります。

 

■冬の住まいから素肌を守るには?

シミの元になりやすい冬の乾燥肌には肌環境に応じたスキンケアが必要になります。

エアコンにあたることが多い環境である、乾燥やシワにシミ、くすみが増えてきた、肌に疲れが現れている、メイクのノリが良くない、以上の条件が見られたらすでに、肌の初期老化がスタートしていると言えます。

 

そこで初期老化現象には細胞レベルでのスキンケアが大いに求められるます。

もっとも優先されるケアは肌へのストレスの軽減と乾燥しやすい部位への集中的な保湿ケアになります。

肌への環境改善というのはダイレクトな肌へのアプローチができるフェイシャルエステに限らず、日常屋外で肌にまとう大気汚染物質の排除や自動車のデイーデルエンジン排出物質をなるべく纏わないようにすることも含まれています。

 

 

■冬の部屋と素肌のお手入れ方法

とくに顔の中でも乾燥しやすい部位には目元専用のアイパックや保湿力の高い美容液で集中的な保湿ケアを行いましょう。目元の皮膚というのは手で触れてみてもわかるように頬や額などの周囲の皮膚に比べて角質層が薄くできており、皮脂腺も4分の1程度と少なくなっています。

その薄さゆえに、血行が悪く血流が滞るとなると表皮に毛細血管が浮き出ることもあります。下まぶたがむくんでいるひとも多いですよね。
目の周辺の皮膚は皮脂腺、角質層がとても薄いにも関わらず、毛細血管は肌表面にあるためにくすみができやすくもなるのです。

 

普段のお手入れではついつい手が届かない部位ですので乾燥や小じわ、クマが出やすくなるという仕組みです。乾燥しやすい目の周辺を丁寧にスキンケアすることにより、眼輪筋周辺の筋肉もリラックスできるので、パソコン愛用者の目の酷使の緩和にもおすすめです。

日本には春夏秋冬、四季の移り変わりがあるゆえに体調管理も一層気を配ることになります。冬こそ暖房器具よりもラグや毛糸を利用して住まいを暖かく保ち、肌の乾燥を防ぐように工夫してみましょう。

 

■洋服やホットテイで暖かい工夫が美肌の鍵

いつまでもシミ、くすみのない透明感のある肌を保ちたい願望は女性の永遠のテーマです。顔と体は繋がっているために、身体の健康状態がシミやくすみになり肌にも現れてくることがあります。

多くの女性の身体は冷え症による症状で悩ましい状態にありますよね。なぜ女性の身体は冷えやすいのかということ、冷え症対策に至るまでご紹介していきます。

女性の身体は筋肉量が少なく熱を自家生産できにくい状態です。そのために血行不良を引き起こしやすく、心臓に血流を押し出すポンプが弱い状態にあります。

 

体質的に月経量が多い人も貧血状態になりやすい傾向があります。偏食傾向がある、喫煙者である、不規則な生活環境にある人も身体の冷えを作りやすい人です。
さらに、私たちの身体には冷えやすい部位と冷えにくい部位があります。

例えば、冷えやすい部位は首回り、腰まわり、下腹部、手足の先、膝周の冷えなど。

 

こうした冷えやすい部位には、首回り、手首を覆う服飾を選んで冷やさないように気を配るといいですね。
着膨れを防ふためにもパイル地などの薄手インナーを用いて身体の熱を逃がさない工夫をしたいものです。

 

シミのない肌は顔のスキンケアだけに限らず、ボディスキンケアも重要になります。
体を温める作用のあるジンジャー入りのお茶を飲みましょう。

私たちの体はリラックスしている状態にある時には副交感神経が優位に働いています。
緊張状態や不安な心理状態が継続的に起こるとやがて睡眠不足に陥り交感神経の働きが活発化します。

睡眠が満足に取れないと免疫力の低下、呼吸の浅さが目立つようになり体全体の不調にもつながることになるのです。シミに抵抗や肌の修復に必要なホルモンの分泌も低下して行きます。

まずは規則正しい生活リズムの実施が先決です。さらに保湿成分配合と血行促進効果の期待できる保湿泡パックなどのスキンケアで代謝アップを図りましょう。

高麗人参、ビタミンA、ビタミンE、イチョウ葉エキスなどの保温効果と保湿成分を上手に取り入れたスキンケアでシミのない透明な肌へ導きましょう。

 

【まとめ】

女性の体はほんとうにデリケート、間接的な環境要因も美容の大敵になります。

ここでは衣、飲食、住環境、を整えて体を保護すること、外部の刺激物を避けることもおすすめしてきました。

日々のちょっとした注意と工夫で寒い時期でも代謝活動をあげて美しい肌をキープしておくことができるということをご紹介しました。

 

エス

78,376 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)