付き合っている相手に結婚を意識してもらう方法

付き合っている相手に結婚を意識してもらう方法
恋愛-女性-

順調に付き合っている相手と結婚したいけど、気持ちを打ち明けるのは難しいものです。ただし、次のステップに進むためには、何か行動を起こさないと相手に伝わりません。結婚するというステップは二人にとって重要です。しかしながら、全く考えていない場合も、とても前向きに考えていることもあったり、双方の考え方がズレている場合があります。その考え方のズレを修正したり、同じ方向にもっていくためには、結婚したい意志がある人が相手に気づかせるか気持ちを打ち明けていくしか方法はありません。結婚したい気持ちを相手に気づかせるためには、どうしたらよいのでしょうか。相手と別れたくないときは、伝え方や内容に慎重になったり、注意すべきところもあります。

親や友人を紹介する

マッチングアプリや、趣味での出会いですと、相手の周囲の人に全く会うことがなくお付き合いが進んでいきます。学校や職場、友人同士の出会いでしたら、ある程度その人の周囲のことを最初から知っていたり、集団の中での相手の様子を理解していますが、個人的な付き合いから始まるとそのようなことを全く知りません。相手の周囲の人に自分を知ってもらうためにも、自分の周囲の人に相手を知ってもらうためにも、親や友人に紹介したりしてもらうことは重要なステップになります。自分の本気度が伝わりますし、親に紹介するということは勘の良い人なら、結婚を思い浮かべます。
結婚したい気持ちが強すぎて無理強いしても嫌われてしまいますし、無理な押し付けは避けたほうが良いです。親やきょうだいは遠慮しても、友人なら会ってもよいと思える人もいます。恋人がどのような友人と仲良くしているか知りたい時もありますし、友人なら会ってくれる時があります。自分が会ってもらうことに成功したら、自分も相手の友人や家族に出会えるように希望も言えるようになってきます。
もし自分が相手の周囲の人に出会えるようになったのなら、さりげなくアピールするのも作戦です。周囲の人をうまく巻き込んで味方につけておけると、いざという時に助けになったりもします。

子どもや仕事のことなど将来的な話をする

付き合っている恋人同士が普段する会話は、趣味や友人のことプライベートの話が多いですが、ここは思い切って子供や仕事のことなどを振ってみてもよいです。特に子供のことは、将来に大きくかかわってきますし、子どもの有無の相談は結婚の前によくしておいた方が後々トラブルにはなりません。子供の話は具体的な話でなくても、好きかどうか欲しいかどうかなど、楽しいイメージでできるとよいです。なんとなく将来の話が楽しくできることが理想的になります。
また、共稼ぎになるのか専業主婦でよいのか、パートに出るのかなど将来の働き方について話すことができると、将来について考えていることが伝わります。二人で過ごす将来のイメージができるような会話をするのが望ましいです。
ただ楽しくお付き合いを続けているだけという状態より、結婚など将来のことを考えているようなら、日頃から自分は将来を考えている話を取り入れ相手の反応を見ておくことをお勧めします。最初は興味がなくても、相手がだんだん乗ってくるようになったり、気持ちも変わってくることがあります。相手も前向きに考えてくれるようになるかもしれません。話している間にイメージが固まってきたり、楽しいイメージが持てるようになるとよいです。

結婚願望があるか直接聞いてみる

周囲の人に紹介してもらったり、将来的な話をしても、はぐらかされてしまったりイマイチ反応が見られない人もいます。単に気づいていないだけか、あえてスルーしているのかはわかりませんか、十分に相手からの意志が伝わってはきません。このような場合は直球で結婚願望があるか聞いてみるのも一つの手段です。直球で伝えることで必ず相手の反応はわかりますし、自分の意志も伝わります。
ただし、返事を即したり、嫌な顔をしているのに何度も話をするのは避けたほうが良いです。結婚というデリケートな問題を出すことで、急にお付き合いに緊張が走って、相手が引いてしまうこともあります。また、ここで結婚の意志がないことを相手が打ち明けてくることもあります。この場合、最悪別れを考えないといけません。
ただし、女性には妊娠のタイムリミットがあり、適齢期に差し迫り子供が欲しい場合は、ここで別れを視野に入れることも想定したほうが良いです。自分の貴重な時間を無駄にしないためにも、つらい選択になることがあります。しかしながら早い時期に決断ができたことで、新しい出会いに目を向けられたり、結婚しない今の相手に踏ん切りがついて相手と離れることができます。結婚したいのか、今の相手と付き合いたいのか選択を迫られることになりそうです。

まとめ

結婚というカップルにとって重要なステップは、どちらかが最初に打ち明けたり、行動に移さないと先に進むことはできません。親やきょうだい、友人を紹介してもらったり、自分から子供や将来の仕事について話をしたり、それでもわからないときは自分から直球で話をしてみるのも方法です。
ずっと相手との関係があいまいでわからないままですと、自分の時間を無駄にして、結婚願望がない相手と付き合うことになります。そのまま膨大な時間を使って付き合ったけれど、結果結婚できなかったということもります。
子供について希望がある場合、安全に安心に産むために、女性の年齢が若いことが良いことがあります。このような点を踏まえて、今付き合っている相手と結婚を考えるときは、話をしていけるとよいです。

エス

661,508 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。