近年は婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが主流

恋愛-女性-

 

男性からプロポーズされた時に、一緒に添えられる「婚約指輪」。婚約指輪は、婚約用の指輪なので、結婚指輪をもらったら出番が無くなるのが通常です。しかし、せっかくもらった高価な指輪ですから、それっきり使わないのはもったいないですよね?そこで、近年の女性は、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするのが流行っています。

 

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするメリット

・手元がおしゃれになる

シングルでつける指輪も素敵ですが、重ね付けすることで、一際オシャレになります。その輝きは、シングルの指輪にはない魅力があるのです。

・喧嘩した時でも冷静になれる

愛を誓い合った二人でも、時には喧嘩することもあるでしょう。そんな時は、「もう嫌!」となるかもしれませんが、手元の指輪を眺めてみてください。そうすれば、プロポーズされた時の喜びを思い出して、冷静になれるはずです。

・無くさない

婚約指輪を無くさないように、引き出しなどに閉まっておく女性が多いですが、それって逆に失くしやすいんです。存在を忘れてしまうので、どこに閉まったか忘れてしまうんですね。しかし、重ね付けしておけば、いつも手元にあるわけですから、無くすリスクが減ります。「うっかり外れちゃわない?」と思うかもしれませんが、指輪が外れればすぐに気づきますから、心配は要りません。

 

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするデメリット

・傷つきやすい

指輪同士がぶつかるため、傷つきやすくなります。なるべく傷をつけないためには、指輪に隙間ができないデザインを選んでください。例えば、リングのサイズを合わせるとか、リングのカーブを合わせるetc、などです。或いは、傷がつきにくい素材を選ぶのもいいと思います。ハードプラチナやパラジウムは傷がつきにくいです。

・デザインが合ってないと違和感しかない

婚約指輪を購入する時は、必ずしも重ねづけを視野に入れているとは限りません。そのため、重ね付けすると決まった時は、ある程度デザインを合わて、もう一つの指輪を購入しないと、ミスマッチになります。だから、婚約指輪と結婚指輪は、最初から重ね付けするつもりで選んだ方が良いでしょう。近年は、セット販売されていることも多いので、それを選べば間違いは起こりません。

 

重ね付けに隠されている素敵な「意味」

重ね付けが流行っている理由は、おしゃれだからだけではありません。そこに隠されている「意味」に共感する女性が増えているのです。

・重ね付けは「永遠の愛」を表している

結婚指輪を婚約指輪で閉じ込めることで、「永遠の愛」を表現しています。結婚生活が長くなると愛や感謝は忘れがちになりますから、それを再確認できるのは素敵ですね!

 

重ね付けする指輪の選び方について

重ね付けする指輪を選ぶときは、次のポイントを意識してみてください。そうすれば、失敗は少なくなるはずです。

・同系色で揃える

なるべく、同系色で揃えてください。その方が、統一感が出て違和感がなくなります。カラーチョイスのセンスに自信がある人は、あえて揃えなくてもOKです。そうすることで、指先に立体感が出ます。しかし、それはハイセンスが求められるため、やはり同系色で揃えた方が無難です。

・デザインを揃える

なるべく、デザインを揃えた方が、統一感が出ます。例えば、ストレートの指輪にはストレートの指輪を、S字の指輪にはS字の指輪を、といった感じです。もちろん、あえてデザインを変える方法もあります。しかし、つけ心地や見た目に影響が出るので、揃えた方が無難です。

・セット購入する

重ね付け用の指輪を、セット販売しているブランドが増えています。それも購入すればちぐはぐさはありませんから、バッチリです!セット購入は、個別に購入するより安く済ませられるので、何かとおすすめです。

 

【まとめ】

このように見てみると、婚約指輪への考え方が変わった女性も多いのではないでしょうか?これからプロポーズされる機会があった時は、重ねづけを視野に入れてみてくださいね。

エス

74,550 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。