「オルチャンファッション」とは?その特徴とオススメ通販サイト

ファッション

 

数年前に日本に到来した「韓流ブーム」。今では、寒流ブームもある程度落ち着きましたが、その名残はまだ健在です。そんな中で2017年の現在「オルチャンファッション」という言葉が台頭しているのをご存知でしょうか?

 

■オルチャンとは?

オルチャンとは、韓国のインターネット上で生まれた造語です。「オルグル」と「チャン」を組み合わせていて、直訳すると「最高の顔」という意味になります。つまり、男の子の場合は「イケメン」で、女の子の場合は「美人で可愛い」ということになるんです。

実は、日本でも、このオルチャン女子を目指す女の子が急増しているんですよ。

 

■オルチャン女子を目指すにはファッションも重要です!

前述したように、オルチャンは「最高の顔」という意味ですので、オルチャンを目指す際に、コスメに走る女の子が目立ちます。もちろん、その目指し方は間違ってはいませんが、本場の解釈では「ファッションも含めてオルチャン」とされているんです。

したがって、日本でオルチャン女子を目指すなら、韓国のファッションカルチャーに敏感でなければなりません。そんな時には、韓国女子ご用達の通販サイトを覗いてみるのがおすすめです!

 

 

■オルチャン女子を目指すならチェックしておきたい韓流ファッション通販サイトとは?

それでは、ここからはおすすめの韓流ファッション通販サイトを紹介していきたいと思います。

もちろん、日本にいながら購入できるので、毎日でもチェックしておいてくださいね!

 

・STYLENANDA

韓国で1位2位を争う人気を誇っているのが、こちらの「STYLENANDA(スタイルナンダ)」です。カジュアルなファッションも揃っていますが、どちらかと言うと、個性的な傾向かもしれませんね。

だから、「唯一無二なオルチャン系を目指したい!」というリピーターが多いです。しかも、一点一点がプチプラ(「プチプライス」の略で「安い」という意味)だから、お財布事情が苦しい女の子でも購入しやすいんです。

それらの点を踏まえると、10代の女の子に人気がありますね。ちなみに、こちらのショップではコスメも一通り揃っているから、オルチャンメイクを追求したい女の子もチェックしてみてください。

もしかしたら、このサイトだけチェックしておけば、オルチャンを目指すには十分かもしれませんね。ちなみに、こちらのブランドは原宿に日本初の店舗が上陸しています。「手にとってじっくり商品を選びたい」という女の子は、足を運ばないわけにはいきませんね!

 

・GOGOSING

こちらも、本場韓国では1位2位を争っている通販サイトです。前述したサイトは
10代向けの印象が強かったのに対して、こちらのサイトは20代の女の子にも定評があります。強みなのは、「流行の紹介が早い」ということ。そのスピードは、鮮度そのままに日本にも届いてくれます。

だから、「韓国の流行をいち早くチェックしたい」という女の子は観覧必須ですよ!用意されている洋服は、ガーリー系が中心です。カジュアルでシンプルなデザインが多いから、大人可愛いファッションを目指したい20代女子でも「痛く」はならないでしょう。

もちろんプチプラですからリーズナブルな点も見逃せません。

 

・Frem

こちらは、20代~30代の大人女子に人気がある通販サイトです。「大人ファッションを可愛い方向から入っていきたい」場合にぜひチェックしてみてください。こちらのサイトは、作られた当初はそこまで注目されていませんでしたが、口コミが広がって確固たるリピーターを獲得しています。

だから、いっときのブームに左右されない、信頼感のあるアイテムが魅力なんです。これって、大人ファッションを目指す女子としては嬉しい背景ですよね。コーディネートの参考になるシルエットも多数用意されているので、覗いているだけで勉強になると思いますよ。

 

◎Bagazimuri

韓国には、日本で言うところの表参道に当たる「カロスキル」というスポットがあります。つまり、若者ファッションの発信スポットですね。そのカロスキルに店舗を持っているブランドがこちらの「Bagazimuri」です。

だから、「10代向けのファッションが中心なのかな?」と思うでしょうが、意外にも30代向けの大人ファッションも取り揃えられています。ジャンルも幅広くて、ガーリールック、ボーイッシュ、大人可愛い、セクシーetc、なんでもござれ!

もちろん、全部最新トレンドです。それでいてプチプライスだからどんなわがままも通用しちゃうブランドとなっています。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?今回は、オルチャンファッションに焦点を当ててみました。大きな韓流ブームは通り過ぎたとはいえ、韓国のファッションカルチャーは今も日本に強く残っています。

したがって、2018年に入ってもその存在感は健在でしょう。今のうちにオルチャンファッションをチェックしておいて、ブームに乗り遅れないように準備しておいてはいかがでしょうか?

 

エス

42,278 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。