トイレをプチリノベして快適空間に!真の女子力もアップだ!

 

 

以前「トイレの神様」という歌がヒットしましたが、覚えていますか?

トイレには女神さまがいて、トイレをキレイにすると、女神さまみたいにべっぴんさんになれるんだよっていう歌詞でしたね。

また、会社やお店のトイレを見れば、その会社やお店がキチンとしているのかどうかがかわかる、などとも言われますね。そう、トイレは、玄関などと共に、その家、会社、住んでる人の「顔」や「名刺」なんです!

さてさて、あなたのおうちのトイレはどうですか…?

ちょっとあまり他人には見せたくない…というような状態になってはいませんか?

もしそうなら…まずはトイレから!つまり、「顔」をキレイに洗ってあげましょうよ!

そして、メイク(プチリノベ)して、ついでにあなたのココロもべっぴんさんになっちゃいましょう。

何事も最初は小さな一歩から。トイレを素敵な空間にする事によって、他の部屋も、そして部屋がキレイになれば、気持ちもスッキリして、女子力もアップする事間違いなし!

それに、トイレが汚れていて、もし友達や彼氏に見られたら、幻滅されてしまいますよ。あなたがたとえ美人だったとしてもです。くれぐれも「あー、こんな人だったんだ…」なんて思われないように…。

 

1.まずは、トイレをキレイに

 

トイレを自分好みにプチリノベする前に、まず汚れを掃除して、清潔にしましょう。なんと言ってもトイレで汚れている部分と言えば便器ですね。

築年数の浅いマンションなどでは、トイレも最新式で、まだキレイかもしれませんが、年数が経過してくると、どうしても便器がくすんできたり、汚れがとれなかったりと、ピカピカからは程遠い状態かもしれません。

ですが、今は、色々なおそうじグッズや洗剤がありますので、必ずキレイになります!

まず便器を掃除するブラシですが、下の写真のようなタイプのものが、オススメです。

100円ショップでも似たようなものがありますので、使ってみて下さい。ブラシの先の部分が丸くなっていてこすりやすいです。

日常の汚れなら、便器用洗剤と、ブラシで落ちますが、しつこい黄ばみ汚れの場合は、酸性洗剤を使いましょう。

黄ばみの原因は、アルカリ性の炭酸カルシウムですので、酸性洗剤で、中和させてやるのです。掃除の仕方としては、黄ばみ汚れ部分にティッシュペーパーを置き、洗剤をかけます。

1時間ほどしてから、ティッシュを取り、水拭きして下さい。次に頑固な汚れと言えば、水たまり部分の黒ずみですね。こちらもブラシでこすってもすぐに黒ずんでくるしつこい汚れですが、オススメは、こちらです。

 

小林製薬 トイレ洗浄中 さぼったリング

 

水ぎわの黒ずみ汚れ専用との事なのですが、水たまり内の黒ずみもよく落ちるのでオススメです。

使用法も簡単。水たまり部分に粉末サッとを入れるだけ。

 すると強力に発砲し、除菌・洗浄します。あとは、1時間ほどそのままにして、流すだけ。定期的に使用すれば良いでしょう。

トイレの掃除に便利なものとして、オススメな製品があります。トイレ掃除グッズと言うわけではないのですが、意外と便利なのが、ハンディクリーナー。

充電式 ハンディークリーナー

充電式 ハンディークリーナー [品番]07-3772

トイレのような狭い場所に、小回りのきくハンディクリーナーが非常に重宝します。床はもちろん、小さい棚や、ちょっとした部分に溜まったホコリや小ゴミなど、簡単にお掃除する事が出来ます。ただしハンディクリーナーでも、充電式が良いです。トイレの他にも髪の毛などがよく落ちる洗面所の床など、常に手軽にキレイに保つ事が出来ますよ。

これらの他にも、便器のふち裏を掃除しやすいコンパクトなブラシなども売られていますし、最近は掃除しやすいように様々なグッズがありますので、楽しくお掃除しちゃいましょう。

 

 

2.温水洗浄便座(ウォシュレット)も忘れずに

 

便器はキレイに掃除しても、つい日頃掃除し残してしまうのが、温水洗浄便座部分になります。

まずは温水洗浄便座本体の目に見える部分を除菌クリーナーなどを使って拭きましょう。

 

クリーナークロス除菌用

 

便座の裏側もキレイに拭いてくださいね。

何と言っても温水洗浄便座で一番汚れる部分と言えば、ノズル部分です。ステンレス製のノズルの場合、あまり汚れは付着しませんが、それでもきちっと掃除してあげましょうね。

こちらも上記のクリーナークロスなどを使って汚れを拭き取ります。ノズルの引き出し方については、製品ごとに違ってくるかと思いますので、温水洗浄便座の使用説明書をよく読みましょう。

これで、温水洗浄便座の掃除はおしまい!

と思いきや…まだあります。そうです。普段からまめに掃除されてる方ならおわかりでしょうが、温水洗浄便座本体と便器の間部分、通常は目に見えない部分なのですが、ここに汚れが溜まっている事が多いんです。

そんなところ簡単に掃除できないのでは!?とお思いの方、いやいや実はこれも意外と簡単で、たいてい温水洗浄便座の横の部分にボタン等があって、その少し大きめのボタンなどを操作して、温水洗浄便座本体を簡単に前方にずらしたりする事が出来るんですね。

このあたりの操作方法は、もちろん機種により様々だと思いますので、こちらもお使いの温水洗浄便座の取り扱い説明書をお読みください。

 

◇ここで、掃除とは関係ありませんが、温水洗浄便座の使用法について一言◇

温水洗浄便座を使用する事により、おしりを清潔に保つ事が出来るわけですが、使用方法を間違えると、逆におしりのトラブルにつながってしまう事があるのです。

そういったトラブルの事を「温水洗浄便座症候群」というのですが、主な原因としては、洗いすぎ、つまり、常に温水洗浄を行っているとか、一回の洗浄につき、長時間洗いすぎているなどです。

その事により、肛門の皮脂や常在菌まで洗い流してしまい、逆に肛門まわりに抵抗力がなくなったり、肛門まわりが乾燥してかゆくなったりしてしまうのです。

対策としては、あまり使いすぎない、洗浄後は、トイレットペーパーで強くこすらず、軽く水分を拭き取る程度にする、あるいは、洗浄の時間は10秒以内にする、などがあります。

また、洗浄の勢いも、強すぎると肛門をキズつけてしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

 

 

3.トイレをDIYでプチリノベ

 

さて、トイレをピカピカに掃除して気分が良くなったところで、いよいよDIYプチリノベに挑戦です!

キレイになっただけでも気分が上がりますが、ここからが本番です。

トイレを自分好みに模様替えして、お気に入りの癒し空間にしましょう!

いきなりDIYなんて出来るかな?なんて難しく考えずに、少しずつやっていけば楽しいですよ。

何しろトイレの中は狭いですからね…とは言うものの水回り部分ですから、気をつけるべきところは気をつけてやっていきましょう。

さて、トイレの中と言いますと、どんなモノがあるでしょうか?

狭いと言いましたが、狭いだけにすぐ思いつくと思います。まず、「トイレットペーパーホルダー」そして「タオルハンガー」、「掃除用ブラシとブラシ立て」、「トイレットペーパーなどを置いておく棚」、「スリッパ」、「トイレマット」、「その他小物」など、モノと言えばこれくらいでしょうか。

その他、DIY出来る箇所としては、床(クッションフロア)、壁クロス、これくらいだと思います。

いきなり壁紙やクッションフロアをDIYでリノベするのは敷居が高いという方は、小物から変えていきましょう。

出典:https://item.rakuten.co.jp/tremolo/10000119/

ペーパーホルダーも既存の樹脂製のものから、このような木製の棚がついたものに変えるだけで温かみが増しますね。交換もドライバーで比較的簡単に出来ます。

出典:http://www.gigiliving.com/SHOP/kan8948.html

タオルハンガーもシンプルでおしゃれなものに交換しましょう。

ラタン(籐)製のトイレットペーパーラック

出典:https://item.rakuten.co.jp/e-piglet/712220/

さて、小物類を変えてみるだけでもトイレの雰囲気もすっかりおしゃれに変わると思いますが、もっと本格的なDIYに挑戦してみたい方には、壁紙+床(クッションフロア)の変更をオススメします。

最近は、DIYのための様々な種類の壁紙が通販などで購入出来ますし、通販サイト内で、貼り方なども詳しく解説されていますので、じっくり取り組めば、きっと素敵なトイレがあなたの手で完成しますよ。

うちは賃貸だし、そこまではちょっと…と思うかもしれませんが、最近は「剥がせる壁紙」というものがありまして、デザインの種類も豊富ですので、賃貸の方も問題なくチャレンジ出来ちゃうんです!

DIYリノベの一例 WOOD調の温かみのある壁紙

出典:http://roomclip.jp/

豊富な種類の壁紙が購入出来るオススメサイト「壁紙屋本舗」より

出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/

上記のようなサイトなどを見てみると、最近は昔に比べて、DIY用に本当に様々な種類の製品を選択する事が出来て、DIY関連商品はここまで進化しているのか、と驚くほどです。

壁紙にしても、失敗しても簡単に貼りなおせるものなどが多いですので、是非楽しみながらチャレンジしてみて下さいね。

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る