• HOME
  • ブログ
  • お金
  • 女性の副収入として注目の仮想通貨。知っておきたいニューロメーションとは??

女性の副収入として注目の仮想通貨。知っておきたいニューロメーションとは??

お金

 

とある論文に目をつけた経済学者が、実行したことから始まった仮想通貨ですが、2008以降、金融の革命商品となりました。仮想通貨に関するネット記事は、数え切れないほどたくさんあります。仮想通貨は次世代のメイン通貨として、銀行の公式配布の通貨よりも価値を価値を持つであろうと言われています。女性のある種副収入としても注目されています。そのなかでも今回ご紹介したいのはNeuromation(ニューロメーション/NTK)についてです。

Googleなどでキーワード検索をかけると、大抵、仮想通貨に関するものとしてひかれると思われるのが、「ビットコイン」や「イーサリアム」といったところでしょうか。それに比べ、「ニューロメーション」というのは、それらより圧倒的に記事数と情報数に欠けます。そもそも、ニューロメーションというとは、簡単に言うと、「誰でもAI が作れるプラットフォーム」です。えっ?と思われた方にもっと簡単に言うと、「AIの技術を持っている仮想通貨」ということです。こういった機能と類似する仮想通貨は他にもあります。ただ、ニューロメーションは「Yobit」と「tidex」といった大きな取引所での上場がされており、他の取引所へも上場が見込まれている仮想通貨となっているのが特徴です。今回はこの「ニューロメーション」の魅力についてご紹介します。

 

他の通貨にない魅力があるから(その理由①)

・AIの進歩を証明している

ニューロメーションは2016年にAIのシステムを導入するすることを目的に構築された仮想通貨システムです。似たようなシステムを持つものは他にもありますが、ここまでAIに特化したシステムを持っているものはなかなかありません。AIの実用は難しいからです。AIはたくさんのデータの収集が必要で、データ分析する必要があり、その中から正しい操作をさせる機能を組み込ませなければなりません。これらには膨大なお金と時間が必要です。それを解決してきたのがニューロメーションです。データの蓄積ができるサーバを設置し、ある程度のサンプルを作成しました。そうすることで、安価なAIを提供できるようになったのです。

・アジアでの流通が活発になる見込み

日本、香港、韓国、インド、シンガポール、台湾などのマーケットで出現傾向が見られます。仮想通貨のアジアでのここまでの流通は、ありませんでした。アジアは、産業が発達し、インフラも整備されつつあり、これから富裕層が増えていく傾向にあります。そこが他の通貨よりも可能性のあるポイントです。また、マイニング報酬がかなり多いです。一般的に、ニューロメーションは他の通貨と比べてみると、約3倍〜5倍の報酬を得ることができます。

 

将来性のある仮想通貨だから(その理由②)

・これからの可能性

はっきりいいますが、ニューロメーションには将来性があります。理由として、まだ出来上がって2年しか立っていないのに、大手取引所が扱い始めているということです。そして、今年(2018年)の3月7日のニューロメーション公式ツイッターで、注目された記載内容がありました。「4/12、上海で、ニューロメーションの成功とブロックチェーン技術について講演がCEOによって予定されている。」といった内容でした。仮想通貨だけでなく、何でもそうですが、流通において1番必要なのが「知名度」です。市場規模かなり大きいと考えられます。

・将来性のある特徴

ニューロメーションは「ブロックチェーン上で管理されている」プラットフォームです。
なので、サービス内で行われるたくさんの情報を全て自動的に効率化されることで運営しております。仮想通貨の安全性に関する多くの問題はメディアでとりあげられてきましたが、取引の履歴や実際に利用していない人第による情報の改ざんができません。そのため、かなり安全性にも優れています。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。今回はかなり難しいコラムとなりましたが、お分かりいただけたでしょうか。仮想通貨について。知識をつけることは、これからの時代を生きていくうえで必要です。また、これから社会をになっていく女性にもこのことは少しでも知っておいてほしいことです。実際にチャレンジしなくとも、この機会に少しずつ学んで行きましょう!

エス

70,128 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。