羽生結弦選手の活躍の裏には家族の支えがあった

スポーツ

 

2018年2月現在。平昌オリンピックが開催されている真っ只中です。日本勢が次々とメダルを獲得していく中で、日本人最初の金メダルに輝いたのは、男子フィギュアスケート代表の羽生結弦選手でした。

なんと、前回のソチオリンピックの金メダルに続き、2連覇と言う快挙!そんな羽生結弦選手の活躍の裏には、家族の支えがあったんです。

 

◎羽生結弦選手とは?

今更感はありますが、羽生結弦選手のプロフィールをざっくり紹介しておきましょう。

羽生結弦選手は、1994年12月7日生まれの仙台出身。スケートを始めたのは4歳からで、お姉さんの影響だそうです。2008~2009年に開催された全日本ジュニア選手権で優勝して以来、めきめきと頭角を現していきます。

そして、2009~2010年に開催された世界ジュニア選手権&全日本ジュニア選手権、ジュニアグランプリファイナル
でも優勝し、注目の選手になりました。

 

◎あまり表に出ない羽生結弦選手の家族

アスリートが活躍すると、その家族にもスポットが当たる傾向があります。だから、家族が顔出しでインタビューに応じることも多いんです。

しかし、羽生結弦選手の家族は表に出てきません。それは、「頑張っているのは本人であり、家族ではない」という親の考えがあるからだと言われています。そんな羽生結弦選手の家族ってどんな人達なんでしょう?

 

◎羽生家はごくごく普通の家族

フィギュアスケートは、大成するまでに莫大なお金がかかるスポーツとして知られています。だから、のびしろがあるにも関わらず、家庭のお金の事情でドロップアウトする選手も多いそうです。しかし羽生家はごくごく普通の家庭だそうです。

・お父さんは中学校の先生
羽生結弦選手のお父さんは、中学校の先生をしているそうです。噂によると、教頭先生を務めているとか。学校の先生は決して高収入ではありませんから、ごくごく普通の家庭だと言えそうです。

・お母さんは主婦
羽生結弦選手のお母さんは、ごくごく普通の主婦。パートなどをして家計を支えていたそうで、羽生結弦選手が着ている衣装を手作りしていたこともあったとか。やはり、こういった地道な家族のサポートがあってこそ、続けられるスポーツなんですね。

・お姉さんはアイスリンク仙台のスタッフ
羽生結弦選手がスケートを始めるきっかけになったお姉さんは、4歳年上。現在は、羽生結弦選手がホームリンクとして使っていた「アイスリンク仙台」のスタッフとして働いています。

 

◎賞金をすべてスケートにまわしていた

前述したように、ごく普通の家庭であることがうかがえる羽生家。一体、どのようにスケート費用を賄っていたのか?本人の努力&持って生まれたセンスにより、羽生結弦選手は早い段階から優勝を重ねます。そこで得た優勝賞金は、すべてスケートに回していたんだとか。贅沢な生活をすることなく、家族一丸で、羽生結弦選手のスケートを支えていたんですね。

 

◎実は喘息持ちの羽生結弦選手

軽やかな身のこなしで、どんどんジャンプをこなす羽生結弦選手ですが、実は、幼い頃から喘息を持っているんです。今でも吸入器を持ち歩いているんだとか。これって、かなり意外ですよね。そのため、喘息も含めた体調管理は、全てお母さんに一任しているんだそうです。

 

◎精神面でのサポートも家族の影響あり

羽生結弦選手は、元々緊張しやすいタイプだそうです。だから、本番前に緊張しすぎて、落ち着きがなくなったり、腹痛に襲われることもあるといいます。

その時は、お母さんが声をかけて「練習通りにやれば大丈夫」とメンタルを安定させるんだとか。

 

◎勉強にも妥協を許さないご両親

羽生結弦選手ほどスケートの実力があれば、学業が疎かだったとしても、おそらく誰も文句は言わないでしょう。しかし、羽生結弦選手のご両親は、勉強にも妥協を許さなかったそうです。

だから、スケートの遠征先でも、参考書を持参して勉強!その結果、羽生結弦選手は中学校も高校も、成績はほぼオール5だったとか。ここまでの完璧人間は、そうそうお目にかかれるものではありませんよね。 

 

◎家族の支えの甲斐もありめきめきと結果を残していく

これらのような家族の支えもあり、羽生結弦選手は、メキメキと結果を残していきます。冒頭で紹介した経歴と少しかぶるところもありますが、改めて紹介しておきましょう。

・2007~2008年シーズンの全日本ジュニア選手権で3位。

・翌シーズンには初優勝

 ・2009~2010年のシーズンで、ジュニアGFで優勝(史上最年少)。

 ・2010~2011年のシーズンでは、シニアデビュー。四大陸選手権で銀メダル。

 ・翌シーズンのGFで2位。

・2013~2014年のシーズンでは、GF初制覇

 ・2014年の2月、ソチオリンピックで金メダル(男子アジア人初)

・2014~2015年のシーズンで、GFの2連覇

・同シーズンの世界選手権で銀メダル

・2シーズンにわたりGFを制覇(4連覇の偉業)

 ・2018年の2月、平昌オリンピックで金メダル

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?羽生結弦選手の活躍の裏には、このような家族の苦労があったんですね。きっと、羽生結弦選手は、これからも更なる活躍を見せてくれるでしょう。ますます、目が離せません!

エス

78,249 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。