アラサー女性を描いた漫画がヒット?こじらせた女性が共感を呼ぶわけ

トレンド

 

■アラー女子の恋愛を描いた作品のヒットが増えている

・大人向けの漫画が増えている理由は

アラー女子の恋愛を描いた作品がヒットすることが増えていて、ドラマ化などのメディアミックスが行われることも珍しくなくなっています。

定期的に少女マンガ原作の映画が映画化されたり、ドラマ化されたりする一方で、若い人間の恋愛にいまいち共感しきれない人が増えているのも事実です。

仕事の忙しさや現実の恋愛の難しさに疲れてしまう女性は多く、大人が共感できる漫画がヒットしやすくなっているのです。

 

2007年には恋愛を半ば放棄した女性を描いた『ホタルノヒカリ』がドラマ化され、話題になりました。ホタルノヒカリの主人公蛍もアラサーです。その後も定期的にアラサー女性が登場する作品がヒットをしていて、『東京タラレバ娘』などリアルにあるあるとうなずけるような作品も登場しています。

日本全体が晩婚化の傾向がありますが、恋愛に注ぐ余力がない人や、出会いそのものが無かったり、近場に良い男性がいなかったりと人によって気になる部分は違います。

悩んでいる女性が増えているだけでなく、悩みが絡み合っているらこそアラサー女性をターゲットにした漫画増えているのです。
『私の少年』などアラサー女性と家庭に問題を抱えた少年の年の差男女の交流を描いた作品もヒットしていて、共感するポイントも変わっているのです。

 

・恋愛スタイルの多様かもポイントになっている

大人向けの漫画がヒットしている背景には、恋愛スタイルや生活スタイルの多様化も影響しています。仕事が出来すぎて恋愛がうまくいかない漫画などが多いだけでなく、どのような人と付き合い、どのような生活をしたいかといった先のことまで考える作品が増えているからです。

不倫などを扱った作品も珍しくなくなっていて、結婚した後に突き当たる彩りのなさなどに焦点を当てたものも存在します。

専業主婦をしようにもそこまで相手に収入が期待出来ないことが多いだけでなく、ある程度自立を考えると子育てと仕事をどう両立するか、そもそも子供を生まないと言う選択をするかといった話も出てきます。

付き合い方も含めて考え方が多様になっているからこそ、様々な登場人物がそれぞれの恋愛観をもって生きる作品が評価されているのです。特に3人程度の主要人物がそれぞれの考えをぶつけ合いながら恋愛を繰り広げる漫画が増えていて、ヒット作に共通する項目にもなっています。

 

 

■メディア側の発信もポイントになっている

・そもそも読書が大人向けになっている?

大人向けの漫画が増えている理由には、主な購買層の年齢が上がっていると言う事情もあります。ベビーブームなどで子供が増えた時代と、少子高齢化が進んでいる現代では主要な客層が大きく異なっています。メディアが主要なターゲットにアラサーを選ぶケースが増えていて、必然的に大人向け作品が増えている部分もあるのです。

 

ただし、同じ年齢層でもそれぞれ好みの層が異なります。子供の頃の習慣で漫画を買っている層や、意識的に良い漫画や作品を探すそうではアピールすべきポイントが異なるからです。雑誌が選ぶ『大人向け女性漫画』の賞なども増えていて、それぞれ狙うターゲット層が違うことがわかります。

ファッション雑誌で特集が組まれることがあるだけでなく、『ダヴィンチ』など普段から本を読む層をターゲットにしたもの、出版社や本屋が選ぶ賞では選ばれる作品が異なります。ただ大賞をとった作品を選ぶのではなく、どのような傾向があるかを知ってから作品に触れると、当たりはずれが少なく、ストレスに感じにくいのがポイントです。

 

・メディアミックスで外れることもある

漫画のメディアミックスでよくあるのが、原作を無視した作品作りや、設定の改変です。漫画に忠実なドラマ化は少なく、原作ファンが不満を漏らすことが珍しくないのもポイントになっています。ドラマや映画から入って原作を読むと違和感を感じると言うケースも多く、ファン層の衝突の火種になる場合もあります。

メディアミックスでありがちなのが、売り出し中の俳優の起用や、売れっ子タレントの起用です。注意したいのは、売り出し中の俳優や売れっ子タレントは抱き合わせ(バーター)で事務所からの売込みがあるケースが多く、不必要にキャラクターが増えたり、設定を変えざるを得ないことが出てくる点です。

 

そのため、漫画原作がなく、予算も無いようなドラマがヒットし、原作があって予算もついたドラマや映画が不発で終わってしまうことも多いのです。
中には全く別のものとしてみた方が良い作品もあるため、切り分けて考えることも大切になってきます。

 

【まとめ】

アラサー女性を主人公とした漫画がヒットすることが増え、仕事と恋愛、将来など複雑な悩みに共感できる作品が増えています。

良質な漫画が増えている一方で、メディアミックスで失敗することも珍しくなく、ドラマを見てから原作を読むと印象が大きく変わることもあります。

ドラマや映画がつまらなくても原作が面白いと言う作品も多いため、口コミなどを参考に探してみるのもおすすめです。

 

エス

74,398 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。