スーパーモデルがナプキンとセルフィーしたその理由は?

トレンド

 

2月13日、Instagramに一枚のある写真が投稿され大きな話題となっています。写真を投稿したのは、ロシア出身のスーパーモデル、ナタリア・ヴォディアノヴァ。『 そう、手に持ってるのは「 ナプキン 」。恥ずかしくなんてない。

だってそういうものだから!以上。 #PadManChallenge (原文:Yes, that’s a Pad in my hand & there’s nothing to be ahamed about. It’s natural! Period. #LetsTalkAboutPeriods #UNFPA #PadManChallenge)』なんと彼女は、手に「ナプキン」を持ってセルフィーをしているのです。

いったい彼女はどうして、ナプキンとセルフィーを撮ったのでしょうか。その理由は、彼女が投稿した写真に使用していた、#PadManChallengeというハッシュタグに隠されているようです。

 

●ハッシュタグ『#PadManChallenge』とは?

 

PadManChallenge(パッドマンチャレンジ)とは、生理や女性の身体への理解・尊厳を訴える取り組みです。

これが今、一般人から俳優まで、世界中で大流行しているのです。数年前に流行した「#IceBacketChallenge」と同様、ハッシュタグ付きの写真を投稿した人が、次の「挑戦者」たちを指名するというルールです。実際にInstagram上で「#PadManChallenge」で検索してみると、すでに25,700件以上の投稿された写真がヒットしました。

【元となったインド映画『パッドマン』】

パッドマンチャレンジはもともと、インド映画『パッドマン』(監督:R・バールキー、出演:アクシャイ・クマール/ソーナム・カプール/ラーディカー・アープテー)の宣伝キャンペーンでした。

「アメリカにはスパイダーマンがいる、バットマンがいる、でもインドには、パッドマンがいる!」主人公は、インドのある起業家。彼は20年前、貧しくて生理用品を変えない女性たちのために、低いコストで生理用品を作る機械を発明したのです。

 

●生理についての論争

 

【世界で起こっている問題】

現在、インドの女性の10%が月経障害に、14%が月経感染症に苦しんでいるそうです。思春期の女の子の20%は「生理」が理由で学校に行けません。

衛生的な生理用品が手に入らないからです。またヒンドゥー教では、生理中の女性や出産後の女性を「不浄」とみなし隔離や監禁をする「チャウパディ」という慣習が現在も残っています。

ネパールでは2018年1月、これを理由に監禁されていた23歳の女性が亡くなり、大きな問題となりました。昨年の10月には、イギリスの生理用品メーカーがあるキャンペーン動画を配信し、反響を呼びました。

今までは青い液体でしか表現されていなかった経血を、「赤」で表現したのです。日本ではまだ、「青」で表現されていますね。

 

【これから、どうする?】

国によっては生理について十分に教えてもらえず、きちんとした教育が行われていないのです。国際女性健康連盟の代表フランソワーズ・ギラード氏は、プレスリリースの中でこう述べています。

「発展途上国に住む多くの女性や女の子たちが、生理用品を手に入れられない、トイレがなくて学校にいけないと、といった様々な困難に直面しています。

そこに、正しい性教育を受けられず、自分の身体にどんな変化が起きるのかを理解していないという問題が加わって、状況を悪化させています。

女性や女の子たちが、性と生殖、そして人権についての知識を得られるよう、私たちは行動を起こさなければいけません」

 

【まとめ】

 「生理」の話は、オープンに話しにくいですよね。ドラッグストアでナプキンを購入すると、わざわざ外から見えにくい袋に梱包されます。「生理痛で休む」と学校に連絡するのは恥ずかしいので、何か他の理由を探してしまいます。

トイレに生理用品を入れたポーチを持っていくと、気まずい視線を送られることがよくあります。皆さんも、同じような経験をしたことはありませんか?

 生理はこんなにも身近で、女性の生活とは切っても切り離せないようなものなのに、どうしてオープンに話題に出すことはできないのでしょう。どうして「恥ずかしいもの」として目を背けてしまうのでしょう。

 世界には、生理を意味する婉曲表現がなんと5000以上も存在しているようです。英語では「フローおばさん」「月のもの」、スウェーデン語では「コケモモの週」、フランス語では「イギリス人が上陸した」――。

 しかし、この#PadManChallengeによって、生理について話したいことが世の中にはたくさんいるということが証明されました。応援してくれる人もいます。これを機会に日本でも、「生理」についてもう一度よく考えてみませんか?

エス

78,267 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。