倦怠期のカップルにオススメの対策とデートスポット!

 

■はじめに

 

大好きな人と付き合っていて、お互いに深い愛情を寄せているような二人でも、いつの間にか倦怠期がやってくることがあります。どのカップルにおいても、倦怠期がやってくる恐れがあります。

 

 

■倦怠期がやってくる時期

 

倦怠期に陥らないように気をつけていても、それでもやって着てしまうことがあります。カップルごとに差はありますが、お互いに慣れて、よく分かり合える1年後くらいが多いようです。

付き合い始めた時はお互いが大好きで、夢中になっているかもしれません。二人で過ごすことが新鮮で、デートの日にはウキウキしていたことでしょう。

しかし、1年経つとお互いの性格もよくわかってくるようになります。素敵だと思っていた恋人の、マイナス面にも目がいくようになるでしょう。また、お互いをよく知ってしまったがために、刺激が少なくなることもあります。

よく分かり合えることは、付き合っていく上でとても大切なことですが、どうしても退屈に感じることがあります。

その時期がまさに付き合いだしてちょうど1年目くらいの時期です。

付き合いだしてからだんだんと時間をかけてお互いをわかってきたのに、逆にそのことでお互いに対して退屈になるのは皮肉な話です。

もし倦怠期がやってきてしまったら、そのときは特に二人で楽しいデートや充実した時間を過ごすようにしましょう、

最初の倦怠期はカップルによって少し差がありますが、別れの危機につながる倦怠期は付き合いだして3年くらいという人が多いです。

付き合い始めてから1年後の倦怠期は、まだそれほど強烈なものではないのですが、3年後の倦怠期は「結局頑張ってもムダ」と感じ、心が折れてしまうのです。そんなとき、その倦怠期をきっかけに別れを考えるということが考えられます。

 

 

■原因

 

倦怠期がやってくる原因の一つは、二人で付き合っていても先が見えてしまうことです。大好きだった恋人はいつの間にかそばにいて当たり前の存在になっているかもしれません。

そのこと自体はとても素晴らしいのですが、同時に二人が今後どうなるか、なんとなく予測がついてしまいます。

「二人で付き合って、このままいったら数年後には結婚して…」というように想像がついてしまうのです。

素敵な未来がやってくる可能性はありますが、具体的な予想がつくと、気分が下がることがあります。

「結婚してもお互いに経済的に苦しいから共働きで、旅行はせいぜい年に1回くらいかな」というような、現実の生活を感じてしまうのです。

具体的な未来が想像できてしまうと、ある程度未来に向かってレールを敷かれていうような気持ちになることがあります。

そのような気持ちが倦怠感を生んでしまいます。

 

 

■やってはいけないこと

 

相手に慣れてしまった検定気には、刺激が感じられないもの。恋愛初期の「好きでどうしようもない」と相手のことばかり考えて一人ときめいたり、デートで着る服を選びながら、自分が最もかわいく見える姿を研究したりした熱心な毎日に比べれば、一通りの恋愛を楽しんだ後に、物足りなさを感じるのは当然。

かといって、刺激的な時間を取り戻すために、相手の嫉妬心を煽るなど、わざわざ波風を立てることはやめましょう。例えば、他の男性の存在をちらつかせるなど。ちょっと相手にヤキモチを焼いてほしくて、彼以外の男性と食事に行くのは、女性としてはたいしたことでなくても、彼を本気で心配させたり、怒らせたりして、最終的に収集のつかない状態にしてしまっては最悪です。

付き合いが長くなると、相手に慣れてしまい、緊張感が薄らいで、素の自分になってしまいます。また、相手への気遣いも無くなってしまいがち。

そんな平和ボケしている状態が原因で、つい「うっとうしい」「めんどくさい」などの地雷ワードを発する危険があります。ついついいってしまった一言ですが、相手を驚かせるか、傷つける可能性の高いNG行動です。相手を傷つけかねない言葉を発しないよう気をつけましょう。

付き合い始めの頃は、毛穴ゼロの肌を目指し、まつ毛は長く、目は大きくと、用心深くメイクします。ムダ毛が残った肌を見せるなどあり得ない。デートの洋服にも気をつけて、ダイエットを頑張る。恋愛初期の女性は、自分自身への気合の入れ方が半端ではありません。

それなのに、相手に慣れてしまった倦怠期に入ると、いつもノーメイク、休日のデートはラクチンな服。ハイヒールなどあり得ない。ムダ毛も「まぁちょっとくらいならいいか」と、身繕いが適当になってしまいがち。「気を抜ける相手の方が、長く付き合える」とは言いますが、自分に手をかけないにもほどがあります。相手のためにも、自分のためにも、「まぁいいか」はやめにしなければいけません。

 

 

■対処方法

 

相手のことを考えていて時間を、自分について考える時間に充てます。本を読んでもいいし、映画を観にいってもいいですが、彼なしで、一人ですることを進んで楽しみます。ダイエットや仕事に集中するもオススメです。そう、自分磨きの時間と心得て行動する時なのです。

一度、相手の存在を頭から追い出して、相手と距離を置くことで、改めて相手の存在価値に気づけるはずです。

上記とは逆に、努力して二人の時間を作ることで

「あ!やっぱり彼と一緒にいると楽しい」

と気づくこともあります。

例えば、長時間二人きりで過ごす旅行は、自分と相手の関係を見直しやすい時間です。ただ、一つ注意したいのは、旅行が盛り上がらない可能性があるという点です。そこは旅行前に「脱倦怠期」「倦怠期を楽しむ」など、旅行の趣旨を共有すると、つまらない旅行になる危険を回避できます。

「最近慣れちゃって刺激がないから、二人で刺激を作ろう」など、ポジティブに、相手と旅行計画を立ててみてはいかがでしょう。もし、そんな趣旨を理解できない相手で、旅行を楽しめないなら、倦怠期を乗り越えるよりも、別れを選ぶべき相手と納得した方が良いです。

刺激がある間は誰でも楽しいものです。しかし、倦怠期など落ち着いた時こそ、一緒に過ごせる人なのかも極める絶好の機会です。

倦怠期はカップルにとって乗り越えるべき試練であり、必要悪なのです。

倦怠期は安心していることと刺激が足りなくなったというだけで、お互いが特別嫌いなわけではないのです。

この倦怠期の状態を、結婚したある人は「二人で末長く付き合って行くための共同作業」といっています。

この試練から逃げずに刺激を求めて試行錯誤するのです。

そしてこの試練を乗り越えることで、今後同じような事態がやってきても乗り越えられるようになるのです。

だからこそ、倦怠期を理由に嫌ったり別れたりするのではなく、レイ政治状況を見つめ、判断し、乗り越えることが大切なのです。

 

 

■倦怠期にオススメのデートスポット

 

いくつかありますが、大きく分けて2つあります。

一つは「アクティブプラン」、もう一つは「まったりプラン」です。

アクティブプランを例に挙げると、最近注目されている「ボルタリング」があります。

ボルタリングは手軽に体験することができて、カップルで一緒にリフレッシュするアクティブプランとして適しています。お互いが一緒に汗を流してリフレッシュすることで、自分中なのモヤモヤも、相手に対するモヤモヤも、どちらもスッキリ吹っ飛びます。

ボルタリングは、仕事終わりのデートでも活用できるので、手軽に倦怠期を打ち破ることにチャレンジしやすいです。

休みの日であれば、日中はボルタリング、夕方かが食事にお酒とデートプランに組み込んでもいいでしょう。

まったりプランといえば、スパや温泉施設でしょう。

これは金待機を乗り越えるだけでなく、お互いにとっての自分磨きにもなり得ます。

スパで一緒に岩盤浴に入って汗を流したり、温泉でゆっくりしたりすることでストレス解消につながります。

そして、ストレスが解消されたと直後だと、素直な状態で彼氏を見ることができるのです。

倦怠期は嫌いになったわけではないので、素直な状態で彼氏を見ることができれば、モヤモヤしていたのが不思議というくらい普通になっていると思います。

温泉施設で心も体もリフレッシュできれば、まったりデートは大成功です。

同性でいくことが多いスパですが、彼氏と行くのも良いものです。

「慣れているからこそ、この彼氏とこういうデートスポットに行けていいな!」

なんて思えて、倦怠期のことすら忘れてしまっていることもよくあります。

倦怠期はどのカップルにも起こり得ます。そんな時こそお互いにとってリフレッシュできるデートをするようにしましょう。

参考ホームページ

倦怠期になりやすい時期やその原因とは

http://ure.pia.co.jp/articles/-/23966?page=3

https://koimemo.com/article/5158

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る