彼氏とのキスのタイミングっていつ?思いが伝わるキスを大切にしよう!

恋愛-女性-

 

みなさんは彼氏とのキスのタイミングで悩んだ経験はありませんか?付き合ったばかりのカップルならそんなことも気にせずいつでもどこでもキスができてしまったりしますが、1年2年と長く交際していくうちに気恥ずかしくなってきてなかなか自然なキスができなくなってしまうこともあります。しかし、カップルにとってキスというものはずっと大切にしておきたいコミュニケーションの手段です。彼氏とのキスのタイミングについて真剣に考えていきましょう。

イチャイチャの時だけじゃない!好きの思いが高まった時こそキスのタイミング

キスをイチャイチャの時だけのものにしてしまったら空しくなってくることも

カップルがキスをするのってどんな時だろうと考えてみると、真っ先に思い浮かぶのはムードのあるイチャイチャの時間ではないでしょうか。日本人はほとんどの場合海外の方達のように挨拶でキスをしたりはしませんから、キスと聞くとどうしてもイチャイチャしている男女を連想してしまい、照れくさく感じてしまうこともあります。しかし、そういうものだとキスのイメージを作り上げてしまうことでキスのハードルがどんどん上がってしまいますし、からだだけ求め合っているだけのようで空しくなってきてしまうことさえあります。

忘れないでおきたいのは、彼氏への好きという思いが高まった瞬間に素直にキスをしていくという意識を持つことです。相手の方からキスをされないと嫌とか、キスばっかりして嫌われちゃったら…などと考えすぎてキスをするタイミングを逃してしまうよりも、「好き!」と感じたタイミングでチュッとさせてもらうことで感情がわかりやすく相手に伝わります。場所は考えなくてはいけませんが、好きという思いが高まっているうちになるべく早く表現するべきです。

 

好きの思いが高まった時は言葉とキスを使い分けて気持ちを伝えよう

彼氏への好きの思いが高まった時はしっかりと相手にそれを伝えるべきです。伝えなくてもわかってくれているだろうと油断してそのままにしていると、案外誤解されたままで気持ちがすれ違ってしまっていることもあります。それに気づいた頃にはすっかりギクシャクした関係になっており、キスをすることさえ恥ずかしくてなかなかできなくなってしまいます。

彼氏に好きという思いをしっかり伝えるためには、言葉で伝えるのはもちろんですが、キスやハグといった「態度で表す」という方法もあると覚えておいてください。言葉ばかりでは重すぎてしまいますし、聞き慣れてしまうと飽きがきてしまうこともあります。また、キスばかりでは距離が近すぎて鬱陶しいと感じさせてしまう心配もあります。上手に使い分けながら適度に彼氏をドキドキさせてあげることがお互いのときめきを失わないためのコツなのです。

 

彼氏を励ましてあげるためのキスや寂しい思いを伝えるキスもある

元気がない彼氏を励ましてあげるための優しいキス

彼女からのキスはラブラブな時ばかり出番があるものではありません。元気がない彼氏を励ましてあげたいと思っても、それをうまく言葉にできないという時にキスでそっと癒してあげるという場合もあります。人は深く落ち込んでいる時に「頑張って!」と励まされると能天気に返されてしまったように感じてますます落ち込んだりしてしまうこともありますから、人の感情に敏感に気づいてあげられる女性ならそんな時こそキスでそっと励ましてあげようと思うのです。

キスをしながら「あなたには私が付いているよ」とメッセージを送り、少しでも幸福感を感じてもらえたらと考え実践してみましょう。それは彼女にしかできない温かい癒しの方法です。

寂しい思いを伝えるキスで口下手な女性も救われる

彼氏と一緒にいても何だか寂しいと感じてしまうことがあるのは、付き合ってすぐの頃と比べて関係が冷め始めているからなのでしょうか。または、彼氏が何かに没頭してなかなかこちらを気にかけてくれないことが増えてくると、頻繁に孤独な気分にもなってしまいます。

そんな時に「もっとかまってよ!」なんて言うのもわがままなようで言い出せず、これ以上もめるのも嫌だと思って何も言えないという控えめな女性もいます。そして、気づいて欲しい寂しさをそっとキスで伝えるのです。口下手な女性や空気を読みすぎてしまう女性もいつもとは違うキスで思いを伝えることができ、寂しい心が救われます。

 

彼氏とのキスのタイミングはいろいろ。言葉以上に思いが伝わることもある

彼氏とのキスのタイミングはこのようにいろいろです。それは、カップルが違えば価値観も違い、正しいキスのタイミングはこれと決められないからです。ただ、どのカップルに対しても言えることは、キスは言葉以上に相手にしっかりと思いを伝えることができるものだということではないでしょうか。ムード満点の甘いキスだけではなく、嬉しさや寂しさを伝えるためのキスも上手に使い分けていけるよう、これからもキスを大切にしましょう。

エス

74,552 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。