誰でも簡単にインスタグラムでキラキラ輝く方法と技術

 

皆さんはインスタグラムをご存じでしょうか?今回は「インスタグラムでキラキラ輝く方法と技術について」紹介したいと思います。これから利用する方や既に利用している方でも新しい情報などはあると思いますので是非ご覧ください。

 

 

■インスタグラムとは?

iPhoneとAndroid端末で画像や短い動画などを共有することができる無料のスマートフォンアプリのサービスをインスタグラムといいます。

主に画像がメインのSNSと言うiPhoneやAndroidで撮った画像や保存されている画像を色々なフィルターで自分の好きなように編集して共有、投稿できるのです。

また他のSNS例えばTwitterやFacebookなどでもインスタグラムで加工した画像を投稿することもできます。

インスタグラムは今から約7年前の2010年10月6日にapplestoreにアップル社がサービスを開始しなんと4年の期間で全世界で約1億5000万人程のユーザーを手に入れ

1日に約5500枚もの画像などが投稿されて2014年で160億枚もの画像が共有されてる人気SNSに成長したのです。

2012年4月頃にFacebookが10億ドルと言う大金でインスタグラムを買収しましたが原語の対応やデザインフィルターなどもまだまだ進歩が進んでいるのです。

 

インスタグラムを使用するには?

自分の画像などを他の人と共有できるインスタグラムを使用するにはユーザー一人一人識別するためにサービスにログインするためにはアカウントが必要です。

アカウントの作成には電話番号やメールアドレスとパスワードを決めてアカウントを作成することもできますしま他のSNSのTwitterやFacebookなどとも連携することもできます。

このインスタグラムの他のSNSとの違いは写真の加工できる機能などに力を入れているところです。

 

インスタグラムの機能

インスタグラムは今撮った写真や保存されている画像を選んだとき色々なフィルターがあり自分で選んで写真の雰囲気を変えることができるのです。

また写真の細かい部分などを浮かび上がらせることのできるより色を鮮やかにするLuxと言う機能もあり色調を自動で変えてくれる。さらに他のツール機能でも明るさや傾きの調整、彩度、コンストラスト
影など何種類かの加工をするとこもできます。

写真を他の人とシュアする時はフォロワー
のメニューを選択するとインスタグラムにアップロードする事で共有することができる。

またインスタグラム以外でもTwitterやFacebookなどのSNSでもシュアしたいときはシュア先を選ぶ事で自分のフォロワーにも写真を見せることができるのです。

若い人たちに人気のあるSNSのインスタグラムですがインスタグラムを初めて写真を投稿しても中々フォロワーも増えませんしいいねすらされない事はないですか?

最近若い人たちの言葉ではインスタ映えという言葉が存在しているように評価されるような写真を撮るには少し撮る時にコツがあるんです。

 

若者たちで流行りのインスタ映えとは?

インスタ映えと言うのは、インスタグラムで投稿されてる写真の中でも目立つと言う意味です。

インスタ映えする写真と言うのはその投稿した写真についているいいねの数そのものと言ってもいいぐらいです。そんなインスタ映えができるような写真を撮るには様々なことに気を付けてとることが大事です。

さらに最近ではインスタ映えする場所や観光地も注目されていて若い人たちはそう言う場所に遊びに行き写真をとっているということです。

 

 

■インスタ映え撮り方のコツ

 

インスタ映えする写真のコツはどんな物を撮るかによって変わります。ファッション系な写真を撮る時に気を付けることは3つあります。

 

1:似ている物は詰めて並べて間をあける

2:平べったい物は上から撮る

3:服を撮る時は少しくしゃっとする

 

次にインスタ映えするように食べ物を撮る際はまた違うコツが必要なのです。食べ物などを撮る際には次のようなことを意識して撮ることをお勧めします。

 

1:人工光でとらないようにする

2:撮る時は真上から撮る

3:奥行きがあるように撮る

4:似たような形のもにはグラフィカルに並べて撮る

 

このようにファッション系と食べ物系では撮る時のコツに少しだけ違う点がある事がわかると思います。なのでこのようなコツについて説明していきます。

 

1似ている物は詰めて並べて余白を作る

ファッション系のインスタ映えするような写真を撮る時に似ているものはきちんと並べて余白を作ると言うことが注目されていますがこれはどういったとこか説明すると、まず形や色が同じような物を撮る際に2つ以上ある時きちんと並べて撮ると見え方がよくなります。

並び方はどんな方向でもいいです。ですがこの時意識して欲しい事は余白を作ることです。

きちんと並べて、何もない空間を作るとインスタ映えする写真が撮れるのです。

 

2平べったい物は上から撮る

食器や本など薄い物は先ほども紹介したようにきちんと並べて上から撮ることによってインスタ映えする写真がとれるのです。

よく見る取り方が斜め上から撮っている方が多いですがそのような取り方をしてしまうとあまりオシャレな感じとは言えず堅苦しい写真になってしまいます。

写真全体がしっかりと分かるように上からのアングルなどをちゃんと考えて撮るとインスタ映えします。それとデザインも良くないとどんなに綺麗な取り方をしていてもオシャレな写真に見えませんのでデザインにも気を付けて写真を撮りましょう。

 

3服を撮る時は少しくしゃっとする

オシャレな服だけを撮る時にはくしゃっとしたりやさしい感じを出すことによりインスタ映りする写真が撮れます。畳んで撮ってしまったりするとオシャレな感じとは思えないので注意が必要です。

それとインスタ映えのコツとしてどのようなコーディネートなのかわかるように撮るとインスタ映えを生かせます!どのようなファッションなのかが分かりやすくなりいいねを付けてくれる人も増えてきます。

そのほかにも身近なアイディアと工夫をする事によって普通の写真がインスタ映えする事もあります。例を上げると部屋の床や白い壁や100円ショップなどで売っているお皿なども一緒に添えたりとするとインスタ映え効果は上がります。

これは自分の周りにあるものだけ使えばいいです。それ以外にも写真の背景を毎回同じような物にするのはNGです。

同じ背景ばかりで投稿していても見ている人は飽きてしまうかもしれませんので結果としてフォロワーが離れて行ったりイイねが付きにくくなる場合があります。

オシャレなシーツを敷いたり皿の上にビーズなどのアクセサリーを飾って一緒に撮ることによりインスタ映えする写真が撮ることができます。イイねが付きにくい人は一度試してみるとをお勧めします。

 

1人工光でとらないようにする

どんなにオシャレな食べ物でも撮り方を間違えているといい写真にはなりません。

インスタ映えするように食べ物を撮るには外の光を使うことによってオシャレな写真が撮れるようになります。太陽の光で写真を撮ることによってナチュラルな感じが写真にでてきますので写真を見てるだけでも美味しさが伝わってくるような雰囲気がでるようになるのです。

ここで注意しないといけない事は逆光です。逆光になってしまうと影に料理が隠れてしまい美味しそうな感じが出ずいいねなどが付く写真とは逆の物になってしまいます。

それと食べ物その物の良さも大事に生かして撮ることも大事です。フルーツや野菜などのみずみずしい感じや肉料理ではしっかりと焼けて美味しそうな感じを生かすためにも自然の光を使うのです。

いいねが欲しい写真を撮りたいのなら自然の光を利用して美味しそうな食べ物をさらに良く見せる写真をとることでインスタ映えにつながります。

 

2撮る時は真上から撮る

ホテルの朝食のプレート式やセットメニューを撮る時は1枚で全体が映るように真上から撮ることによってオシャレな感じになるのでインスタ映りを狙うことがでいいねも付けられやすくなります。

 

3奥行きがあるように撮る

ファッション雑誌の写真などを見ているとわかりますが食べ物でも同じで背景も工夫することによってインスタ映えを狙うことができるのです。

しかしどのような背景にすればいいのでしょうか?

どれだけオシャレな料理でも背景が殺風景だと料理もさみしく見えてとてもいい写真なんて撮れないですよね。

ですが身の回りにあるかわいいシーツを敷き小物なども同じテーブルで一緒に撮るだけでインスタ映えする写真に変わるのです。このような小さな工夫だけでも写真いい写真が撮れるようになるのです。

 

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

  1. 女性がアクティブに人生を送るために必要不可欠な「女性保険」。今回は、そんな女性保険の…
  2. カメラ女子というワード。最近では耳にすることが多くなったという方がたくさんいらっしゃ…
  3. [toc] ■インスタ映えするチーズタッカルビってどんな料理? 最近SNSで…
  4. [toc] 〈⒈〉感情の法則とは? 一般に「感情は放っておくとだんだん収まってく…
  5. アニメといえば、かつては子供が楽しむものでした。 しかし、日本のアニメ技術やストー…
  6. 寒い冬に最も欠かせないのが、アウターですよね。防寒アイテムですし、1番上に羽織るものなので、大きなフ…
  7. 何か証明できるスキルがほしい! そんな想いから、資格の勉強を始める人が増えています…
  8.  洋服って何枚も欲しいけど、流行りすたりがあって、せっかく買ったのに次の年は着れない…
  9. なんか最近、いろんなことが上手くいかない、とお悩みの方はいらっしゃいますか? いろ…
  10. 20代女性のみなさん! 唐突ですが、貯金してますか? 総務省の調査によると、女性の年収…
2018年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページ上部へ戻る