たったのこれだけ!!見方を変えると旦那を嫌いにならない

あなたは旦那さんを嫌いになった事はないでしょうか?

今回は「旦那を嫌いにならない方法について」紹介したいと思います。これから利用する方や既に利用している方でも新しい情報などはあると思いますので是非ご覧ください。

 

■旦那のこと…

旦那の事を最近嫌いだと思った事はありませんか?
初めて会った頃はあんなに好きな男性だったのに今では同じ場所にいるのも嫌な気分になったりしたり。

好きになって結婚したはずなのに不思議に思いますよね。

結婚した時はより良い家庭を気づこうと頑張っていたのに旦那を嫌いになるなんて想像もつかなかったはずです。付き合っていたころはよかったのに、結婚してから相手の嫌なところばかりに目が行ってしまいこんな事になることを望んでいなかったはずです。

いつまでも仲良し夫婦でいたいと思っていてもそんなにはうまくいきません。

そう思うとやっぱり結婚はあまり良くない感じのイメージに見えてしまいますがそんな事はないのです。自分の考え方や思い次第で旦那の事を嫌いにならない方法があります。

そこで今回は旦那のことを嫌いにならない方法を紹介したいと思いますので

ずっと旦那さんと幸せに暮らしたい思う方は見て下さい。

 

 

見返りなどを求めてはいけない

 

夫婦喧嘩でよくあるのは自分はこんなに頑張っているのといった気持ちのすれ違いから喧嘩が起こります。言葉にして感謝の気持ちを伝えるだけでいいのに何故か無駄な一言を言ってしまいませんか?

それより酷いのはなんでも旦那のせいにすることです。そんな思いやりの全くない対応をすれば、いくらお互い好きだかと言って結婚してもお互い嫌になってしまいます。

お互い頑張っているんですから自分だけ頑張っているということはないのです。当たり前と思うのは自分だけで相手にも同じ感じでいると、感謝の気持ちは無くなってしまいます。

 

 

あまり期待をしない

旦那を信じて期待してたのに結局裏切られた時は凄く落ち込みますよね。何回も裏切られてしまうと、好きとか嫌いとかの前に人としても信じられなくなってしまいます。

思った時には冷めた目で旦那様を見ていませんか。殆どの人が裏切られたときは自身が傷ついた事しか考えられませんよね。相手の言い分もただの言い訳にしてしまいます。

その前に少し冷静になって、どうして旦那様に期待してしまったのか考えてみましょう。

元々旦那さんとは他人同士です女性と男性との性別が違うだけで考え方が違うのに、自分だけの基準で何でも考えてしまってはいませんか?凄く期待をするよりか、失敗してもいいやと前もって思っていた方が気持ち的にも楽になるでしょう。

 

 

誰にでもはけ口は必要だと考える

旦那と同じ場所にいると何でも嫌だと相手の嫌なところがみえてしまいます。

例えば家事と育児で朝から凄く忙しく動いている時にのんびり寝そべりながらテレビを見て笑っている旦那様の姿を見たら誰でも嫌になりますよね。

そう言う時は家事をやっている時間だけ旦那様と子ども達は外に遊びに行ってもらい、その時間に家事を済ませるといいでしょう。そして帰宅してから家族みんなでゆっくりと楽しむのはどうでしょうか?

旦那さんにもリラックスする時間も必要ですから、友人と飲みに行ってもらったり自分の時間を過ごして貰ったりした方がお互いにイライラが溜まりません。

夫婦だからといって一日中ずっと一緒に居なくても大丈夫です。お互いに1人の時間を作るのにも協力して、交互に取ったりするのもいいでしょう。

 

 

喧嘩は長引かせない

喧嘩が自体は誰でも起きますので悪くはないですが。自分の思っている事をあはっきりと伝えれるのは喧嘩した時だけです。

相手に対しての不満などは誰にでもあるものです。それをずっと溜め込んでいると、ストレスが溜まります。あまり激しい喧嘩をしたくない人は第三者を入れて話し合いするといいでしょう。

またお互い喧嘩をした事をいつまでも引きずってはいけません。大体喧嘩したて言われた事は大半忘れているはずです。旦那様は殆ど覚えていないでしょう。

覚えてないとまた知ってしまったらさらにイライラして来ます。喧嘩して仲直りしたなら喧嘩の話は出さないようにしましょう。引きずっていても良い事はなく悪いことばかり起こります。

 

 

少しの我慢も必要

自分の考えを全て聞き入れて貰うのはかなり難しいです。

ですが相手に合わせるのもかなり疲れますし精神的にも厳しいです。それなら相手の意見を聞き入れるにではなく、少し妥協してみるのはどうでしょうか?

毎日お仕事に行ってもらってるや家事の手伝い少ししてもらったと、妥協点を探して見つけると少し怒りも収まってきます。自分から諦めるのが嫌な人は妥協するといいでしょう。

 

 

■一度旦那を嫌いになってしまうと大変

 

最初からお互いの事を分かるようになるのは無理です。何年も一緒に過ごしていると良いところも悪いところも見えて来てしまいます。

それが問題になる度に話し合いをしてお互いに嫌なところを改善するか気にしないようにする事によっておしどり夫婦になっていくのです。旦那さんを思う気持ちは減る事はありますが、自身の考え方を変えるだけで減らなくて済む事もあるのです。

逆にうまくいけば愛情がもっと深まる事もあるでしょう。結婚は楽しいことだけではなく時には苦痛な時もあるでしょう。それもまた家族になっている証拠です。

 

 

旦那が話を聞いていない時

仕事から帰宅した旦那さんに、子供の事お世話の事を伝えた数十分後にまた同じ事を聞かれる。
その言った事をまたその後にその内容の事を質問されたり、自分が見つけたように言われる事が何回もあるとイライラしてきます。

今さっきも説明したのになどよけいな一言言ってから説明をしだすようにうになってしまいます。これじゃあなり良くないですし旦那さんにも違う種類のイラッを与えてしまうでしょう。

ですが空返事ばかりで話を全く聞かない旦那さんもよくありませんね。

 

 

ずっと携帯をいじっている

平日も休日も関係なくずっと端末をいじっている旦那さん。子供の前ではせめてご飯を食べる時だけはちゃんとした態度で食べて欲しいので、ご飯の時だけは!と言うと、返事はきますがそれを何回も繰り返していきます。

これでもし奥様のしつけが悪いとなったら、イライラを通り越してブチ切れるでしょう。

 

 

謝らない旦那

どう考えて旦那さんの方が悪いはずなのに絶対謝まってもらえない。挙句の果て返してくる言葉が何とかが悪いなどと付け加えてくるこれも凄くイライラが溜まってしまいます。

自分に非があると分かっていてもやっぱり普通にムカついてしまいます。

 

 

ペットの世話をしてくれない

ペットを可愛がるだけでエサやトイレの世話を言わないと全くやってくれない旦那さん。

言っても何かと文句を言いながらやるか無視して全くしない身勝手な態度を取られると凄くイライラしますよね。

犬などのペットを飼う時はちゃんと世話をしてくるのか確認してから買うようにしましょう。

 

 

自分の事をしている時は子供の相手をしてくれない

子供が学校であった出来事などを話しているのに旦那さんは他のことをしてて聞いてくれないです。気分を変えて面白いこと言ったりしても無言で反応してくれません。

やることが遅くて妻が怒っていても、それを気にすることなくずっとパソコンに向かう旦那さん。休日は更に酷くて朝から晩まで一日中パソコンをしています。

奥様は朝からご飯を作ったり掃除をしたり家事を頑張ってい忙しくて休む暇もまったく無いのに旦那さんはトイレ以外絶対に動きませんので奥さんも少しイライラしてきます。

 

 

晩御飯を作り終えた後に要らないと連絡が来る

旦那さんの分のご飯が要らないのであれば子供の分だけで簡単に用意できるのにわざわざ用意してお皿にまで取り分けて食べれる用意が終わってから旦那さんから電話が入ってごはん要らないと言われる。

いきなり決まったのはしょうがないですけどその日に限って保存がきかない物だったりするのです。

子供だけなら冷蔵庫の整理を兼ねて冷蔵庫にあるもので何か作って食べれたのにこういう時に限って何もないからと、時間のない中買い物に行って作ったものだったりします。

そのご飯を朝にたべるわと言われたらなぜかさらに腹が立ちます。こんな豪勢な朝ご飯食べなくていいのに!って思ってしまいます。

 

 

何もきめてくれない

今日のご飯は外で食べたいなーなどどいってどこで食べる?と聞いてもどこでもいいという旦那さん。

決めてよ!と思います。それで次に私が何か食べたいと言うと早く決めてよ!と煽ってきたりします凄くイライラします。

さらには具体的なことは言わずに肉食べたいなど言われてもどんな物が食べたいかわからないのでちゃんと決めてほしいですよね。

同じテーマの記事:【愛を取り戻せ】「ダンナ死ね!!」と思わないために今できる5つのコト

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら

下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. みなさん、リップにこだわりはありますか? リップにはたくさんの種類があります。 色みやどの程度の…
  2. [toc]引用元: https://prtimes.jp/main/html/rd/p…
  3. クローゼットを開けると、なんか映えない地味色のトップスばっかり。そんなお悩みを持っている方はいらっし…
  4. [toc]■ナチュラル系インテリア ・木目調のデスクやチェアは見る人のこころを…
  5. サムネイルはGoogle画像検索から引用[toc]1.ストアカで自分…
  6. [toc]2018年冬季オリンピック・ピョンチャン大会まで、あと3ヶ月あまり…
  7. [toc]■クラフトビール人気で変り種のビールが人気に ・本格志向の女性が増え…
  8. [toc]■体重が減らないダイエットも増えている ・体を絞り込むことが重要に …
  9. [toc]■仮想通貨女子が急増している ・仮想通貨の情報を発信する女性が増…
  10. 京都、奈良といえば、小学校の修学旅行の定番ですよね。小学生だけでなく、何回も京都にハ…

注目の記事

ページ上部へ戻る