貯金したい!そんな方に知っておいてほしいこと。

お金

貯金したいのにお金がたまらない。
毎月の出費に追われていて、貯金する余裕がない。

 

みなさんはこんな経験したことありますか?
貯金したい理由は、人によって様々です。子どもの学費のため、将来の不安を解消するため、老後の資金としてなどなど。
貯金は、何かを得るためだけでなく、精神的な安定に繋がります。

 

それは分かっているけど、貯金ができない。毎月の出費に追われている。そんな生活を送っている人がいます。
彼らにはある共通点があります。

それは、「お金について知らない」ということです。
知らないものに目を向けても、解決されません。つまり、お金を知ることは、貯金することに繋がるのです。
そこで今回は、貯金するために知っておきたい!お金について知っておきたいことご紹介します!

 

◼︎2つの出費について知る

貯金ができない人は、自分の出費について把握していないことが多いです。

具体的にいうと、クレジットカードの支払い金額を把握していなかったり、財布の中にいくら入っているかを分かっていなかったり、計画にない衝動的な買い物をしたりします。

支出という意識が、貯金ができる人に比べて低い傾向です。つまり、計画を立ててお金を使うことが苦手なようです。

そんな方には、月あたりの自分の出費について知る必要があります。
出費には主に2つの種類があります。
それは、変動費と固定費です。

 

変動費

ここでの変動費とは、毎月のように額の変動があるお金です。
具体的には、食費や日用品、交際費、美容費や被服費、レジャー費、趣味娯楽費などが含まれます。

食費は外食が多いと増えますし、食べない日があったりすると減るので、そこで変動します。交際費は仕事が忙しい時期は必然的に減りますし、被服費は冬の方が多い傾向にあります。

変動費は、少し我慢することで、すぐに節約効果が出やすい項目が多い部類なので、出費をおさえやすいカテゴリーです。

ただし、食費や娯楽費などは、我慢しすぎると、ストレスが溜まります。
そのストレスで衝動買いを行えば、意味がないです。そこの調節は上手く行いましょう。つまり、無理せず、できる範囲内で行うということです。

 

 

固定費

上記で紹介したのは、変動のある出費についてです。
文字から想像できるように、固定費はその逆です。
毎月出費の額に変動のないものです。例えば、保険やさまざまなローン、家賃、通信費などが挙げられます。

1回見直すと、自分の毎月の努力とは関係なく出費を抑えられるので、効果が続くところがいいところです。
毎月節約と暮らしていると、かえってストレスがたまり大きな買い物をしてしまっては逆効果になりかねません。

それがないのが固定費の見直しのいいところです。
見直した金額がわずかな差額だとしても、継続することで大きな差となります。

さて、2つの出費について分かったところで、その月にいくら使っているのかを紙に書き出し、一覧にしましょう。
そうすることで、お金が貯められない原因を見つけ出し、改善していくことができます。
自分の出費を目に見える状態にすることで、今まで気づかなかった自分のお金の使い方のクセに気づくことができます。

紙に書き出さなくても、家計簿アプリ使う方法もあります。目に見える形であれば、どんな方法でも大丈夫です。
きちんと1ヶ月の収支を把握しましょう。
あまり無理をせず、できる範囲で見直しを行うようにしましょう。

 

◼︎具体的にどんな貯金活動をしたらいい?

 

自動積み立て

出費を見直したら、今度は貯金したい金額を決めます。この時に重要なのは貯金したい「目的」と「金額」と「期日」を決めることです。貯金の目的がはっきりしているほど、上手に貯金ができます。

毎月残ったら貯金するスタイルではなく、初めに貯金する金額を決めてしまうことです。

銀行の自動積み立てなど、強制的に貯金してくれる仕組みを使うことをおすすめします。
そうすることで、確実に貯金が増えていきます。簡単で、始めやすい仕組みですよね。

 

お金を増やす

貯金に慣れたらおすすめしたいの貯金お金を「貯める」から「増やす」ことに目を向けてみることです。
これに挑戦でき、成功すれば、お金に使われる人生からの卒業です。

まず、少額から始められる投資信託です。
おそらく、今の銀行の金利では貯めることはできても、増やすことはできません。

自分が働くのではなく、お金にも働いてもらう「投資」について目を向けてみましょう。

ここで注意したいのが、少額から始められる投資信託を選ぶことです。いきなり大きな投資はリスクが高く、せっかく貯金ついて理解したのにもかかわらず、お金がゼロになってしまう可能性があります。

 

【まとめ】

いかがでしたか?
今回は貯金についてご紹介しました。
お金を理解することは、あなたの生活をよりよくしてくれます。

たくさん知識を身につけて、お金に使われず、こっちが使えるになった時、あなたの人生は明るく、大きく変わることでしょう。

ぜひトライしてみてください!!

 

エス

42,594 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。