スキンケアで皮膚を美肌へと導く簡単な方法

 

 

皆さんはスキンケアをご存じでしょうか?

今回は「スキンケアで皮膚を美肌へと導く簡単な方法について」
紹介したいと思います。

これから利用する方や既に利用している方でも新しい情報などはあると思いますので是非ご覧ください。

洗顔はスキンケアの常識ですが洗顔方法をしっかりとしてないと、洗顔が終わったあとに化粧品でのケアやマッサージをしても効果があまりでなくなる可能性があります。

さらには肌を悪化させてしまうこともあるので、まずは今の自分がやっている洗顔の方法が正しいやり方かどうか見直してみましょう。

 

 

最近の20代の方

最近の20代の人たちは主にメイクアイテムに力を入れていますが、
若いときからスキンケアを怠っていると歳を取ってからの肌がどうなるか決まってしまうのです。

20代になってくると女性の方は化粧に興味がいきますよね20代にもなるとお化粧している顔が自分の
顔として定着する歳なので元々の自分の美だけではなく自分の工夫なのでもっと綺麗に見せれるようにしていきましょう。

 

スキンケアの知識を付けよう

20代になると最近は基礎化粧品よりメイクアイテムのほうに力を入れている傾向があります。
洋服を買ったり遊びに行ったりとお金の使い先は沢山ありできるのであれば肌などへのお金はあまりかけたくない!

と思っている片が多くいると思いますそこでそんな悩みを解消するのが正しいスキンケアの知識なのです。
最近の若い人たちに悩みと言えば毛穴の開きやテカリなど化粧が崩れてしまう原因の皮脂の悩みが多いと思います。

ですがなにもわからずその場しのぎの皮脂対策をしていると逆にもっと酷くなっていくことがあります。
そして一人で悩んでしまって焦って高いクリームなどを買って無駄な油分を取っている場合もあります。

20代ともなれば自分の元々の肌質の悩みもでてきてしまう年頃ですよね。

オイリー肌や乾燥肌でもこの若い時期は非常に自然治癒力が高いので正しい肌のケアなどを行っていればその肌の悩みも解消されるはずですし肌へのお金もあまりかからなくなるでしょう。

なのでまず重要なのが自分の肌にはどのようなケアが必要なのか、どんなケアをすればいいのかを知ることです。

若いうちに自分の肌と向き合っていないと歳を取るごとに肌の回復は難しくなっていくので
余計な肌のダメージを持ち込まないように今自分の肌のことをよく知っておきましょう。

 

失敗している20代

化粧の腕は人一倍に頑張って上達していても油浮きなどで台無しになったことはありませんか?
特にTゾーンなどは注意してほしいところです。朝化粧をした時はばっちり決まってますが段々と時間がたっていくにつれてテカりだし化粧が崩れてしまう原因になってしまいます。

皆さんはべたつくときどのような対応をしていますか?取りあえずすることと言ったら肌の油を脂取り紙などでその場しのぎの対策をするだけです。

元々のメイク選びや化粧品を選ぶときから油浮きの対策をしている方もいますが。
一番注意してほしいことは油の除去をし過ぎないことです。油が浮いてくると焦って油をとにかく取ろうとする
こと意識が行ってしまいます。

女性の敵皮脂ですが過激に除去してしまうと破断トラブルの原因になってしまいます。
いつものスキンケアでも洗顔などで余計な皮脂をなくしていませんか?いつも自分がしている油浮き対策はちゃんと対策になっているのかなぜ逆効果になってしまっているのかこの原因や理由などを知っておくだけでもちゃんとしたケアができるようになるはずです。

 

正しい皮脂ケア!

殆どの方が皮脂が気になると直ぐに皮脂を取りますがこれがどうしてだめなのか。
なぜならその肌がなぜ皮脂を出すのかをちゃんとわかっていないからです。皮脂が出てくるの一番関係しているのは男性ホルモンなんです。

女性の皮脂が沢山でてくる時期は10代と30〜40代の間に男性ホルモンのバランスによって訪れます。

体質の問題で脂性肌の方は、若いうちからニキビなどで悩んでいます。そこで注意しておきたい点は脂性は乾燥肌の逆みたいに考えてしまう人もいると言うことです。

混合肌は乾燥する所と皮脂が出るところの場所は違い乾燥の場合は自覚もあるはずです。しかし脂性肌の方は乾燥したことはないと思いがちですが実は乾燥してる所があるのです。

それは脂性乾燥肌というもので肌の中は水分が不足していますが皮脂の分泌は凄い状態のことを言います。
正しくケアできてない人たちにありがちなのが皮脂を取ることに意識がいきすぎて肌の潤いを長く持つように
することを怠っている事です。

はりきりすぎて油分を取ろうとしているとると逆に皮脂がもっと分泌されてしまう状態になってしまいます。もう一つ油を取ることだけ考えていると肌の水分も取ってる可能背が高いです。

皮脂を取ることによって空いてしまった毛穴のケアがちゃんとできていないとキメなどが乱れて毛穴が開いてしまいます。肌の表側にも油が多い、肌の中が水分不足だと肌の守る力は落ちて行ってる状態です。

ですので肌の守りを保とうと皮油の量が増えたり守りの薄い肌に細菌が入り込み吹き出物になったりとどんどん
悪い方向に行ってしまいます。

このように皮脂を除去しすぎない、肌の潤いを保つようにする、がケアの基本なのでしっておきましょう。

 

 

正しい洗顔方法とは?

スキンケアにしっかりと取り組んでいるのに肌が綺麗にならないと悩んでいる方はもしかすると洗顔方法が正しくないのかもしれません。

肌の汚れをしっかりと落としたい為に肌を強くこすっていませんか?熱いお湯を強くかけて勢いよくすすいでませんか?

自分の肌が気になって1日に何回も洗顔料を使用していませんか?今言ったことは全部肌を荒れさせる原因なのです。

ちゃんとした洗顔の方法は朝と晩だけしっかりと泡をたてた洗顔料を利用し泡で汚れを取るような感じでなじませてちょうどいい温度のお湯で洗い流すように注意しておきましょう。

 

1:洗顔のやりすぎには注意!

2:泡をしっかりと立てよう!

3:洗うときは優しく洗おう!

4:お湯の温度は低めにしよう!

5:シャワーに注意しよう!

 

 

洗顔のやり過ぎは良くない

汗をかいたりして肌が脂っこくなったときには皆さん洗顔料を使用して顔を洗いたくなりますが1日に3回以上も洗っているのは洗いすぎになります。

皮膚には肌に水分をためておいたり外からの攻撃からまもってくれるバリアみたいな役割があります。皮膚の表側を守っている皮脂膜や皮脂膜の下側にあるセラミドがその機能の役割を果たしているのです。

洗顔を1日に何回もやりすぎると肌が必要とする皮脂や肌のうるおいを守ってくれているセラミドなども一緒に洗い流してしままってしまうのです。

洗顔を利用する際に泡をしっかりと立てる事洗顔料を使うときによく泡を立てることにより肌に指が直接こすれたり摩擦などを起こさないように作られています。

泡をしっかりと立てずに使ってしまうと肌に直接触れてしまい刺激を与えてしまうのです。

なので洗顔料を使用する際にはまずしっかりとした崩れない泡を立てましょう。

 

洗う際に力を入れ過ぎない

人の顔の皮膚は思っているより物凄く薄くちょっとした刺激だけでも反応してしまいます。
角質層の厚さはなんと0.07〜0.2mm程しかなくコットンをこすっているだけでも傷が入る程の繊細さです。

なので肌を綺麗にしたいと思ってつい力を入れてゴシゴシと洗ってしまう方もいると思いますが、それは肌を綺麗にする事はなく逆に傷つけているので洗顔をする時は優しい力で泡を転がすようにして洗いましょう。

 

お湯の温度に気を付けよう

洗顔の際お湯はいつも使っているお湯の温度より少し下げたものを使いましょう。丁度のいい温度は32度あたりです。
なぜこのぐらいの温度かと言うと顔の皮脂は約30度ぐらいで溶けるので皮脂も溶けてなおかつ肌より少しだけ
温度の低い温度が32ぐらいだと言う事です。

顔はこれより温度の高いお湯を使ってしまうと逆に皮脂が溶けすぎてしまい肌が乾燥してしまいます。

しかし冷たい水だと汚れも落ちにくいので毛穴の詰まった汚れも落とすことができません。

 

シャワーを使うのは危険!?

お風呂に入っている時シャワーから出るお湯を直接顔に当てるのはやめたほうがいいでしょう。
浴室の中は非常に温度が高くなっており肌も柔らかくなっているのでそんなときにシャワーで勢いよく顔に
お湯をかけてしまうと水圧などで肌にダメージがいってしまうからです。

さらに先ほど説明したように温度の高いお湯で顔を洗ってしまうと乾燥の原因になってしまうのです。

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら 下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. みなさん、リップにこだわりはありますか? リップにはたくさんの種類があります。 色みやどの程度の…
  2. [toc]引用元: https://prtimes.jp/main/html/rd/p…
  3. クローゼットを開けると、なんか映えない地味色のトップスばっかり。そんなお悩みを持っている方はいらっし…
  4. [toc]■ナチュラル系インテリア ・木目調のデスクやチェアは見る人のこころを…
  5. サムネイルはGoogle画像検索から引用[toc]1.ストアカで自分…
  6. [toc]2018年冬季オリンピック・ピョンチャン大会まで、あと3ヶ月あまり…
  7. [toc]■クラフトビール人気で変り種のビールが人気に ・本格志向の女性が増え…
  8. [toc]■体重が減らないダイエットも増えている ・体を絞り込むことが重要に …
  9. [toc]■仮想通貨女子が急増している ・仮想通貨の情報を発信する女性が増…
  10. 京都、奈良といえば、小学校の修学旅行の定番ですよね。小学生だけでなく、何回も京都にハ…

注目の記事

ページ上部へ戻る