子育てで忙しいママに!下肢静脈瘤を予防するためにできる日々のケアとは?

子育てで忙しいママに!下肢静脈瘤を予防するためにできる日々のケアとは?
美容・健康

ママは、子育てに家事と大忙しですよね。そんな大忙しのママが気をつけておきたいのが下肢静脈瘤です。
下肢静脈瘤は、日頃からケアしておけば予防できますので、この記事で気軽にできるケアをご紹介していきます。

 

下肢静脈とは

具体的な予防方法をご紹介していく前にまずは下肢静脈瘤とは何か簡単に解説していきます。

下肢静脈瘤とは、足の血行が悪くなることで血管の中に血の塊ができてしまう病です。下肢動脈瘤になってしまうと足の血管こが浮き出たり、足がかゆくなったり痛くなったり、シミのような斑点ができたりさまざまな症状が現れます。特に血管が浮き出る症状は女性にとって深刻な問題になっています。
下肢静脈瘤になりやすい人とそうでない人がいますので次の章でなりやすい人の特徴を詳しく解説していきます。

こんな人は要注意!下肢静脈流になりやすい人の特徴
下肢静脈瘤になりやすい人の特徴は次のとおりです。

①不規則な生活をしている人
夜遅く仕事をしていたり偏った食事をしているようないわゆる不規則な生活を送っている人は、自律神経が乱れて、血管が固くなりやすくなってしまいます。血管が固まってしまうと、急激に血管が狭くなってしまいます。その結果、下肢静脈瘤を発症するリスクを高めてしまいます。

②急激な運動をすることが多い人
運動している人はよく足を動かすから下肢静脈瘤にはなりにくいというイメージがあるかも知れませんが、サッカーや陸上、バスケットボールといった、急に走り出すスポーツやテニスや卓球、バトミントンといった動く範囲が狭いスポーツをよくする人は下肢静脈瘤になるリスクが高くなりますので注意が必要です。
このように動く範囲が狭いスポーツをしている人や急激に動かすことが多いスポーツをしている人は気をつけましょう。

 

簡単にできる下肢静脈瘤ケア

下肢静脈瘤になってしまう原因は、血行が悪くなると発症しますので血行が良くなるように心がけなければいけません。
簡単にできるケアは次のようなものがあります。
①マッサージ
マッサージはリンパの流れを良くして血行を良くすると下肢静脈流改善効果が期待できます。下肢静脈瘤を予防するマッサージ方法は、太ももから足先にかけてリンパを流すようにマッサージすると下肢静脈瘤を予防することができます。
②足を動かす
足を動かすことで血行が良くなるので適度な足の運動をすることが大切です。具体的には次のようなエクササイズがあります。
③足の指を動かす
足の指を回したり上下に動かしたりすることで血行が良くなり下肢静脈瘤を防ぐことができます。このエクササイズは、ちょっとしたすきま時間にできますので子育て中のママにもおすすめです

④栄養バランスを整える
下肢静脈流は、血管を広げることが予防することができますので、栄養バランスを整えることが大切です。下肢静脈瘤には特にポリフェノールやビタミンCが効果的ですので野菜やチョコレートを適宜食べるようにすることで下肢静脈を防ぐことができます。

⑤長時間同じ姿勢を続けない
長時間同じ姿勢を続けていると、血流が悪くなって塊ができやすくなるため下肢静脈になる可能性が高くなります。ですので、30分~1時間に一度は背伸びをしたり、体勢を変えたりするようにしましょう。

⑥足を冷やさないようにする
人間の体は冷えると血行が悪くなるので、できるだけ足を冷やさないようにすることで下肢静脈を予防することができます。具体的には、レギンスを履いたりお風呂で温まったりすることで足を温めることで足の体温を保つことができます。

ご紹介してきたように下肢静脈瘤は、日々のケアをしっかりすれば予防することができますのですきま時間を有効活用すると良いでしょう。

エス

161,380 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。