乾燥肌の原因は洗顔だった!?今日からできる正しい洗顔のコツ

美容・健康

乾燥肌の原因は洗いすぎなので、正しい洗顔で改善しましょう。保湿化粧品に変え、念入りにスキンケアしても乾燥が続くのは、肌が水分をたくわえられない状態になっているからです。起因は過剰な洗顔なのでまずは改め、うるおいある肌を取り戻しましょう。

■洗顔が乾燥肌を招くメカニズム

乾燥肌を招くもっとも大きな原因は洗顔です。本来皮膚にはバリア機能が備わっていて肌の水分蒸発をふせぎながら、適切な水分量を保っています。バリアとは一番外側の角質層と、それを覆う皮脂膜によって構成され、うるおう肌にはかかせません。

ところが過剰な洗顔によって皮脂膜がなくなってしまうと、角質層内の水分が蒸発しはじめます。すると層内が隙間だらけになってしまい、保湿化粧品でいくら水分を与えても漏れてしまいます。やがて肌にはうるおいが足りなくなってしまうので、乾燥肌の改善には正しい洗顔がかかせないのです。

■正しい洗顔のコツ

肌バリア機能を残すのが正しい洗顔のコツです。今まで正しいと思っていた方法が、実は乾燥肌の原因になっていたなんて…と驚いてしまうかもしれません。肌本来のうるおす力を取り戻すために今一度見直しましょう。

○摩擦など肌に刺激を与えない

ゴシゴシと肌に刺激を与えてしまうと角質層に隙間を作ってしまい、乾燥肌の原因になります。基本的に洗顔はやさしく行うのが大切ですよ。たとえば洗顔料はしっかり泡立て、泡だけを肌に密着させるように洗うと最低限の刺激で済みます。肌バリア機能を守るためにかかせないので洗い方のコツを押さえておきましょう。

○すすぎは水を使う

すすぎは水を使いましょう。お湯を使うと皮脂膜も落としてしまうので乾燥肌の大きな原因となってしまいます。水洗顔なら汚れや洗顔料など最低限だけを落とし、うるおいを守いながらすすげますよ。乾燥が劇的に改善されるポイントなので必ず実行してくださいね。

○過剰に乾燥するのならダブル洗顔禁止

もし肌への摩擦を避け、水でのすすぎを行っても乾燥肌が改善されない場合はダブル洗顔をやめましょう。夜はクレンジングと水でのすすぎのみ、朝は水でのすすぎのみにとどめます。洗顔料が皮脂膜を落としてしまっている可能性があるので、中止するとうるおいを取り戻せますよ。

現在ポピュラーとなっているダブル洗顔は実は洗いすぎで、肌バリア機能を低下させています。肌トラブルで皮膚科を受診すると洗いすぎを指摘されるパターンは多く、また美容家の佐伯チズ先生も洗わない洗顔を推奨しているほど大切なポイントなのでぜひチェックしてください。洗いすぎは乾燥肌を助長させトラブルの原因になるので注意しましょう。

しっかり皮脂や汚れを落とそうと念入りに行っていた洗顔が、実は乾燥肌の原因になっていたなんて…と驚いた方もいるでしょう。「たかが洗顔」と思っていた方はぜひ改めてください。シンプルなケアこそが正しい洗顔なので、洗いすぎをやめうるおう肌を取り戻しましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)