今が一番危険!日焼けによるシミを作らない方法

今が一番危険!日焼けによるシミを作らない方法
美容・健康

初夏から夏にかけてのの紫外線は一番危険です。まだまだ大丈夫だとしっかりした日焼け対策をしていないことも理由のひとつです。うっかり日焼けをしないための対策と、紫外線を浴びてしまった後のケアの仕方でシミを改善できるのです。

 

「日焼けからお肌を守る」

①UVローションのことを理解して紫外線を防止

室内から出るときは必ずUVローションを付ける習慣をつけるようにするようにしましょう。とくに、朝のゴミだし、お掃除、洗濯物干しなどは、油断しがちですよね。さらに忙しくバタバタしている朝ならなおのこと、「まっ、いいか!」という気持ちにSPFという文字が描かれていますが、SPFはお肌に影響を及ぼすUVB波の防止効果を表す数値のことを言います。SPF50と表記しているのは日焼けしてから人のお肌が炎症を置おこすまでの時間を50倍遅らせることができる、SPF30なら30倍遅らせることができる、という意味です。数字が高いほど防止効果が高いということになりますね。同じく日焼け止めに書かれているもうひとつの記号PA+というのは、UVA波に対する数値です。+の数が多いほどUVA波の防御力が強いことになるのです。

②日焼けグッズを有効に使う

日焼けによるシミを作らないためには、紫外線グッズを上手く利用する事も大切です。UV効果のある日傘た防止などは、紫外線カットをするのにとても有効的でしょう。顏だけでなく頭や髪、目、体も日焼けしてしまいます。そのため、UV効果のある繊維で作られた日側や帽子の使用はシミを防ぐためには最適なのです。また、サングラスやサンバイザーなども目にあたる紫外線をカットしてくれるます。

 

「日々の日焼けケア」

①寝る前の日焼けケアが大切

うっかり日焼けをしてしまっているこの時期は、寝る前の日焼けケアは大きな役割があります。赤みや炎症がある場合は冷すこと。冷したタオルでアイシングします。その後は、保湿です。赤みや炎症が治まると、お肌は水分を求めるのです。そのため、しっかりとローションで水分補給。そのあとは、美容液などでたっぷり栄養を与えてあげるようにしましょう。そうすることで、お肌のターンオーバーが正常に働き再生促進効果がたかまるのです。

②ビタミンの摂取

お肌に良いビタミンA、ビタミンCやビタミンEの摂取も大切です。紫外線によるシミを作らないようにするためにはビタミン類を体に摂取することですね。お肌の再生効果が期待できるビタミンA,錆びついたお肌を治すビタミンCや活性酸素から細胞を防御する効果があるビタミンEを積極的に取り入れることですね。牛乳、チーズ、卵、豚レバーやうなぎ、カボチャやニンジンキャベツなどに多く含まれるビタミンA。粘膜の促進などを早めてくれますよね。ビタミンCはミカンやレモンを代表する柑橘類やイチゴ色鮮やかな野菜パプリカ、芽キャベツなどにも多く含まれています。そしてビタミンEはアーモンド類、魚介類、大豆、そして代表的なのはうなぎですね。夏バテ効果が高いといわれているうなぎを食べると、お肌にも疲れにも効果的だということになります。

 

まとめ

紫外線はうっかりとお肌に降り注いでいます。そのためには日焼け止めや、日焼け止めグッズでケアするほか、日焼け後の対策が大切です。ローションなどで水分補給、美容液で栄養補給が必須。そして、お肌に良い栄養素を取り入れることです。ビタミン類を多く含む食材を取り入れるよう日々の食生活での工夫も大事です。紫外線でのシミはいったんできてしまうと治るには時間がかかってしまいます。シミを作らないようケアすることと、日々のシミケアと体の中からのケアでシミのないお肌を目指しましょう!

エス

158,084 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。