大人女子のベースネイルの返還ベージュよりもラベンダーカラーが人気。

女性たちの指先を美しく飾るネイル。

過去にはマネキュアと呼ばれており一色だけを爪に塗るだけのおしゃれでしたが、いつの間にかネイリストに依頼して指先をいつも美しく整えているネイルをステイタスに重視するタイプや、自宅でセルフネイルを取り入れる人など多様性が現れてきました。

 

■30代以降のエレガントを意図するネイル

過去には30代以降の大人の女性が選ぶネイルといえばフレンチネイルであったり、落ち着いたベージュ系やピンク系が定番どころ。

最近大人女子の間で人気色ラベンダーカラーはガーデニングで扱われるラベンダカラーを模していますが、とくにネイルと下着の需要が増えています。
ネイルといえば、海外ブランドの価格帯で一本数千円という相場が目立ちますが、コスメ雑貨店のプチプラネイルは150円〜300円程度の相場で買い求めることができるので、遊び用にとチープなものでも良いならコスメショップをのぞいてみるといいかもしれません。

ラベンダーカラーぼネイルを取り扱うコスメショップは、3coinの150円ネイルが最安

 

■多様なラベンダーカラー

ラベンダーカラーといってもメーカー各種のネイルでは多様性のある紫色です。実際にハーブのラベンダーの紫色も種類ごとに多岐にわたります。

北海道のラベンダーファームのように北の緯度にある種類では、濃厚な紫色が目立ち、またラベンダー色といえども色の定義はメーカーによって個性的。

みるひとの視覚によっても違うのですからそこが魅力的なところです。
ラベンダーは黄色ベースの紫が多く、落ち着いた色合いですが稀にブルーベースの紫を模したネイルにも出会います。本来濃いめのカラーを塗るとき技術が必要になってきますが、ラベンダーカラーなら不器用さんでも薄く塗ったり重ねて塗っても綺麗に仕上がります。

もともと日本人が好み親しみやすい色の白とも相性が良いので、ホワイトカラーと組み合わせてもフレンチ系としておしゃれに仕上がります。
実は洋服とのコーディネートの相性は良い方ではないでしょうか。

例えばブラック。ブラックはもともと喪にふくすときに袖を通している色で現在でも黒子的な意味合いのある色です。奥方さんが着用することも多く、ラベンダーカラーとは明暗が分かれていて好相性。ピンク系のラベンダーカラーはホワイト系のシャツと好相性。

白いシャツやブラウスとコーディネートすると女性らしくエレガントな雰囲気に仕上がりますよ。

 

■ラベンダカラーはネイリストにアレンジしてもらうべし

もともとラベンダーカラーは日本に馴染みの薄い色合い。

ラベンダーソフトが普及してきたころにラベンダーカラーの装飾品も登場してきました。
その美しい色合いは女性たちを癒すハーブのラベンダーが起源になり、下着やネイルでラベンダーカラーを目にするたびに、ラベンダーの花を眺めているときの落ち着いた心境に浸ることができるのです。

メーカーごとにイエローベースとブルーベースの違いもあるラベンダーカラーですが、派手さがすこし気になるという大人女性には単色ずかいを外しておくようお勧め。

派手さを控えたラベンダーネイルを好む場合のポイントをまとめました。

 

ポイント1 イエローベースラベンダーを選ぶ

ピンク系とパープル系がありますが、どちらもミルキーベースの柔らかい雰囲気です。

言い換えると膨張して見えることもありますが、単色ずかいを避けることで多様性のあるデザインを楽しむことができます

 

ポイント2

爪の先のトップコーディネートなどにラベンダーカラーを配置、コーディネートカラーの割合を大きくしてポイントにする。
イエローベースのラベンダーでもさらに割合を少なくしたいという場合には、色の割合を少なめに塗ることで解消します。

 

ポイント3 ネイリストの技で多様なデザイン性を楽しむ。

ラベンダーカラーが混ざるマーブル模様のデザインで単一カラーの派手さを和らげてさらにおしゃれな模様に仕上げておきます。
ラメやストーンとコーディネートすると派手な印象になるのでシックで上品な印象に仕上げたいならば控えめに。

 

■パープルカラーと似て非なるもの

ラベンダーカラーにもブルーベース仕様があります。ブルーベースとは青みの強いラベンダーカラーを指していいます。
同じラベンダーカラーでもミルキーな雰囲気のあるラベンダーカラーとはまるで似て非なるものです。

ブルーベースのラベンダーでは、ラメやストーンずかいも効果的。カジュアル志向の強いネイルに仕上がります。パープルとブルーベースのラベンダーは違うカラーですが、パープル系が好みの場合にはブルーベースのラベンダーカラーで仕上げるとカジュアルコーディネートに向いています。

30代以降にエレガントやフレンチネイルを意図する場合には、当然のようにイエローベースをお勧。

 

【まとめ】

ながらく30代以降のネイルカラーのベースの定番といえば、ベージュ系が堂々の人気カラーでした。オフィスにも年齢相応のファッションにもコーディネートしや付いという背景から落ち着いたベースが選ばれています。

流行を生み出した世代も加齢しているいま、あらたに30代以降からのラベンダーカラーはホワイトや無色との相性もよいのでお勧めです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら 下のボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る