遠距離恋愛で仲良くお付き合いを続けていくためにはどうしたら良いのか?

お付き合いをしている彼氏の仕事の関係などで遠距離恋愛になってしまうという状況が訪れた場合に、近くにいる場合よりも不安や心配は増えてしまいます。

遠距離恋愛をうまく続けていけるカップルもいれば、遠距離恋愛になったことが結果的には原因となって別れてしまうこともあります。

遠距離恋愛になった場合には、どういったところに気を付けるとお付き合いがうまくいくのでしょうか?

  • 遠距離だからこそ、こまめに連絡をとる

遠距離恋愛になると出会う回数が少なくなるので、こまめに連絡をしてお互いがつながっているという状況を確認し合うことは大事です。

彼がまめではない場合には、一日一回はラインでやり取りをする、○曜日にはスカイプで顔を見ながら話をするなど、しっかりと最初に決めておくことも大事です。

あなたの方から連絡を取り合うことで安心するから、なるべくこまめにやり取りをしようと伝えることによって、彼の方もそのつもりでいてくれることでしょう。

  • 彼のことを信じる

遠距離恋愛で離れてしまうと、彼のことがわからずに不安といった状況が訪れやすくなります。

飲み会に行ってきたと報告をされると、素敵な女性と出会っていたらどうしようとやきもきしたり、仕事で忙しいと言われると私から心が離れたのかなと不安になることもあります。

悪い方に解釈していくと彼に対してその気持ちを感情的にぶつけてしまうこともあります。

彼の方からしたら離れてしまった自分のことを信じてくれていないというのは、寂しく感じますし、場合によっては重たく感じてしまうこともあります。

彼と私の関係は大丈夫、きっとうまくいくという風にプラスにとらえて、彼のことを信じる姿勢は大事になります。

  • お互いに負担にならないように会う

遠距離恋愛をしていてネックになるのは、二人が会うためにかかる交通費です。

近くにいれば会うためにかかる交通費は大きな出費ではないのに、遠距離の場合は片道が万単位でかかってくる場合も少なくありません。

いつも相手が自分の方に来てくれる、自分が相手の方に行くという関係を続けていると、一方に負担がかかるので、順番に会いに行くなどして負担を分散させましょう。

会うのにお金がかかるということがネックになって、徐々に会う回数が少なくなる、関係が離れてしまうという場合もあるのです。

  • 二人の未来に対して明るい見通しを持つ

遠距離恋愛になった場合、それがずっと続いていくと想像すると、気持ちの面で不安定になりやすくなります。

遠距離の場合には数年したらまた戻ってきて近くにいられるようになる、○年後には結婚しよう、○年後には彼の方に自分が行こうなど明るい見通しを二人で共有することが大事です。

遠距離というのは一時的なものであって、ずっと遠距離でいるのではないという気持ちを持つことで、それを心の支えにして遠距離恋愛期間を乗り越えていくことができます。

遠距離恋愛のカップルは近くにいるカップルよりも寂しさを感じやすくなり、破局することも少なくありません。

しかし遠距離をうまく乗り越えることができたカップルの絆は強くなり、その後ずっと良い関係を築いていくこともできます。

遠距離をうまく乗り越えることができたら、彼と結婚して幸せになれるという可能性も少なくないです。それを信じて頑張ってほしいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る