「この子は無理!」男が付き合いたくないと思う女性の特徴

恋愛-女性-

 

男性が「この子とは何があっても絶対に付き合いたくない」と思うのは、しつこくて品がない女性です。しつこいとはどのくらいのしつこさを言うのか、そして品がないとは具体的にどういうことかを解説しましょう。好きな男性や彼氏に嫌われないために、男が付き合いたくない女性の特徴を知っておくことは大事です。

 

【男に嫌われるのは男を管理したがるしつこい女性】

男性は自分を管理しようとする女性を嫌います。束縛されたい、束縛されることで愛情を感じられるという男性もいますが、残念ながらそういう人はあまりいません。もしも存在していたとしても、「やっぱり束縛なんて面倒なだけ」と感じる人が多いのです。中でも男性の行動を詮索する女性、そしてLINEがしつこい女性は男性から嫌われやすいといえます。
どうしてそういった特徴をもつ女性が嫌われるのか、詳しく見ていきましょう。

・「どこで何してた?」、「誰と会ってた?」など詮索が多い

好きな男性が休みの日に何をして過ごしていたのか、自分以外の誰かと会っていたか知りたくなる気持ちもわかります。しかし自分のことを話したがりな性格の人ではない限り、しつこく「何してたの?誰といたの?」と聞かれることは嫌だと感じるのです。一番嫌われやすいのが、過去の男性の行動や言葉について何度も確認することです。「SNSに書いてたこれってどういうこと?私の愚痴?」、「この前家にいたって言ってたけど本当に?」なんて男性に聞いたことはありませんか。自分では世間話しのつもりでも、男性からすると問い詰められているとイライラしてしまいます。

・LINEの返事が早すぎる&何通も送ってくる

大好きだから男性からLINEが来るとすぐに返事を送る、つい何通も送ってしまうこともあるでしょう。でもそうした行動も実は男性によっては「しつこい、面倒くさい」と感じるきっかけにつながるのです。LINEを送ってすぐ返事が来るのを何度も繰り返していると、息が詰まってしまう、LINE以外にやることがあるのにつきっきりになって出来ないと思う人もいます。話したいことが沢山あるからって何十通もLINEを送るのも、「返信するのが面倒だな」と思われ、未読や既読無視される原因になりやすいのです。急ぎのLINE意外は、来てすぐ返信するのではなく5~10分時間を置いてから返信してみましょう。
そうすると逆に男性は「早く返信来ないかな」とあなたからのLINEが待ち遠しくなるのです。

 

【男が嫌うのはガサツで品がない女性】

電車の中でお化粧をしている人、足を組んで座っている人、歩くときの足音が大きい人などはガサツで品がないと思われやすいのです。中でも一番男性が嫌うのは、物の扱いが雑な女性と食べ方が汚い女性でしょう。そんな女性のどういうところが男性は嫌がるのかを解説します、自分に当てはまっていることはないか確認してみてください。

・物の扱いが雑だと乱暴な女性だと思われやすい

音を立てて机の上に物を置いたり、ゴミをちょっと遠くにあるゴミ箱へ投げて入れようとする、こうした物の扱いが雑な女性は嫌われます。とくに人から貰った物、人から借りた物を大切に扱わない女性は、男性から「こういう子とは関わりたくない」と思われるのです。プレゼントされた物や借り物を雑に扱う女性に対して、男性は「俺のことも雑に扱いそう」と感じます。とくに真面目で礼儀に厳しい男性だと、そういった女性に強い反感を持ってしまうでしょう。

・食べ方が汚いと一緒に食事したくないと思われる

食べ物が口の中に入っているのに口元を隠さず話す、肘をついてや猫背で食事する、くちゃくちゃと音を立てて食べるのはマナーが悪いと思われてしまいます。一緒に食事をしていても楽しくないどころか嫌な気持ちになる、だからこそ男性は食べ方が汚い女性を嫌うのです。食事マナーにこだわりすぎるのは良くありませんが、しかし一緒に食事をしている相手を不快な気持ちにさせないということもポイントです。もしも男性と食事へ行く機会があれば、丁寧な食事の仕方で「この子との食事は楽しい」と思ってもらいましょう。

 

【まとめ】

男性から嫌われやすい女性の特徴を知ることで、あなたは男性に愛される女性になれます。男性を詮索し過ぎない、LINEは時間を置いて返信する、物は丁寧に扱い、相手を不愉快にさせない食事をすることで更に魅力的な人になれるでしょう。

エス

41,827 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。