デート中に使える距離を縮めるテクニック

デート中に使える距離を縮めるテクニック
恋愛-女性-

相手の仕草を真似する

相手の口癖や仕草をさりげなく真似したり、相手がドリンク を飲んだときには自分も飲む、髪の毛をかいたら自分も髪の毛をかくなどとても簡単な方法ですが同調効果はかなり効果が高い方法となっています。人は自分に似ている仕草や口調の人に対して共感したり、好感を持ちやすいとされており相手と同じようにするだけで好意を持ってもらえます。話すスピードは人により様々ですが、比較的早口な人ならそれに合わせたりゆっくりのペースなら自分もゆっくり話すようにしてみましょう。

歩幅を合わせるのも好感を持ってもらうポイントとなってきます。歩くスピードが合わないと、デートをしていても相手が疲れてしまうので早足の人には早足で、ゆっくり歩く人にはゆっくりにと合わせることが大切です。歩くペースが同じことにより2人の息があっていると感じさせることができるので、より親近感が湧いたり会話も盛り上がるようになります。

その際に気を付けなくてはならないのが、1日限りのことなら歩くペースくらい相手に合わせてあげようと考える人もいるという点です。特に優しい人なら歩幅はこちら側に合わせてくれるので、実際にはその人のペースとは異なることがあるので、日頃から歩くスピードはチェックしておきましょう。

悩み事を打ち明け相談する

悩みを打ち明けて相談することにより、自分は信頼されていると相手が感じるのでそれと同時に自分は特別な存在だと思ってもらうことが出来ます。悩み事はあまりに重たい内容では相手も負担に感じてしまうので、それほど重たくないものを選ぶべきです。しかしあまりに辛い相談内容では、誰にでも相談しているんだろうなと思われてしまったりあまりアピールにはならないので気をつけなくてはなりません。

特に悩み事はないという場合には、2人だけの秘密を作り共有するようにしましょう。2人だけということで親密感がアップするので、特別な存在と考えてもらいやすきなります。悩み事や秘密の話というのは盛り上がりやすく会話も続きやすいので、デートで緊張していてもスムーズに話をつなげていくことが出来て気まずい思いをする必要もなくなります。

当然のことですが悩み事は自分のことにしておきましょう。他人の秘密をバラしたり悪口を言うような内容になってしまうと、性格が悪いと思われてしまうので避けなくてはいけません。他人の悪口は盛り上がりやすい内容なので、ついつい話題に出してしまいがちですが好意を持っている相手に対してする話題ではないということは、頭においておきましょう。

食事を一緒に食べる

ランチやディナーといった食事を共にするだけでも、好感を持ってもらえたり親近感がアップするのでお勧めです。一緒に食事するだけなら難しいテクニックも不要なので、恋愛初心者も気軽にできるのではないでしょうか。美味しいものを食べることで人は幸せな気持ちになり、一緒にいる相手にも良い印象を持つ傾向にあります。美味しいもので雰囲気も良いお店を選ぶことがポイントとなってきます。

その際に気を付けなくてはならないのが、食べにくいものや汚らしく見えてしまう料理は選ばないという点です。食べにくいものでは食べることに集中してしまうので会話が盛り上がらなくなってしまい、相手のことを意識しているからこそ悪循環にはまってしまいます。

アルコールが入るとより会話は盛り上がりやすくはなりますが、その分後から考えると後悔するような言動をしてしまうリスクも高まるので気をつけなくてはなりません。お酒の苦手な人は飲まないようにするよはもちろんのこと、お酒が好きな人でも飲みすぎないように気をつけましょう。美味しいものを一緒に食べることにより好感度がアップすることは確かですが、食べるものやお店選びに失敗してしまうとマイナスになるので注意する必要があります。

エス

453,735 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。