美髪へ近づく!できることなら気を付けたい方法

美髪へ近づく!できることなら気を付けたい方法
美容・健康

美しい髪は女性らしく、憧れを持つことも多いです。
ただ長ければ長いほど、面積も大きくなることから、ダメージを受けやすくなってしまいます。
美しい髪になるためにはどんなことをしてみたらよいのでしょうか。

 

美容院でのケア

髪のことは髪のプロである美容院にお任せするのは一番です。
カラーの間隔としては3か月前後を進められることもありますが、定期的なケアはやはり美髪に近づくことになります。

美容院でできること

美容院ではカラー、パーマなど技術的なことをしてもらうことが多いです。
髪型をおしゃれにしたくてパーマを掛けたり、好きな色にしたくてカラーをしますが、これらのお手入れはすべて高温で髪に熱を入れることで髪型の変更をしていきます。
パーマは液をなじませるためには何度も高温を当てたり、カラーも気に入った色にするために何度も熱を入れることになります。
何度も短期間の間にこれらの処理をするのは良くないといいますが、これは髪に高温が当たって髪を傷めることがあるためです。
美容院によってはその都度髪が痛まないようなトリートメントをして、髪が傷まないようにすることもありますが、時には単体でトリートメントをお願いしてみてもよいです。
髪に栄養を与えて休息を与えることで、髪本来の美しさが戻るこもありますし、ヘッドスパなどをすると、頭の疲れもとれてリラックスできるようになります。
    

こまめなカットもおすすめ

外を歩いていると、自然に直射日光に当たり紫外線を浴びて、髪を傷めるきっかけとなってしまったり、ドライヤーでの熱で毛を傷めることもあります。
カラーは剥げているような状態に見えてしまったり、枝毛ができることもあります。
毎月カラーをしているのは予算の都合で難しいかもしれないでしたら、カットだけでしたら施術してもらいやすいです。
やはり目に見える枝毛やキレ毛は、見た目が美しくありませんので、定期的にカットすることで傷んだ髪がなくなり、キレイに見えるようになります。
   

 

自宅でできること

美容院には定期的に行く人も多いですが、やはりベースとして自宅での髪のケアが必要になってきます。
ここでは、自宅で簡単にできることを挙げていきます。

ドライヤーと髪の距離をあける

髪が傷むきっかけは、ドライヤーやカット、パーマの時に熱を直接あてることが可能性としてあります。
ですから自宅で使うドライヤーの使い方はある程度の注意が必要です。
だからと言って、使わないで半渇きの状態でいるとにおいが臭くなってしまいますので、適度にドライヤーは使っています。
ドライヤーの熱は直接髪にあてるのではなく、少し距離をあてて乾かしていきます。
この時同じところに長時間当てないような工夫をしながら、全体的に乾かしていきます。
同じところをずっと乾かしていると髪を傷めやすくなるばかりか、全体的に乾くのも遅くなります。    

ブラッシングを丁寧に行う

髪はほつれや、絡まりがないだけでキレイに見えますので、まずは毎日のブラッシング丁寧にすることです。
ブラッシングには髪自体をきれいに見せるだけでなく、地肌の血行を促進する効果も考えられます。
血の巡りが良いことで、髪に栄養がいきわたりやすくなりますので、血行が悪いといくらよいトリートメントを自宅で使っていても効果が薄くなってしまうことがあります。
髪が長くないからあまりしていない人や、面倒であまりおこなっていない人も、毎日きちんと行うことで効果がみられることもあります。

まとめ

美髪に近づくためには、美容院での定期的なケア、カットやトリートメントが必要で、特にトリートメントは定期的におこなうと髪がキレイに見えることがあります。
自宅ではドライヤーの使い方や、ブラッシングを丁寧におこなうことで、効果がみられることがあります。

エス

164,895 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。