【悩み】出産後に変わってしまった髪質の戻し方

美容・健康

髪は女性にとても大切なものですが、出産をすると髪質が変わってしまうことがよくあります。
出産後で普通にしていてもイライラすることが多いのに、髪まで思い通りにいかないとストレスが多くなりますが原因を知れば対策も可能です。
出産後の髪質の変化の理由と対策をご紹介します。

 

■産後に髪質が変わる理由

出産後に髪質が変わってしまう原因は大きく分けて3つです。
子供を産むことは体の変化はもちろんのこと、生活環境が一変しますのでそれが髪に与える影響も大きくなります。

・ホルモンバランスの変化

女性ホルモンの分泌量は妊娠中に非常に多くなっていますが、出産を終えてしまえなばそのホルモン分泌は急速に元に戻ります。
今まで通りに戻っただけではあるものの、その急激な変化がホルモンバランスを崩すことになります。
実は髪質にはホルモンバランスの影響が大きいのです。
体内の劇的な変化によって髪質も変わってしまうのです。

・栄養の不足

出産後は授乳で赤ちゃんに多くの栄養を吸い取られることになります。
失った栄養は補給しなければなりませんが、赤ちゃんのお世話で忙しいとそうゆっくりと食事をとってはいられません。
授乳への影響を考えるとサプリなどで栄養補給をするのも躊躇われてしまうので、栄養不足に陥りやすくなってしあうのです。
さらに言えば赤ちゃんのお世話で睡眠時間も十分に確保することができないのも原因となります。
睡眠中に髪に栄養を届けることになりますが、それも満足にできなくなってしまうため髪質は変わってしまうのです。

・ケア不足

頭皮ケアでフォローしていけばホルモンバランスの変化や栄養不足を補うことができますが、実際にそんな時間を作ることはほとんどできません。
生活のペースは赤ちゃん中心となるので自分のための頭皮ケアもすることができません。
そのため髪質の変化を食い止めることができなくなってしまいます。

 

■産後の髪質を良くする方法

産後の髪質の変化はホルモンバランスの変化や営業不足と原因がはっきりしています。
なのでその部分を改善することで髪質を良くすることになります。

・栄養を意識する

忙しいからこそ確実に髪に効果を発揮する栄養を摂取していかなければなりません。
髪に必要な栄養素は主なところではお肉や卵、大豆等に含まれるタンパク質があります。
また緑黄色野菜やナッツ類などのビタミン類やわかめや昆布のミネラルも髪のツヤに良い食材として挙げられます。
これらの含まれる食べ物を意識してバランスよく摂取することで髪質は良くすることができます。

・ショートカットにしてみる

出産後のおすすめの髪型はショートカットです。
ショートカットのメリットはお手入れが簡単だということです。
出産後に髪質が変わってしまう理由の1つにケアの不足があることは先述の通りですが、ショートカットは圧倒的にお手入れが楽です。
出産後は赤ちゃん中心で自分の時間を確保することが難しいので短時間でお手入れがしやすいショートカットは忙しいママにピッタリなのです。
髪が乾くのもロングよりも早いので髪へのダメージの蓄積も少なくて済むことになります。
育児中はいつでも好きに美容院に行けるとも限りませんので、伸びるまでの時間を稼げるのもショートカットの良いところでしょう。
ただし、ショートカットにすると髪質によってはくせ毛やうねりが目立ちやすくなってしまうリスクもあります。
出産前には髪型を考えておいて早めにアレンジなどを考えておくとよろしいでしょう。

 

まとめ

産後は体に大きな変化をもたらしますので髪質の変化を避けるのは難しいです。
それでも個人差はありますが、半年から1年のスパンでみていれば元に戻りますので生活のリズムを取り戻すことを意識してください。
もちろんそれはホルモンバランスが整ってきた場合の話ですので、いつまも不規則な生活を送っているようですと髪質は治りません。
忙しいなりに新しい生活リズムを確立させてバランスを整える必要があります。

エス

165,242 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。