わたしに好意を持たせるテクニック

わたしに好意を持たせるテクニック
恋愛-女性-

3回目までに好意を持ってもらうようにする

人は第一印象が重要というように、最初に会った時の印象によってその相手のイメージを持つようになりますが、それは初回だけというわけではありません。スリーセット理論というものが存在しており、3回会うことで相手に持った印象を固定させることになりその印象は簡単には変わることはないとされています。つまり3回目までが勝負ということになりますが、初めて会ってから3回では自分自身もまだ相手のことが好きではなかったということもあるのではないでしょうか。後から好きになって最初の印象が悪くて苦労しないためにも、日頃からあらゆる人に笑顔で親切に接しておくように心がけることも大切です。

1回目に会ったときには見た目や話し方、雰囲気や仕草などで相手に対するイメージや印象が決まり、2回目でそのイメージや印象を再確認し、そして3回目で印象を固定されると言われています。1回目で好印象を持ってもらったからと油断するのではなく、3回目まではいつも以上に気を付けて振る舞う必要があります。

3回目までで全てが決まると言っても言い過ぎではなう、3回目までにマイナスな印象を持たれてしまうと、後からそれを払拭する方は簡単なことではないので気をつけなくてはなりません。

積極的に名前を呼ぶ

人は無意識にでも自分の名前には親しみを持っていて、名前を呼ばれることで親近感を覚えるなど好感を持つようになります。普段会話をするときには、わざわざ名前を呼ぶ必要はない場合が多いですが、会話の中に意中の相手の名前を入れて話すことにより好印象を持ってもらいやすいです。名前を呼ぶことにより、自分のことが好きなのかもしれないと意識刺さることにもつながっていきます。もちろんわざとらし過ぎたり不自然なくらい名前を呼ぶと逆効果になってしまうので、ほどほどに呼ぶことがポイントです。

苗字を呼ぶのはよそよそしく感じてしまうので、名前を呼ぶことが距離を縮めるためには手っ取り早いのではないでしょうか。もちろん先輩や上司、まだそれほど親しいとは言えない関係など、名前で呼ぶと失礼に当たるような間柄の場合には名前は呼ぶべきではありません。それ以外の場合には、何と呼んだら良いか聞いてみたり名前で読んでも良いか確認してみるようにしましょう。親しくなってある程度距離が縮まってから急に前触れもなく名前を呼んでみるのも、普段とのギャップで意識してしまうという人も珍しくありません。名前で呼ぶことで特別感もアップし、距離がグッと縮まることは確かです。

笑顔でコミュニケーションを取る

笑顔で接するということはかなり重要であり、笑顔が醜い人は存在していません。人は怒った顔や悲しんでいる顔を見るよりも、笑顔が見たかったり笑顔の方がこうかんをもってもらえるのは当然のことといえます。口角が下がっていると怒っているように見えるので、意識的に口角を上げるようにしておきましょう。自分が笑顔でいることによって、相手もつられて笑顔になってくれるのでコミュニケーションを取るときは基本は笑顔を心がけることが大切です。

嫌いな人や苦手な人に対して笑顔で長時間接することは、よほどご機嫌を取らなくてはならない相手以外では滅多にないことなので、笑顔を見せることによって相手が自分に対して好意を持ってくれているんだと感じてくれるようになります。意識させて仕舞えばあとは少しのことでも気にかけてくれて、自分のアピールにつながるのでまずは意識させるためにも常日頃から笑顔でいることを意識しておきましょう。

気を抜いてしまうと自然に口角が下がってきてしまいがちなので、好きな相手な近くにいるときには口角を上げることを常に頭においておく必要があります。もちろん深刻な話や悩みを聞いている時など笑顔が相応しくないシーンでは、笑顔になる必要はありません。

エス

453,730 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。