これで男子を手玉に取れる!男性が好意を感じる女性の言動9パターン

 

大好きな人と一緒にいるだけで、女性はキレイになるものです。つまり、それほど恋愛というものは女性にとって重要なものだということになります。

しかし、必ずしも好きな人が自分のことを好きになってくれるとは限りません。何か簡単な方法はないものでしょうか。

一見、難しいと思える男性から好きになってもらう方法ですが、実は簡単な方法があります。それは好意があることを男性に感じ取ってもらうという方法です。

男性は自分に好意がある相手のことを意識すると、それまでは友達としか思っていなくても、恋心を抱くようになります。結果、自分から告白をしなくても、男性から告白をしてくれるようになるのです。

では、具体的に好意を勘付かせるために、どのような言葉や行動を取れば良いのでしょうか。紹介していきます。

 

■勘違いしやすい男子を言葉で操ろう

女性にまったくその気がなかったとしても、男性は少し優しい言葉を女性からかけられただけで、「自分のことを好きなのでは?」と勘違いしてしまいます。

つまり、それだけ男性は操りやすい生物なのです。少しコツを掴むだけで、簡単に好意を間接的に伝えることができるようになります。

好意を間接的に伝えれば、はっきりと告白したわけではないので、付き合えなかったとしても恥をかくことはありません。自分は安全圏にいながらアプローチすることができるため、男性心理を見抜き、言葉でうまく操りましょう。

▼付き合っている人がいる?【言葉編①】

自然な会話の中で、相手に恋人がいることを尋ねるのは、よくあることです。しかしこれを女性が男性に向けて言うと、意味合いが変わってきます。

「自分に好意があるから、彼女がいるかどうか気になるのでは?」「彼女がいたら告白できないから、告白するために確認しているのでは?」男性はこのような勘違いをしてしまうのです。

恋人の有無を確認するのは、誰もが自然に行う会話です。はっきりと好意を伝えているわけではないため、駆け引きとして、便利に使いましょう。

▼本当に優しいね【言葉編②】

「本当に優しいね」という言葉をかけられると、男性は簡単に喜びます。とはいえ、この言葉自体が重要というわけではなく、男性を褒める言葉というのが重要です。

男性はプライドが高い人が多いため、女性から認められるだけで自己顕示欲を満足させます。そしてその満足感を恋心と勘違いするため、褒めるという好意が有効な手段となるのです。

さらに、もっと効果的な使い方があります。それは誰かと比較するということです。「○○よりも上手だね」という言葉をかければ、普通に褒めるよりもさらに高い効果を与えられるため、意識して使用してみましょう。

▼どんな人がタイプ?【言葉編③】

相手の好きな女性のタイプを確認するという行為は、自分の気に入る女性でありたいと思っている、という勘違いを与えることができます。

好きな女性のタイプを直接聞くと、露骨過ぎる部分もあるため、「休みの日は何をしている?」「好きな芸能人は?」というような質問でも良いでしょう。

大切なのは、プライベートな質問をするということなのです。

プライベートなことに対する質問は、興味があるという意思表示でもあります。好きな人ができたら、相手のことをたくさん知りたいと思うでしょう。結果、男性は自分に関心があると思い、好意を持つようになるのです。

■意識が行動として表れる

 

生理的に合わない人や嫌いな人と会話をしていると、自分でも気付かないうちに嫌いという感情が言葉や行動として表れてしまいます。

人間は意識していることが、行動に出てしまうという良い例です。そしてそれに伴い、人は行動を見ることで、その心の内を読み解こうとします。

それを考えれば、好きな人と一緒にいるときに表面化しやすい行動を意図的に行えば、相手に自分の行為が伝わるということになります。

言葉にする人が苦手だという人も多いと思うので、苦手な人は、行動によって相手に好意を伝えましょう。

▼ボディタッチをする【行動編①】

男性は女性に触れられると、それだけで自分に気があるのではないかと勘違いしてしまいます。露骨にベタベタするとさすがに引かれてしまいますが、リアクションする際に、軽く肩を叩く程度のボディタッチであれば、男性は好意を感じてくれるのです。

ただし、好きな男性に対してボディタッチをするのは少し勇気がいります。男性は勘違いしていますが、女性からすれば、好きな人に対してだけは、妙に意識してボディタッチできないものです。

ボディタッチに関しては、男性と女性で考え方が違うため、男性側の考えに合わせて行動を起こさなければなりません。そうすることで、男性の気を引くことができます。

▼用件のない連絡【行動編②】

何か用事があり連絡をするのであれば、男性は何も思いませんが、何も用事がないのに連絡が来た場合、もしかしたら自分のことを好きなのではないか、と勘繰ります。

たとえその理由が「暇だったから」というものでも、男性からすれば嬉しいものです。誰にでも連絡できる状況の中、自分を選び、連絡してきたという事実から、好意の存在を核心する人もいます。

逆に用件があるときにしか連絡をしないと、男性は興味を持たれていないと感じてしまうため、用件のない連絡は積極的に行うようにしましょう。

会話の内容は何でも良いです。連絡をする、という行為自体が重要ですので、勇気は必要ですが思い切って連絡してみましょう。

▼男性に合わせた行動【行動編③】

友達同士の飲み会の際、男性に合わせた行動を取るというのも良い方法です。

これは出席するかどうか、という話なのですが、男性が飲み会に参加するのであれば出席し、参加しない場合は出席しないという行動を取ると、男性は自分に好意があるのでは、と思うことになります。

特定の男性が参加するかどうかに合わせて行動するということは、事前にそのことを確認しているということです。当然、男性は自分に合わせて、その女性が参加するかどうか決めているということに気付きます。

そして、それが好意であるということにも気付くでしょう。脈がなければ「おもしろい人だから一緒が良かっただけ」という言い訳で逃げられるので、実践しやすい方法です。

 

■態度で好意を知らせる

好きという感情を持っていると、その感情が普段の態度に表れるものです。本来であればそれは意識的に行うものではなく、自然に出てしまうものなのですが、それを意識的に行うことで、好意を伝えるための大きな武器となります。

さらに態度による好意の表現であれば、言葉や行動のようなはっきりとしたものではないこともあり、ナチュラルに表現できます。使い勝手が良いため、おすすめの方法です。

▼表情を変える【態度編①】

気になる男性と話しをするときや突然道端で会ったときなど、女性の表情はパッと明るくなるものです。それまで無表情だったとしても、何も面白いことがなくても、自然と笑みがこぼれます。

このような急激な表情の変化を男性はしっかりと読み取ります。そして自分に対して好意があるのではないか、と勘違いするのです。この方法は表情を変えるだけで良いので簡単にできるおすすめの方法です。

好意があるのであれば、自然と笑みが出るはずですので、それを我慢せずに、素直に表情に出すように意識しておきましょう。

▼目がよく合う【態度編②】

恋心を抱くと、その人の行動が気になって仕方がなくなるものです。自然にその人のことを目で追ってしまい、結果、目が合う回数が増えてしまいます。そのため、これを好意を伝えるために利用しましょう。

基本的には男性を目で追うようにし、目が合った瞬間、サッと目をそらしてください。一回だけであれば偶然ですが、それが何度も続くと、相手は意識されていることに勘付きます。

▼いつの間にか近くにいる【態度編③】

好きな男性とは、できるだけ一緒にいたいものです。側にいるだけで、幸せを感じる人も多いでしょう。それを考えれば、男性の近くに存在しているだけで、好意をアピールすることができるということになります。

写真を撮ったときいつの間にか側にいる。飲み会でいつも隣になる。そのようなことが続けば、男性も女性が意識的にそれを行っていることに気付くはずです。相当、鈍い人でなければすぐに気付くため、根気よく続けてみましょう。

 

■まとめ

男性は常に女性の目を気にしていますし、自分のことを好きなのではないか、という自信を持っているため、ちょっとした行動を取るだけで好意を伝えることができます。勇気は必要かもしれませんが、今回紹介したものは、いつでも相手の勘違いとして処理できる内容ですので、思い切って試してみましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

注目の記事

ページ上部へ戻る