きれいめカジュアルなコーデの着こなしの成功ポイントとは?

ファッション

 

きれいめカジュアルというのは、カジュアルすぎず、カジュアルに少しきれいめの要素を取り入れたファッションのことを言います。
カジュアルすぎず、かっちりしすぎずというバランスをうまくとることによって、きれいめカジュアルスタイルが完成します。
上手にきれいめカジュアルを着こなすためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

きれいめカジュアルコーデを成功させるためには

 

・女性らしいアイテムを1点取り入れる

全身の全てのアイテムをカジュアルにしてしまうと、トータルで見た時にどうしてもボーイッシュになってしまい、カジュアル感が強くなってしまいます。

20代、30代女性にとってボーイッシュすぎるカジュアルでは、大人っぽさに欠けてしまい素敵に見えにくくなります。
子供っぽい雰囲気が抜けなく見えてしまうからです。

全身カジュアルを脱してきれいめカジュアルにするためには、少なくとも1点は女性らしいアイテムを取り入れることが大事になってきます。
足元はヒールのある靴を履く、バックは女性らしい小ぶりのバッグを合わせるなどすると、トップスボトムスともにカジュアルアイテムであっても
一気にきれいめ要素が加わります。

靴、バッグの他には、ネックレス、ピアスなどのアクセサリーで取り入れることもできます。

 

・適度に肌見せをする

きれいめカジュアルを成功させるためには、全てを服で隠してしまうコーデではなく、ポイントで肌見せをすることが大事になってきます。

そうすることでセクシー過ぎない、フェミニンな印象を与えることができます。

ジーンズを履く時にはロールアップして足首を見せる、シャツを着る時には少し裾を織り上げて手首を見せる、首元が見えるようにVネックのTシャツを着るなどすることで実現できます。

 

・ゆるアイテムとタイトアイテムをうまく組み合わせる

今のトレンドはゆるいアイテムも多く出ていますが、ボリューム袖トップス、ワイドパンツと上下共にゆるアイテムでコーディネートしてしまうとどうしてもカジュアル要素が強くなってしまい、きれいめカジュアルには不向きになってきます。

ワイドパンツを着た時にはトップスをタイトにする、ボリューム袖トップスを着た時にはタイトスカート、スキ二―ジーンズでまとめるという風に全体のバランスを考えたコーディネートを意識するようにしましょう。

 

きれいめカジュアルを作る上でおススメアイテム

 

・スキ二―デニム

ジーンズはカジュアル要素が強いアイテムですが、スキ二―デニムは女性らしい体型を強調して見せてくれ、きれいめカジュアルにもはまるアイテムです。

白ブラウスとスキ二―デニムといった組み合わせはきれいめカジュアルの鉄板とも言える着こなしですし、きれいめの春色のトップスをスキ二―デニムに合わせるのも素敵です。

流行のボリューム袖アイテムもスキ二―ジーンズとはきれいにきまるというところもポイントが高いです。
トップスを選ばずに着られるということで、活躍する頻度も高くコスパが良いです。

 

・スニーカー

スニーカーというと機能性重視のアイテムのように思う人もいるかもしれませんが、スニーカーで足元に抜け感を出すことによって、きれいにまとめたスタイルにカジュアル要素が出て、素敵に見せることができます。

女性らしさが強いふんわりとしたミモレ丈スカート、ワンピーススタイルにスニーカーを合わせることで、きれいめカジュアルが実現できます。ホワイト、ブラック、紺、ネイビーなどはきちんど感も出せる色なので、取り入れやすい色と言えるでしょう。きちんとしすぎた服装に外し要素でスニーカーを入れるのがお勧めです。

 

・白シャツ

白シャツはきれいめカジュアルを作る上で大活躍してくれるアイテムと言えます。
白シャツ、スキ二―デニム、ヒールといった組み合わせで作るスタイルは、まさにきれいめカジュアルの鉄板です。
白シャツ、プリーツスカート、スニーカーといった組み合わせも素敵です。

カーディガン、トレンチコートの中に着ることもできますし、外に着ても中に着てもコーディネートをきれいに引き締めてくれます。冬はニットの中に白シャツを合わせて襟元を見せることもできますし、一年中活躍してくれます。

 

【まとめ】

きれいめカジュアルスタイルは全身カジュアルではなく、全身きれいめではなく、そのバランスをとることがコーディネートを成功させるためのポイントとなってきます。

きれいめカジュアルは女性らしさも入っているので男性受けも悪くありません。
20代、30代女性にとってチャレンジしやすいコーディネートと言えるでしょう。

エス

74,277 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。