レディースのデニムをおしゃれに着こなす女性になるために

ファッション

 

デニムを持っていない人はいないと言えるぐらい、定番アイテムです。
カジュアルに着こなすこともできますし、きれいめに着こなすこともできます。

流行を取り入れたり、自分にとって冒険をするという時には、ファストブランドを利用して気軽に着られるような価格帯の物を選ぶのも良いです。デニムはカジュアルにも綺麗にも着こなすことができるので、おしゃれに欠かすことができないアイテムと言えます。

誰もが着るアイテムだからこそ、選び方、着こなし方のポイントを押さえておしゃれに見せたいものです。
それでは、デニムの選び方、着こなしのポイントについて紹介していきます。

 

自分がこれ!と思うデニムを選ぶためには

・試着をしてサイズ感を確認する

デニムをおしゃれに履くために大事なことは試着を繰り返して、自分がこれと思える物を購入することです。
自分に合ったサイズはどのブランドも同じとは限らず、いつもMサイズを着ているけれども、物によってはLが良いという場合も出てきます。

一本ごとにサイズ感が違うということを意識して、試着を欠かさないことが大事です。

試着をした時に大事にしたいことは、ヒップがフィットしているかどうかということです。
ヒップが窮屈なく履けているかということを大事にして、鏡を見る際には前だけではなく、くるっと回って全身をチェックするようにします。

また膝の位置が上の方にきている物を選ぶと、膝からしたが長く見えるために足が長く見えるという効果が得られます。
バックスタイルの決め手はお尻にあるポケットの位置です。
ポケットの位置がお尻のふくらみの部分よりやや下にきている物は、小尻に見せる効果があります。

 

・色選びをする

デニムにはユーズド加工がされている物もあれば、全くされていない物もあります。
かっちりと綺麗にきめたいと思う時には濃い色を選ぶようにします。
どんなアイテムにも合わせやすく、色が濃いので足を細く見せてくれる効果もあります。

薄い色のデニムを選ぶと、カジュアルでラフなイメージを出すことができます。
自分がどういった印象で着こなしたいかということを考えて選びましょう。

 

デニムの種類と着こなし

・スキ二―デニム

ぴったりとフィットするスキ二―デニムは、女性らしさを出して履くのに一番適しているデザインと言えます。
ぴったりとフィットする細身のデニムなので、トップスはゆったりした物を合わせてもバランス良くおしゃれになります。
靴選びをする時にもスニーカーにも合わせることができますし、ヒールに合わせることもできます。
ぴったりとフィットしているのですが、ストレッチがきいている物も多く、動きやすさがあることも魅力です。

インディゴのスキ二―にかっちりとしたジャケットを合わせると、通勤時にもカジュアルにならずに重宝します。

 

・ストレートデニム

ストレートデニムの魅力は、どんなスタイルの人でも着こなししやすい普遍的な人気があるということです。
トップスをパーカー、ボトムスはストレートデニム、スニーカーと合わせてしまうと、カジュアル過ぎてしまうところがあるので、足元はヒールにする、
バッグを小ぶりで女性らしい物を持つなどしてバランスをとることが大事です。
裾をロールアップして、足首を見せることで女性らしい着こなしをすることもできます。

 

・ボーイフレンドデニム

男性用のデニムを借りて履いているようなシルエットのボーイフレンドデニムは、女性が履くことによって可愛く見えたり、スタイリッシュに見える効果が
あります。
程よいルーズさが普段使いにぴったりで、上品なシャツなど女性らしいアイテムと合わせることで素敵に着こなすことができます。
デコルテラインが見えるVネックトップスとの相性も良いです。
女性らしく見せるためには、レースがついているトップスなどと合わせると、デートの時にも可愛いスタイルが実現できます。

 

【まとめ】

デニムはファストブランドでお手軽価格で手に入れられる物もありますし、1本で数万円もする物もあります。
いつまでも着られるような普遍的な物を購入する際には、少し値段の張る物を選んで、じっくりと着ていくということもお勧めです。長く着ることによって、自分の体になじむように変化していきますし、最初は濃いめの色が履くうちに色落ちしていくというのも素敵に見えます。

エス

49,375 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。