ワードローブが多い黒スタイル&デニムスタイルの着こなし方とは?

ファッション

 

「トレンドを取り入れているのに…」「高価なブランドなのに…」といった気持ちになる女子。どんなにいい服を揃えても、きれいに見えたり見えなかったりすることがあります。

そう思う原因の一つにあげられるのが着こなし方。おしゃれな女子ほど自分のベストコンディションを目指すために、着こなし方も努力しています。

その努力の過程から生まれる自信は本来の美しさを輝かせるもの。普段愛用している服でも、おしゃれ感がアップする着こなし方のコツをご紹介します。

 

(⒈)おしゃれ感がアップする着こなし方①黒を取り入れたスタイルを磨く

「何にでも合う」「使い勝手がいい」と重宝される黒色の服。「ワードローブで圧倒的に多いのは黒」という女子も多くいます。

よく愛用される黒はベーシックカラーですが、スタイリストから見ると「本当は難しい色」といわれています。理由は黒の素材やシルエット、分量などひとつひとつ吟味しなければ、ただの「黒子」になってしまうから。

黒を着こなすコツでおしゃれ感をアップしましょう。

 

(1-⒈)オフィス・アフター・オフで黒の着こなし方を変える方法とは?

仕事モードのオフィスでは、甘さゼロになる黒の着こなし方がおすすめ。春はトレンチコートを黒にして、高めのモノトーンコーデを選ぶと「デキル女子」の潔い印象になります。

一方、コートをグレーなどにして、中を黒で締めるとスタイルアップの印象に。タイトスカートで大人っぽくして調整することもできます。

アフターで着る時は柔らかな雰囲気を出すため、女性らしさが出る素材を。風に揺れるシフォンのスカートや透け感のある素材なら上品に映るでしょう。自由度が高い休日のオフはカジュアルな黒で遊びましょう。

丸首の白Tと黒のスキニーデニムに、黒のロングカーデを合わせるとさらりと大人の雰囲気にまとまります。

また柔らかな黒スウェットに、ざらっとした黒デニムスカートなどを選ぶと素材の異なる黒のレイヤードを楽しめます。

 

(1-⒉)黒アイテムを上手に取り入れる方法とは?

仕事モードでモノトーンに決めた時はゴールドのアクセでさり気なく辛口に仕上げることができます。アフターのパーティではブラックドレスでシンプルにして、赤リップをつけると華やかで上品な印象になるでしょう。

ちなみに黒のワンピは素材や形違いで数種類を着回すと、それぞれ異なる雰囲気を出すことができます。華奢な黒のストラップサンダルやパールネックレスと合わせても女らしさが引き立ちます。

休日のカジュアルは白に黒ラインのスニーカーや黒リュック、ゴールドどの腕時計を合わせてもおしゃれ感アップ。小物すべてを黒で統一したスタイリングもおすすめ。

ですが濃い色なので、エナメルやレザーなど異素材の組み合わせやバッグの金具があるかなど細部までこだわって選ぶことがポイントです。

 

(⒉)おしゃれ感がアップする着こなし方②デニムを取り入れたスタイルを磨く

ワイドやストレート、スキニーなどいろいろな体型のあるデニム。安くても素敵なデニムはたくさんありますが、デニムの良し悪しは値段と比例することも事実です。

手の込んだ加工や技術からさまざまな加工感や風合いを楽しむことができます。体のラインが出るタイプは体型を保つことも重要。おしゃれ感をアップするデニムを着こなしをマスターしましょう。

 

(2-⒈)着こなしが決まるウエストINの方法とは?

デニムにシャツINは体型がわかる究極のコーデ。「お肉がはみ出してしまう」「お尻がパツパツになる」など苦手意識を持つ女子も多いでしょう。

ハードルは高くなりますが、腰回りを隠すチュニックなどでラクするよりは、「体を鍛えよう」という意識が高まり、運動したりして自信になります。

気になる腰回りをサポートしてくれるのがベルト。シャツをデニムの中にしっかりしまい込んだ後、少しずつ裾を前に引っ張り全体をほどよくラウンジします。

女っぽく見せたい時は細ベルト、ハンサムに仕上げたい時は太ベルトをしましょう。またデニムINに合う裾は、ロールアップして足首をスッキリ見せること。

ダブついているとやぼったくなってしまいます。裾を手の親指の第一関節分くらいの幅で2回折り返し、仕上げに裾の外側が高めの位置に来るように斜めにラフに折り返しましょう。

 

(2-⒉)美脚を目指すデニムと靴の組み合わせ方とは?

紺ブレとワイドデニム、短めトップスとスリムデニム、Tシャツとスキニーデニムなど着こなし方がいろいろできるデニム。全体のバランスを良くするために足元もキメましょう。

ワイドデニムの特徴はボリュームがあること。甲深めのおじ靴やぺったんこ靴とよく合いますし、バランスも良くなります。ストレートデニムはほどよいゆとりがあるのでスニーカーがおすすめ。

トロピカルラインが入った白のコンバースなどリラックスな雰囲気になります。細身のスキニーデニムは華奢なヒールと合わせるとすっきり感がアップ。

太ヒールよりも確実にスタイル良く見せることができるでしょう。

 

【まとめ】

シーズンごとに挑戦したい新しい服。デザイン性の高さや質のよさも大切ですが、着こなし方も重要です。明日から着てみたいリアルなコーディネートを楽しみましょう。

エス

61,854 views

辛かった時、周りの人に言えない性格で、名もなきサイトに救われました。このことを実感して私も誰かの心の重りを少しでも軽くできるように頑張って更新します。 初め...

プロフィール

ピックアップ記事

こちらもオススメ!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。